どーもです。

今日はキャロウェイ「XR16」シリーズの「XR16」FWを紹介しましょう。マスターズを制したダニー・ウィレットは「XR16」の3Wと5Wを使用していたようですね。でも、ボクにとっては・・・。最近、FWを直打ちできないという厳しい現実に直面しています。そんな訳で、今回もティアップしての試打になっていますので、その辺はあらかじめご了承下さい。というわけで、早速いっていましょう。

まずは見た目からいってみましょう。

航空機メーカーのボーイング社との業務提携で空力にこだわった形状は、FWにも生かされているようですね。「XR16」ドライバーかそのまま小さくなったような形状でした。CALLAWAY XR16 FW SOLE

フェースはシャロー気味で、トゥ側にややボリュームがある感じ。この辺もドライバー同様ですね!!CALLAWAY XR16 FW FACE

ボディもシャロー気味ですね。ドライバー同様丸みを帯びた形状は空力を意識した結果なんでしょうね。CALLAWAY XR16 FW SIDE

後ろ姿です。CALLAWAY XR16 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。「NEWスピード・ステップ・クラウン」はFWには不採用でした。クラウンの投影面積が大きめで安心感を演出してくれていました。CALLAWAY XR16 FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「XR」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量315g、バランスD1。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク5.3、先中調子。CALLAWAY XR16 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めですかな。グリップの太さはちょうどいい感じ。ワッグルしてみると、ドライバー同様Sのわりにはやや柔らかめなイメージでしたが、素振りしてみると長さのせいかシャープに振れる印象でした。直打ちで打ってみると全く芯を食わないので、早々にあきらめてティアップでの試打に変更。実際に打ってみると、ガッツリ球は上がってくれますが、最近のモデルの中ではスピン量が多めにも感じましたね。ちょっと前ならこれ位のスピン量が当たり前だったようにも思いますが、ロースピン化の波の中、スピン量が確保されたモデルに感じました。

スカイトラックの弾道データがこんな感じで、CALLAWAY XR16 FW ST3D

その各球データがこちら。CALLAWAY XR16 FW ST

【3球平均】
HS42.3m/s、初速58.7m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3485.8rpm、サイドスピン-359.3rpm、飛距離223.2y
【ベスト】
HS42.5m/s、初速59.0m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量3159.0rpm、サイドスピン-593.5rpm、飛距離227.5y

打感は弾き系でしたが、やはりシャフトの当たり負け感はあったかもしれません。もしかしたら、スピン量多めだったのは、この影響かな!? 音は中高音系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。CALLAWAY XR16 FW MST3D

弾道的には高弾道ですが、ティアップしても打ち出し角が16度なんですね。昨日紹介したドライバーは打ち出し角17度でしたから、数値だけみると「アレッ!?」ってな感じだったのは否めないかったですね。前述通りスピン量は最近のモデルの中では多めですが、これはシャフトの問題もあるかもしれませんね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。弾道動画を見る限りはフェード系の感じもしましたが、これでもフック回転って・・・

シャフトと振り感ですが、ドライバー同様Sフレックスでもやや柔らかめな感じでした。でも、ドライバーに比較して43インチと短めな影響か、シャープに振り抜ける感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。ティアップして打った限りは、打ち手を選ばないオートマチック系のテーストを感じました。クラブの性格はヘッド8割、シャフト2割と2日前に書きましたが、ボクにとっては今回その2割の影響が出ちゃったのかもしれません。シャフト挙動はこのままでいいけど、もうちょっとだけ硬度が欲しい感じでしたね。これはカスタムシャフトを打つべきだったかもしれません。って、まぁ、後の祭りですが・・・。というわけで、クラブの基本性格は打ち手を選ばないオートマチックなクラブだと思います。ボク程度のヒッターなら左を気にせず打てるし、ボディターンタイプなスインガーでも球は上がりそうだし、フェードヒッターでもクラブが球をつかまえてくれる感じでしたね。

<キャロウェイ「XR16」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:W#3+=14度、W#3=15度、W#4=17度、W#5=19度、W#7=21度、W#9=23度、W#11=25度
■シャフト(重量/トルク/調子):「XR」(S=51g/5.3、SR=51g/5.6、R=47g/5.9/先中調子)。「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)。
■価格:「XR」装着モデル1本3万6000円+税、「ツアーAD GP-6」装着モデル1本5万3000円+税。
■備考:左用はW#3、W#5、W#7であり