どーもです。

PINGのニューモデル「G」シリーズですが、今日紹介するのは「G SF TEC」FWです。今日明日で紹介するの「G SF TEC」「G STRETCH3」は、「G30」では設定されていなかった新モデル。でも、これがまたボクにとっては不本意な結果になっています。まぁ、「万人に合うクラブは無い」という証明にはなったと思いますが、ちょっと自信喪失しそうな結果でした。

まずは見た目から。

ソールデザインは「G」と同様ですが、ヘッド自体がやや後方に長めでで全体的に大きめになっていました。ウエートポジションは「G」とほぼ同じような場所ですが、ヘッド自体が大きめになっているので、その分深重心化されているようにも感じました。PING G FW SFTEC SOLE

フェースはシャローですね。これは「G」とほぼ一緒に見えました。PING G FW SFTEC FACE

ボディは「G」同様シャローですが、後方に若干長めですね。PING G FW SFTEC SIDE

後ろ姿です。PING G FW SFTEC BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウン自体「G」よりも大きめで、丸形になっていました。打ちやすそうな形状なのに、「何で打てないんだろう・・・」って心から思うのでした。PING G FW SFTEC TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J50」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量315g、バランスD0。ヘッド体積は175cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク4.7、中調子。PING G FW SFTEC SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみると、重量的にはやや軽めで、グリップも細めでした。ワッグルしてみるとやはり中間がしなりそうな気配。素振りしてみると、「G」で感じたイメージが再び頭の中を過ぎるのでした。直打ちで実際に打ってみるとやはり全く芯を食わなかったので、直打ちに変更。ロフト角16度と「G」よりも1.5度、一般的なモデルよりも1度寝ているので球はしっかり上がりますね。「G」に比較したらこの「G SF TEC」はつかまりが良く、ボクのスイングでドロー系の傾向が強かったように思います。それにしても、3Wで205yって。いかに芯を食っていないかですが、そう考えるとそれでもドロー系が出るというのはややトゥ側に外しているというかな!? でも、サイドスピンもいつも通りなので、なんで距離が出ないのかがナゾです。

スカイトラックの弾道データがこちらで、PING G FW SFTEC ST3D

その各球データがこちらです。PING G FW SFTEC ST

【3球平均】
HS40.2m/s、初速56.0m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量3157.8rpm、サイドスピン-788.2rpm、飛距離206.7y
【ベスト】
HS40.4m/s、初速56.2m/s、打ち出し角16.0度、バックスピン量2843.3rpm、サイドスピン-879.5rpm、飛距離207.9y

打感は弾き系で、昨日紹介した「G」FW と同じような感じで、若干球離れも速めな感じでしたね。ちょっとカンカンした甲高さも同じ感じかな。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。PING G FW SFTEC MST3D

弾道はティアップして打つ分には高弾道で、「G」よりもやや高めでした。バックスピンも2800~3300rpmあたりでロフトを考えればやや少なめかな。サイドスピンも安定した感じですが、なんで距離が出ないのでしょうか!?

出球傾向ですが、ティアップして打つ分にはドロー系でした。「G」よりはオートマチックにつかまる感じかな。

シャフトと振り感ですが、ボク的にはやはり思ったところにヘッドが戻ってこない感じでした。切り返しで感じなくなったヘッドがそのままインパクトを迎える感じですが、なぜボクがこのクラブを直打ちで打てないのか? そして、距離が出ないのか? ナゾですわ~(汗)

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメかな。「G」同様ボクのようなリストターンのヒッタータイプには全く合わない可能性がありますが、逆をいえばボディターンのスインガータイプならしっかり打てそうな気配は感じました。確実にいえることは、「G」よりも「G SF TEC」はオートマチックにつかまるということでしょうね。それにしても、「なんで打てないんだろう?」と疑問を抱えたまま、最後の難関に挑むのでした。

<PING「G SF TEC」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレススチール、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:#3=16度、#5=19度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J50」(S=53g/4.7/中調子、SR=50g/5.5/中先調子、R=48g/5.6/先調子)。「TOUR65」(X=66g/3.2/手元調子、S=61g/3.4/中元調子)。「Regio Formula B TYPE55」(S=56.5g/3.6、R=54.5g/3.6、R2=52g/3.6/手元調子)。「ATTAS G7 6」(X=66g/3.7、S=65g/3.8、SR=63g/3.8/中調子)。
■価格:「ALTA J50」「TOUR65」装着モデル1本4万3000円+税、「Regio Formula B TYPE55」「ATTAS G7 6」装着モデル1本5万5000円+税。