どーもです。

マルマン「マジェスティ ヴァンキッシュ」(以下MJVQ)シリーズですが、ドライバーも試打出来ましたのでレポしたいと思います。間にいろいろと挟んでしまいましたが、これは試打クラブ手配に時間差が出来てしまったためです(汗) それにしても、このMJVQドライバーは見るからに叩けそうというか、叩かないとダメというか、なんか手強そうなモデルです。見た通りの性格なのか、ガッツリ試してきましたので早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは、既報のFW同様シンプルです。しかも、ブラックボディで精悍な仕上がりになっています。MARUMAN MJVQ DR SOLE

フェースはディープフェースですね。ちょっとトゥ側が立っているような感じでした。それにしても、このミーリングデザインはなかなか手が込んでいますな!!MARUMAN MJVQ DR FACE

ボディですが、これが見事なハイバック!! シャローバックモデルが主流の中、確実に一線を画するモデルというか、逆張りというか、いずれにせよかなり挑戦的なモデルですね。MARUMAN MJVQ DR SIDE

後ろ姿です。かなりトゥ側が立った形状に感じますよね。でも、フェース側から見たらそれほど気にならないのは不思議ですわ~!MARUMAN MJVQ DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積も小さめで、やはりイメージ的には叩く必要がありそうなモデルに感じますが、果たしてそのイメージ通りなのでしょうか!?MARUMAN MJVQ DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「HV310」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.5インチ、総重量300g、バランスD2。ヘッド体積445cm3。シャフトスペックは、重量49g、トルク4.4、先中調子。MARUMAN MJVQ DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた印象ですが、重量的には軽めで、グリップもやや細め。ワッグルしてみると中間から先端にかけてしなりそうな気配で、素振りしてみてもその通りでした。実際に打ってみると、見た目は文句なしの高弾道ですね。データ的に見ても打ち出し角平均が15度なので、ボク的には文句なしの高弾道ですね。それから、ドーンと打ち出してなかなか落ちてこない感じの弾道で、いうなればまさにロースピンの棒球。でも、バックスピン量もロフト角を考えれば決して少なめとはいえない感じなんですよね。ん~、謎だ!! まぁ、見た目的にも、データ的にも、ハイストイレートの棒球。あっ、データ的にスピン量は適正かな。いずれにせよ、見た目では叩く必要がありそうな気配がプンプンしていましたが、そんな必要は全くありませんでした。レベルブローでもしっかり球は上がりそうですね。これは、スイートエリアがフェースセンター付近にあるということの証明でしょうね。それにしても、飛んでいますね~!! 気温の問題もあるかもしれませんが、復帰後初の250y超えなんじゃないかな!?

スカイトラックの弾道データがこちらで、MARUMAN MJVQ DR ST3D

その各球データがこちらMARUMAN MJVQ DR ST

【3球平均】
HS43.5m/s、初速63.0m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量2564.1rpm、サイドスピン-144.8rpm、飛距離249.1y
【ベスト】
HS43.4m/s、初速62.9m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量2735.6rpm、サイドスピン117.3rpm、飛距離250.1y

打感は弾き系ですね。気持ち球離れが速めに感じました。音はやや金属的でキンキンした感じでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。MARUMAN MJVQ DR MST3D

弾道的には高弾道ですね。SRフレックスは、ボクにとっては若干柔らかめでしたが、それでもスピン量が少なめでハイストレートが打ちやすいモデルでしたね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもハイストレート。叩く必要があるかないかといえば、叩く必要はありません。レベルに振れれば、球を上げてくれるし、しっかり球をつかまえてくれる感じでした。

シャフトと振り感ですが、SRフレックスは、ボクには若干柔らかめにも感じました。多分重ヘッドだと思いますが、若干タメるとヘッドが遅れてくるイメージはありました。でも、手元に重心を持ってきているのか、持った感じでは全く気がつきませんでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメです。ロースピンモデルなので、ヒッタータイプでもシャフトフレックスがSなら使えそうな気配でしたが、ドンピシャはボディターンのスインガーだと思います。見た目は叩く必要がありそうな気配ですが、実際にはレベルに振れればしっかり球は上がるし、つかまえてくれるモデルだと思います。ティアップの高さをいつもより高めにセットしてアッパーに打ってもおもしろそうですが、まぁ、アッパーに打とうとしたらだいたいダフっちゃいますからね・・・(汗) これはなかなかおもしろいモデルだと思いますが、FWでも書きましたが問題は価格ですな!!

<マルマン「マジェスティ ヴァンキッシュ」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ソール=3-1-1-1チタン、フェース=Super438FG-X、クラウン=6-4チタンGrade5、ネック=軽比重フラーレンチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「HV310」(X=56g、S=54g、SR=49g、R=45g/4.4/先中調子)
■価格:1本10万5000円+税