どーもです。

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか? 久し振りの更新になりますが、今日から更新するのはグローブライド「オノフAKA(2016)」シリーズです。この「オノフAKA」シリーズは、ドライバー、フェアウエーアームズ、フェアウエーウイングス、アイアンの4部門全てでHOT LIST「金賞」受賞という実力のようです。そんなわけで、早速ドライバーからいってみましょう!

まずは見た目から。

フェース後部に3本の赤いラインが視認できると思いますが、これは「パワートレンチ」という新技術のようです。実はクラウンの内部にもミゾがあって、この両方がたわむ&復元で飛距離アップ&反発エリアの拡大に寄与しているようです。トゥ・ヒール側のえくぼのような凹みも、なんか懐かしい感じした!GR ONOFF AKA 2016 DR SOLE

フェースは、先代に比較したら若干シャローになっていましたね。そして、よ~く見ると、フェースのミーリング加工の中に「オーマーク」が!!GR ONOFF AKA 2016 DR FACE

シャロー&ストレッチバックなボディは先代と一緒ですが、今回の「オノフドライバーAKA」はかなりヒップダウンしていました。GR ONOFF AKA 2016 DR SIDE

後ろ姿です。GR ONOFF AKA 2016 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。まずクラウンの色が「赤」に変更されていました。今回若干三角形にも見える形状が特徴的でしたね。しかも、先代ほどフックフェースを感じさせないのが、フッカーのボクにとってはいい感じ!!GR ONOFF AKA 2016 DR TOP

今回試打したのは、オリジナルシャフト「スムースキックMP-516D」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角60.5度、長さ45.75インチ、総重量297g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク4.5、先中調子。GR ONOFF AKA 2016 DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽め。グリップも細めでしたね。素振りしてみると、先代「オノフAKA」ドライバーよりもシャープに振れる感じでした。シャフト自体が軽硬系のイメージで、Sフレックスは従来モデルよりも若干ハードになったような印象でしたが、単にボクの体調のせいかな!? そう思って自分のブログを読み返してみると、先代から軽硬系の印象に変わっていたようですね。実際に打ってみると、球の上がりやすさ、つかまりは「オノフAKA」の遺伝子を正当に継承したモデルだということが分かると思います。その上でも今回変更されたのが、「打感」ですね。先代はマイルド系でしたが、今回のモデルは弾き系に感じました。先々代は弾き系で、先代がマイルド系に変更されたように記憶していますが、これは従来ユーザーからの要望があったのかもしれませんね。

スカイトラックの弾道データがこんな感じでGR ONOFF AKA 2016 DR ST3D

その各球データがこちら。GR ONOFF AKA 2016 DR ST

【3球平均】
HS43.6m/s、初速63.2m/s、打ち出し角13.7度、バックスピン量2611.0rpm、サイドスピン-132.3rpm、飛距離245.2y
【ベスト】
HS44.3m/s、初速64.1m/s、打ち出し角14.4度、バックスピン量2378.8rpm、サイドスピン-102.0rpm、飛距離249.3y

打感は、前述通り弾き系。弾き系としては2代前のモデルに戻ったような感じですが、ボク的には歴代「赤オノフ」史上最大の弾き系のイメージでした。球離れが速めのイメージでしたね。音も高音系だったので、その辺の影響もあったかな。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。GR ONOFF AKA 2016 DR MST3D

弾道は高弾道ですね! 球を上げようなんて意識は全く不要で、ガッツリ球を上げてくれます。スピン量ですが、先代は2800~3000rpmあたりでしたが、このオノフドライバーAKAは2400~2600rpmとやや低スピンになっていました。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。たまに右に抜けることはありましたが、これはひとえにボクのスイングの問題でしょうね!!

シャフトと振り感は、まずシャフトの挙動ですが、手元に重量感がある感じで、中間から先が走る感じでしたね。シャフト自体がやや細めのイメージもありました。振り感は、かなりシャープに振れる感じで、個人的には好印象。なんか、今のボクに合っているかも・・・とか思ったりして!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックはHS40~43m/sあたりがドンピシャだと思います。オートマチック系ドライバーですが、誰でも受け入れてくれるフトコロの深さを感じました。歴代「赤オノフ」の中では最もハードな印象でしたが、ボク自身の影響も多分にありそうですから、その辺はあくまでもボクの印象です。ボク程度のヒッターなら左を気にする必要も無かったのは好印象でした。もちろん、従来通りのボディターンのスインガーでもガッツリ球が上がるし、クラブが球をつかまえてくれそうなのは変わらないと思います。これはHOT LIST金賞受賞も納得ですな!!

<グローブライド「オノフドライバーAKA(2016)」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811Ti、フェース=6-4Ti、ホーゼル=アルミ合金、ウエート=タングステン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「スムースキックMP-516D」(S=56g/4.5、SR=51g/5.1、R=47g/5.6、R2=45g/6.0/先中調子)
■価格:1本8万5000円+税