どーもです。

今日はキャロウェイ「XR16」シリーズの「XR16 PRO」FWを紹介しましょう。今回手配したのはロフト角16度モデルでしたが、それでも見た目コンパクトヘッドでもうシビア~な印象しかないですわ~!! 果たしてボクにも打てるのかって、昨日の「XR16」FWで直打ちは断念していますので、この「XR16 PRO」FWもティアップでの試打になっています。では、いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは「XR16」FWと全く一緒ですが、大きさが二回りほどコンパクト!!CALLAWAY XR16 PRO FW SOLE

しかも、フェースがディープフェース。このディープフェースが、個人的には、直打ちに厳しそうなイメージにもつながるわけです。スコアラインも違いますね!CALLAWAY XR16 PRO FW FACE

ボディもファットで、コンパクト。ん~、厳しそうなイメージしかわかないですなぁ~CALLAWAY XR16 PRO FW SIDE

後ろ姿です。CALLAWAY XR16 PRO FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積がかなり小さめで、コンパクトヘッドですね。ヘッド体積的には「XR16」FWよりも30cm3もコンパクトでした。個人的には、「厳しさ」に直結するイメージでしかないかも・・・CALLAWAY XR16 PRO FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「XR」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角55.5度、長さ42.5インチ、総重量319g、バランスD1。ヘッド体積145cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク5.3、先中調子。CALLAWAY XR16 PRO FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めで。グリップの太さはちょうどいい感じ。ワッグルしてみると、ドライバー同様Sのわりにはやや柔らかめなイメージでしたが、素振りしてみると長さのせいかシャープに振れる印象でしたね。こちらも直打ちは早々にあきらめて、ティアップでの試打に変更。実際に打ってみると、操作性が高いようで右も、左も出てしまいました。これはボクのスイングの問題かもしれませんが、振り遅れの傾向が強く、プッシュアウトからスライスの傾向が強かったですね。これはボクにとってはシビアなモデルの印象しかなかったですわ~(汗)

スカイトラックの弾道データがこんな感じで、CALLAWAY XR16 PRO FW ST3D

その各球データがこちら。CALLAWAY XR16 PRO FW ST

【3球平均】
HS42.0m/s、初速58.3m/s、打ち出し角14.2度、バックスピン量2930.7rpm、サイドスピン-36.1rpm、飛距離219.7y
【ベスト】
HS42.5m/s、初速59.0m/s、打ち出し角13.8度、バックスピン量2975.8rpm、サイドスピン49.5rpm、飛距離220.1y

打感は弾き系。ん~、やっぱりシャフトの当たり負け感はあったかな~。中高音系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。CALLAWAY XR16 PRO FW MST3D

弾道的にはやや高めの中弾道。ロフト角16度と昨日の「XR16」FWよりも1度寝ているのに、ティアップしても打ち出し角が平均で1度低め。やはり、重心高がやや高めなのか、スピン量は少なめで、球の上がり方もシビアでしたね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。でも打ち出しが右左にバラけるし、サイドスピンもドロー回転、フェード回転とバッラバラでした。

シャフトと振り感ですが、Sフレックスでもやや柔らかめ。振り感は「XR16」FWと同じような感じで、シャープな振り感でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。ティアップしての試打でしたが、それでも球を上げるにはスインガーには厳しそうな印象でした。ヒッタータイプが左を気にせず打てる感じのクラブでしたが、そのわりにはオリジナルシャフトは柔らかめな印象でした。コンパクトヘッドな見た目のシビアさがかなり印象的でしたが、見た目のまんまのシビアさに加え操作性も高かったですね。まぁ、ボクレベルにとっては、シビア過ぎの感も否めませんが、これは球筋を操りたい上級者向けだと思います。

<キャロウェイ「XR16 PRO」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:14度、16度、18 度
■シャフト(重量/トルク/調子):「XR」(S=51g/5.3/先中調子)。「ツアーAD GP-6」(S=66g/3.1/中調子)。
■価格:「XR」装着モデル1本3万6000円+税、「ツアーAD GP-6」装着モデル1本5万3000円+税。
■備考:左用なし