どーもです。

今日紹介するのはグローブライド「オノフAKA」シリーズのFW、「オノフ フェアウエーアームズAKA」です。オノフのフェアウエーウッドは、伝統的にフェアウエーアームズ(以下FA)という名称ですよね。さぁ、最近全くFWを直打ちできていないボクですが、このオノフは打てるのでしょうか? その辺も含め、レポートしたいと思います。では、いっていましょう。

そういえば、「赤オノフ」の赤が「AKA」とローマ字になった昨年モデルは、ドライバーのみのラインアップでした。フルラインアップになったのは、今回のモデルだったわけですね!! というわけで、まずは見た目から。

ドライバー同様、パワートレンチが採用されていますね。オーマークがなんかいい感じ!! サイドのトゥ・ヒール側が若干えくぼのようにキュッとなっていて、接地面積が少なく抜けの良さに寄与している感じでした。GR ONOFF AKA 2016 FA SOL

フェースはシャロー気味ですが、先代よりは気持ちディープ気味にも感じました。トップラインが直線的でした!GR ONOFF AKA 2016 FA FACE

ボディは、シャロー&ストレッチバック。気持ち、先代のクラウンのこんもり感が無くなった感じかな。GR ONOFF AKA 2016 FA SIDE

後ろ姿です。GR ONOFF AKA 2016 FA BACK

構えてみるとこんな感じ。先代はクラウンのビッグオーマークが特徴的でしたが、今回はドライバー同様赤クラウンです。クラウンの投影面積が大きめで安心感があり、これならボクでも打てるかも・・・なんて思わせてくれる感じでした。GR ONOFF AKA 2016 FA TOP

今回試打したのは、オリジナルシャフト「スムースキックMP-516F」SRフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量320g、バランスD0.5。ヘッド体積170cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.9、先中調子。GR ONOFF AKA 2016 FA SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めでグリップも細めでした。ワッグルしてみると結構手元にしっかり感があって、素振りしてみるとドライバー同様かなりシャープに振れそうなイメージでした。SRフレックスということでちょっと心配もありましたが、そんな心配は一切不要でした。まずは直打ちで打ってみましが、な、なんと1球目からナイスショット!! 直打ちができること自体にもビックリでしたが、1球目からガッツリ芯を食って、なんと228yをマーク!! もうボク的には、それだけで感動モノでしたわ~! 直打ちでもガッツリ球を上げてくれるし、しっかりつかまえてくれます。振り感もシャープで、好印象しかなかったですね。HOT LIST金賞の実力を存分に感じさせてくれる1本だと思います!

スカイトラックの弾道データがこんな感じでGR ONOFF AKA 2016 FA ST3D

その各球データがこちら。GR ONOFF AKA 2016 FA ST

【3球平均】
HS43.0m/s、初速59.5m/s、打ち出し角14.0度、バックスピン量3627.8rpm、サイドスピン-249.8rpm、飛距離223.2y
【ベスト】
HS43.7m/s、初速60.0m/s、打ち出し角14.5度、バックスピン量3568.2rpm、サイドスピン-153.0rpm、飛距離228.1y

打感は、弾き系。ドライバー同様球離れが速めなイメージでしたが、若干カッチリ感があったよにも感じました。ボク的には、FWにはこのカッチリ感がグッドイメージだったりします! 音も高音系でドライバーとほぼ同じイメージでした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。GR ONOFF AKA 2016 FA MST3D

弾道は高弾道。直打ちで打ち出し角16度なら、文句なしでしょう。これまでFWの直打ちが全くできなかったボクですので、まず直打ちで芯を食っただけでも感動モノでしたわ~! スピン量もやや少なめで、滞空時間が長そうなイメージでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。スカイトラックデータではドロー系でしたが、見た目ではそれほど大きく曲がっているようには感じませんでした。

シャフトと振り感ですが、まずシャフトの挙動。これはドライバー同様手元に重量感がある感じで、中間から先が走る感じでした。これもドライバーと一緒ですが、シャフト自体がやや細めのイメージでしたね。SRでもしっかりした感じで、これはトルクが締まっているからですかね。振り感はかなりシャープに振れる感じ。これも、今のボクに合っているかもしれませんね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックはHS40~42m/sあたりがドンピシャに感じました。オートマチック系ですが、ドライバー同様打ち手を選ばないフトコロの深さがありそうです。これまでFWの直打ちで全く芯を食わなかったボクが、直打ちでキッチリ芯を食っただけでも驚きですからねぇ! これこそ、HOT LIST金賞の実力なのかもしれませんね。フェース角が若干被っているので、ドンピシャはボディターンタイプのフェードヒッターでしょうが、HS43m/sあたりのヒッターなら左を気にせず叩けるのは好印象です。病み上がりという自分の状態を差し引いても、今回のオノフAKAはすんごいかも・・・!?

<グローブライド「オノフ フェアウエーアームズAKA(2016)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4PHステンレス、フェース=ハイマレージングプラス、ウエート=タングステン合金
■ロフトバリエーション:#3=15度、#5=18度、#7=21度、#9=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「スムースキックMP-516F」(S=58g/4.2、SR=54g/4.9、R=49g/5.5、R2=46g/5.7/先中調子)
■価格:1本4万5000円+税