どーもです。

キャロウェイの「XR16」シリーズですが、今日は「XR16 PRO」ドライバーを紹介しましょう。昨日紹介した「XR16」ドライバーに比較したら、かなりディープなボディだし、ヘッドもコンパクトに見えました。見た目はかなりシビアそうな感じですが、果たしてその実力はいかに。早速いってみましょう。

まずは見た目からいってみましょう。

ソールデザインは昨日紹介した「XR16」ドライバーと一緒ですが、ヘッド自体がコンパクトですね。見た目で「XR16」よりもこの「XR16 PRO」のほうが、重心深度は浅そうなイメージ。それから、ソール後部にウエートらしきモノが配置されていました。CALLAWAY XR16 PRO DR SOLE

フェースはディープフェースですね。トゥ・ヒール方向の長さもコンパクトで、「XR16」に比較したら、重心高が高め、重心距離も短そうなイメージでした。CALLAWAY XR16 PRO DR FACE

ボディはかなりファット!! こんもりクラウンが特徴的ですな。CALLAWAY XR16 PRO DR SIDE

後ろ姿です。CALLAWAY XR16 PRO DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積も小さめに見えるので、コンパクトなイメージですね。この見た目が、シビアさを演出しているようにも感じました。CALLAWAY XR16 PRO DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「XR」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9度、ライ角58度、長さ45インチ、総重量306g、バランスD1。ヘッド体積450cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.3、先中調子。試打ポジションは「N」「S」でした。CALLAWAY XR16 PRO DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやはりやや軽め。グリップの太さは、「XR16」同様ちょうどいい感じでしたね。同じシャフトなのでワッグルしてみるとSのわりにはやや柔らかめなイメージでしたが、素振りしてみると、手元の剛性が高い感じで、よりシャープに振れる感じでした。これはヘッドとのマッチングでしょうね。実際に打ってみると、やや高めの中弾道ですが、スピン量少なめの弾丸ライナー系のイメージでした。「XR16」に比較するとロフト角9度なのでスピン量少なめなのは納得ですが、明らかに弾道が別モノでしたね。操作性もやや高めかな。スイング通りの出球なので、「XR16」ほどオートマチック性は感じませんでしたが、かといってリニア過ぎて使えないといった感じでもなかったですね。セミオートマチックってな感じでした。

スカイトラックの弾道データがこんな感じで、CALLAWAY XR16 PRO DR ST3D

その各球データがこちら。CALLAWAY XR16 PRO DR ST

【3球平均】
HS42.6m/s、初速60.7m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2416.7rpm、サイドスピン-76.4rpm、飛距離237.6y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速61.9m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量2250.6rpm、サイドスピン-225.8rpm、飛距離240.9y

打感は柔らかめですが、昨日も書きましたが、もしかしたらシャフトの当たり負け感だったかもしれませんね。音は「XR16」同様、落ち着いた中音系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。CALLAWAY XR16 PRO DR MST3D

弾道的には、やや高めの中弾道かな。ロフト角9度を考えれば高弾道かもしれませんが、「XR16」の超高弾道を経験したあとだと、ちょっと物足りない感じだったのも否めないですね。スピン量は「XR16」よりも600rpm少なめでしたが、平均しても300~400rpm少なめでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。シャフトとのマッチングか、ボクのスイングでもたまにフェード回転になりましたが、まぁ、この程度ならほぼストレートといえる範疇でしょう。

シャフトと振り感ですが、昨日の「XR16」でも書きましたが、Sフレックスでもやや柔らかめな感じ。でもこれはヘッドとのマッチングなのか、手元の剛性がやや強めにも感じましたね。「XR16」よりもこの「XR16 PRO」のほうがシャープに振れるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、やはりこのスペックでHS40~42m/sあたりにオススメですね。この「XR16 PRO」は「XR16」よりも操作性が高い感じで、スイング通りの出球が出やすいイメージでしたね。かといって、ミスヒットの寛容性が低いわけではないので、セミオートマチックなイメージでした。実際ボクのスイングでも、フェード系、ドロー系とどっちも出ちゃいましたからね。この辺はさすが「PRO」モデルだな~と感じたのでした。どちらかと言えばヒッタータイプにオススメですが、ある程度スイングがかたまったタイプである程度弾道を操作したい人向けだと思います。

<キャロウェイ「XR16 PRO」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ソール=8-1-1-1チタン、フェース=α-βチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「XR」(S=53g/5.3/先中調子)。「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)。
■価格:「XR」装着モデル1本6万2000円+税、「ツアーAD GP-6」装着モデル1本7万9000円+税。
■備考:左用なし