どーもです。

PINGのニューモデル「G」シリーズですが、今日からはFWを紹介しましょう。「G30」シリーズのFWは1モデルでしたが、今回の「G」シリーズは「G」「G SF TEC」「G STRETCH3」の3モデルがラインアップされていました。というわけでまずは、「G」からいっていましょう。

2日間に渡っての試打になった理由ですが、これがですね~、直打ちで全く芯を食わなかったのです。初日FW3本だけで100球近く打ってしまったのですが、それだけ打ったのに手応えのある当たりが1球も無かったのです。日を改めた2度目の試打の時も最初は直打ちでしたが、芯を食った当たりはゼロ。諦めてティアップでの試打となったのでした。というわけでFWは全モデルともティアップとなったのですが、それでも満足のいく当たりは出なかったのです・・・(涙)

まずは見た目から。

ソールデザインですが、「G30」FWに比較すると若干ウエートがネック寄りになっているようにも感じましたね。PING G FW SOLE

フェースはシャローですが、「G30」よりもコンパクトな感じでしたね。形状的にも「G30」よりもややスクエアな感じで、タービュレーターもより形状がハッキリ分かるようになっていました。PING G FW FACE

ボディは「G30」よりも若干ディープかもしれませんが、一般的なモデルと比較したらシャローでしょうね。タービュレーターは確実に形状がハッキリした感じですね。PING G FW SIDE

後ろ姿です。「VORTEC」はFWに採用されていません。ちょっと気になったのはウエート装着位置ですね。「G30」よりもやはりネック側になっていました。PING G FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの形状的には「G30」同様ですが、タービュレーターが見直されているようで、ハッキリした形状になっていました。PING G FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J50」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角14.5度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量315g、バランスD1。ヘッド体積は169cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク4.7、中調子。PING G FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみると、重量的にはやや軽めで、グリップも細めでしたね。ワッグルしてみると中間がしなりそうな気配でしたが、素振りしてみると気持ちトゥダウンしているのか思ったところにヘッドが帰ってこないような気配が・・・。直打ちで実際に打ってみると、冒頭書いたとおり全く芯を食いません。諦めてティアップして打ってみましたが、ティアップして打つ分にはしっかり球も上がりましたね。でも、やはり芯を食っていない感じがあったのは否めませんでした。元々FWが苦手というのもありますが、そこを省いてクラブに原因を求めるとすれば、素振りで感じた通りヘッドが思ったところに帰ってこない感じでした。若干ダフリ気味だったのと打点シールで確認したところ、打点が激しく散らばっていました。

スカイトラックの弾道データがこちらで、PING G FW ST3D

その各球データがこちらです。PING G FW ST

【3球平均】
HS40.6m/s、初速56.6m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量3194.7rpm、サイドスピン-91.4rpm、飛距離213.1y
【ベスト】
HS40.9m/s、初速56.6m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量3193.2rpm、サイドスピン-188.4rpm、飛距離217.4y

打感は弾き系。「G30」シリーズ&「G」シリーズドライバーと同じような感じで、若干球離れも速めな感じ。音もちょっとカンカンした甲高さがありました。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。PING G FW MST3D

弾道はティアップして打つ分には高弾道。バックスピンも3000rpmですが、ロフト角を考えればスピン量少なめかな。打点が激しくバラけたせいか、サイドスピンもフック回転スライス回転と両方出てしまいました。

出球傾向ですが、ティアップして打つ分にはほぼストレートでしたが、直打ちでは打てませんでしたからねぇ・・・

シャフトと振り感ですが、ボク的には思ったところにヘッドが戻ってこない感じでした。これは、シャフトに原因があるのではないかと勝手に分析しています。もちろん、自分のスイングが悪いのでしょうが、とにかくボクのスイングでは全く当たらないという結果となってしまいました。切り返しでヘッドがどこにあるのか感じにくかったですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメかな。ボクのようなリストターンのヒッタータイプには全く合わない可能性がありますが、逆をいえばボディターンのスインガータイプならしっかり打てるのではないでしょうか。不本意な結果となってしまいましたが、ボクと逆のタイプには合うのでは無いかと推測した次第です。

<ピン「G」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレススチール、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:#3=14.5度、#4=17.5度、#7=20.5度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J50」(S=53g/4.7/中調子、SR=50g/5.5/中先調子、R=48g/5.6/先調子)。「TOUR65」(X=66g/3.2/手元調子、S=61g/3.4/中元調子)。「Regio Formula B TYPE55」(S=56.5g/3.6、R=54.5g/3.6、R2=52g/3.6/手元調子)。「ATTAS G7 6」(X=66g/3.7、S=65g/3.8、SR=63g/3.8/中調子)。
■価格:「ALTA J50」「TOUR65」装着モデル1本4万3000円+税、「Regio Formula B TYPE55」「ATTAS G7 6」装着モデル1本5万5000円+税。