どーもです。

PINGのニューモデル「G」シリーズのドライバーですが、今日は「G SF TEC」ドライバーを紹介しましょう。「G30」シリーズと同じコンセプトであれば、「SF TEC」はつかまりが良いモデルのはずです。昨日紹介した「G」ドライバーは決してつかまりが良いモデルでは無かったと思いますので、その辺が体感できるかどうか。早速いってみましょう!

まずは見た目から。

ソールデザインは昨日紹介した「G」ドライバーとほぼ一緒ですが、唯一の違いはヘッド後部に配置されたウエートの位置ですね。「G SF TEC」はよりネック側に配置されているので、つかまりを意識したモデルだということが視認できると思います。PING G DR SFTEC SOLE

フェースは「G」同様PING伝統の形状だと思います。「G30」シリーズは「G30 SF TEC」ドライバーのほうが若干シャロー気味になっていましたが、この「G」は若干ですがディープになっているように感じました。PING G DR SFTEC FACE

ボディは「G」同様シャローでした。PING G DR SFTEC SIDE

後ろ姿です。当然といえば当然ですが、この「G SF TEC」にも「VORTEC」が採用されていました。PING G DR SFTEC BACK

構えてみるとこんな感じ。いうまでもなく、「トラゴンフライ・テクノロジー」も採用ですね。形状的には「G」とほぼ一緒なんじゃないかなって感じました。PING G DR SFTEC TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J50」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59度、長さ45.5インチ、総重量298.5g、バランスC9。ヘッド体積は460cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク4.7、中調子。PING G DR SFTEC SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみると、重量的にはやや軽め。グリップも「G」同様細めだったように感じました。ワッグルしてみると、「G」同様シャフトのしなり感を強めに感じましたが、素振りしてみるとヘッドの重量感が軽めで、切り返しが速めのボクにはグッドイメージ。後でスペックを確認して納得しましたが、バランスがC9なんですね!! 実際に打ってみると、まぁ良く上がるし、飛びますわ~!! 「G30 SF TEC」の時に感じた「つかまりすぎ」感が無く、この「G SF TEC」ドライバーはいい感じでした。弾道データ的には、「G」の方が弾道はそろっていましたが、振り感も含めてトータルフィーリング的にはこの「G SF TEC」の方が、個人的には好きな仕上がりだったかも!! それにしても、HSが出ないなぁ~!?

スカイトラックの弾道データがこちらで、PING G DR SFTEC ST3D

その各球データがこちらです。PING G DR SFTEC ST

【3球平均】
HS42.9m/s、初速62.3m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量2374.0rpm、サイドスピン-443.2rpm、飛距離246.8y
【ベスト】
HS43.3m/s、初速62.8m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量2210.6pm、サイドスピン-481.0rpm、飛距離248.8y

打感は弾き系。この辺は「G」と同じような感じですね。若干球離れが速めのも一緒だし、音がちょっとカンカンした甲高さがあったのも一緒ですね。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。PING G DR SFTEC MST3D

弾道は「G」よりも高弾道。ロフト角10度で0.5度ロフトが立っていますが、それでも打ち出し角が高いって!! しかも、スピン量が少なめ!! 「G30」ではフッカーのボクにとって「SF TEC」はつかまりすぎの感じがありましたが、この「G」では「SF TEC」が1番あっているかも!?

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽めのハイドロー系。前述通り「G30 SF TEC」ほどつかまりすぎのイメージがなかったのですが、明らかにシャフトが軽量モデルかつ柔らかめなモデルなのに・・・。もしかしてボクのスイングが変わってしまったのかな?

シャフトと振り感ですが、バランスの違いからか、個人的にはこの「G SF TEC」が1番気持ちよく振れましたね。シャフト挙動が、「G」よりもややおとなしめだったようにも感じたので、ヘッド重量自体が若干軽めなのかもしれません。いずれにせよ、今回の3モデルの中でボクにとっては振りやすさ、振り抜き感はナンバー1でしたね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりがドンピシャでしょう。クラブの基本性格的にはオートマチック系で、しっかり球を上げてくれるし、しっかり球をつかまえてくれるイメージでした。でも、「G30 SF TEC」のようにつかまり過ぎ感は無く、程良いつかまりだったように感じました。ボクレベルのヒッターであれば左を気にせず叩けそうです。持ち球的には、どちらかといえばフェードヒッター向けのテーストかもしれませんが、今回この「G SF TEC」は「G30 SF TEC」のようなつかまり過ぎの心配は不要かなって感じましたね。いずれにせよ、良く飛びますわ~!!

<ピン「G SF TEC」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=T9Sチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J50」(S=53g/4.7/中調子、SR=50g/5.5/中先調子、R=48g/5.6/先調子)。「TOUR65」(X=66g/3.2/手元調子、S=61g/3.4/中元調子)。「Regio Formula B TYPE55」(S=56.5g/3.6、R=54.5g/3.6、R2=52g/3.6/手元調子)。「ATTAS G7 6」(X=66g/3.7、S=65g/3.8、SR=63g/3.8/中調子)。
■価格:「ALTA J50」「TOUR65」装着モデル1本6万5000円+税、「Regio Formula B TYPE55」「ATTAS G7 6」装着モデル1本7万7000円+税。