どーもです。

マルマン「マジェスティ ヴァンキッシュ」シリーズですが、今日はアイアンを紹介しましょう。ヤマハ「RMX UD+2」アイアンの登場以来、世間ではぶっ飛びアイアンというカテゴリーができつつありますよね。でも、見た目的にはUTみたいな形状なモデルが多いと感じています。そんな中、今日紹介する「マジェスティ ヴァンキッシュ」(以下MJVQ)アイアンは、見た目普通なのにぶっ飛びという革新的なモデルでした!! さっそく、いってみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはポケットキャビティですが、360度ディープアンダーカットになっているようです。同社ではこの構造を「BOX構造」と命名していますが、今回は「シン・BOX構造」となっていました。これは、「新、進、芯、真、Thin(薄い)」と5つの意味が重なっているようです。MARUMAN MJVQ IRON BACK

フェースですが、大きさ的にはノーマルかな。フェース下部がラウンドしているのに対して、トップラインが直線的なので、独特な雰囲気を感じますね。MARUMAN MJVQ IRON FACE

ソールは適度な幅が確保され、狭すぎず、広すぎずってな感じでした。なお、トゥ・センター、ネック側でバンス角が違う「TPソール」が採用されているようです。MARUMAN MJVQ IRON SOLE

ネックはセミグースネック。MARUMAN MJVQ IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。ちょっとトゥが立っているようにも見えますよね。トゥ側が肉厚になっているので、そう見えるのかもしれません。ややアップライトに見えるので、いかにもつかまりそうな雰囲気でした。でも、見た目は普通のアイアンです。UT形状のぶっ飛び系アイアンとは、確実に一線を画していました。MARUMAN MJVQ IRON TOP

今回試打したのは、専用開発スチールシャフト「NSPRO850MJウエートフロー」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ62度、長さ37インチ、総重量413g、バランスD2。シャフトスペックは、重量87~95g、トルク2.0、中調子。MARUMAN MJVQ IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じですが、重量的には、ボクには軽めでした。でも、グリップはいい感じの太さでしたね。ワッグルしてみるとスチールシャフトですが中間にややしなり感があって、素振りしてみると振り抜きいい感じでしたが、NSPRO850をベースにしたモデルということで若干当たり負けが心配でした。実際に打ってみると、その高弾道ぶりに驚きましたわ~!! 「ロフト29度で見た目普通のアイアンなのにこの上がり方って、一体なぜ?」。ボクの頭の中には「?」が渦巻いていました(笑) しかも、平均175yって!!  ボクが使っているXフォージドアイアンの番手で考えれば、ロフト角29度は#6番と同じです。でも、番手表記が「7」とあるだけで打てるような気もがするし、実際打てました。しかも、自分の#6でここまで高弾道で、この距離を打てるかと言われたから、「無理!」と言わざるを得ないでしょうね。さらに、見た目が普通!! 「何気にすんごいアイアン作っちゃったんじゃないの!?」って。

スカイトラックデータの弾道データがこちらで、MARUMAN MJVQ IRON ST3D

その各球データはこれです。MARUMAN MJVQ IRON ST

【3球平均】
HS39.6m/s、初速50.8m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量3789.7rpm、サイドスピン-1251.3rpm、飛距離175.1y
【ベスト】
HS40.1m/s、初速51.5m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量3865.9rpm、サイドスピン-1256.7rpm、177.7y

打感は、弾き系。若干球離れが早めにも感じましたが、フェースがマレージングということで納得!! 音も「パチン!」といった感じで、弾き感を演出していました。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。MARUMAN MJVQ IRON MST3D

弾道は文句なしの高弾道! 一般的なぶっ飛び系アイアンがUT系の形状をしているのに、このMJVQは普通の形状でこの高弾道ぶり。低重心を意識していると思いますが、一体なぜこの形状でこの球の上がり方を実現できたのでしょうか? 見た目からはわかりませんでしたが、パンフレットを見てみると、どうやらバックフェースのセンター部分に12gのタングステンを装着しているようです。この効果かな!?

出球傾向ですが、ボクのスイングで強めのドロー。これはシャフトの問題もあると思いますが、サイドスピンは軒並み-1200回転超えって・・・(汗)

シャフトと振り感ですが、シャフト的にはスチールのSにしてはやや柔らかめですが、「NSPRO850」ベースモデルとしたら、この辺は納得ですね。インパクト時のグニャリ感は無く、当たり負け感も無かったですね。

アイアンは何本か手配してくれていたので#5も打ってみましたが、その動画がこちらで、

スカイトラックデータがこちら。MARUMAN MJVQ IRON 5I MST3D

#5のスペックは、ロフト角23度、ライ61度、長さ38インチ、重量398g、バランスD2。ボクのアイアンなら#4ですが、もはや#4なんて打てる気もしませんからね~!! でも、このMJVQなら不思議と打てるし、この高弾道でした。ロフトを立たせても番手表記を変えないのは、そんな精神面(プラシーボ効果?)を考慮してでしょうか? 今回の試打では、そんなことまで考えてしまいました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりに合いそうな感じでした。ぶっ飛び系がその地位を確立しつつありますが、その見た目に違和感を持って手を出せない方もいるかもしれません。そんな方々には、このMJVQアイアンがピッタリでしょうね。見た目普通のアイアンなのに、まぁ~、ぶっ飛びですわ~!! しかも、オートマチックに球を上げてくれるし、つかまえてくれます。ボクのように持ち球がドロー系だとちょっとつかまりすぎるかもしれませんが、そういう意味では持ち球がフェード系の方には夢のようなモデルかもしれません。シャフトを入れ替えたらどうなるかわかりませんが、ボク的には軽硬系アイアン用カーボンシャフトを挿して打ってみたいですね。何はともあれ、これはすんごいアイアンの登場ですわ~!!

<マルマン「マジェスティ ヴァンキッシュ」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(#4~#7)ボディ=ニッケルクロムモリブデン綱+タングステン、フェース=タフェストマレージング綱(#8~PW)ボディ=ニッケルクロムモリブデン綱、フェース=ソフトマレージング(AW、SW)=ニッケルクロムモリブデン綱
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO850MJ WF」(S=87~95g/2.0、R=83~91g/2.2/中調子)。カーボンシャフト「HV310」(S=70 g/3.0、SR=66g/3.3、R=64g/3.3/先中調子)
■価格:スチールシャフト装着モデル5本(#7~10、PW)セット13万円+税、単品(#4~#6、AW、SW)各1本2万6000円+税。カーボンシャフト装着モデル5本セット15万円+税、単品各1本3万円+税。