どーもです。

今日紹介するのはグローブライド「オノフAKA」シリーズのUT、「オノフ フェアウエーウイングスAKA」です。オノフのユーティリティは、伝統的にフェアウエーウイングス(以下FW)という名称ですよね。昨日のFAはボクでも直打ちできちゃったほどのモデルでしたが、このUTは見た目でいかにもつかまりそうなモデルです。果たして、ナチュラルボーンフッカーのボクでも打てるのか!? 早速いっていましょう。

まずは見た目から。

「パワートレンチ」はこのFWにも採用でした。どんなライでも抜けが良さそうなソール形状も含め、今回のAKA遺伝子がキッチリ体感できそうなイメージでした。GR ONOFF AKA 2016 FW SOLE

フェースは意外にもディープ気味でしたね。先代よりもトゥ・ヒール方向がややコンパクト気味で、トップラインがストレート系な分やや三角形っぽいフェース形状が特徴的でした。GR ONOFF AKA 2016 FW FACE

ボディもややファット気味ですが、かなりヒップダウンしているので低重心化の意識は感じられる形状だと思います。GR ONOFF AKA 2016 FW SIDE

後ろ姿です。GR ONOFF AKA 2016 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。先代に比較すると、かなりコンパクトになった感じでしたね。トゥ側処理の仕方の影響か、若干逃げ顔にも見えますが、フェース自体がフックフェースでしたからね!!GR ONOFF AKA 2016 FW TOP

今回試打したのは、オリジナルシャフト「スムースキックMP-516U」SRフレックス装着モデルのU5。スペックは、ロフト角23度、ライ角61度、長さ39.5インチ、総重量347g、バランスD0.5。ヘッド体積115cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.1、先中調子。GR ONOFF AKA 2016 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めでグリップも細めでした。この辺は他のウッド系と一緒でした。ワッグルしてみると結構手元にしっかり感があるのも同じイメージで、素振りしてみるとやはりかなりシャープに振れそうなイメージでした。トルクがかなり絞られている感じでしたが、スペック上は4.1。もっと締まっているようにも感じました。実際に打ってみると、1発目はやや強めのドロー。ということで、若干インサイドに引いて右前にヘッドを放り出すイメージで打つと、これがナイスショットを連発!! ボクのスイングでも弾道がそろうという、奇跡的な結果となったのでした。その辺はスカイトラックデータをご参照下さい。もう最近のクラブがガッツリ球は上げてくれるのは当たり前ですからね。その上でどんな味付けをするのかが各メーカー開発者の腕の見せ所でしょうが、このオノフFW AKAに関して個人的に感じたのは、やはりつかまりですかね。かなりつかまりを意識したモデルのように感じました。

スカイトラックの弾道データがこんな感じでGR ONOFF AKA 2016 FW ST3D

その各球データがこちら。GR ONOFF AKA 2016 FW ST

【3球平均】
HS40.0m/s、初速54.9m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量4366.1rpm、サイドスピン-369.1rpm、飛距離194.1y
【ベスト】
HS39.6m/s、初速55.2m/s、打ち出し角17.1度、バックスピン量4370.6rpm、サイドスピン-250.0rpm、飛距離194.8y

打感は、弾き系。今回の「オノフAKA」シリーズは一貫して弾き系ですね。音もやや高音系だったように感じました。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。GR ONOFF AKA 2016 FW MST3D

弾道は超高弾道。文句なしの高弾道ですね!! まぁ、ロフト角が23度設定ですが、それでも打ち出し角17度は凄いかもしれません。そのわりにスピン量も3700rpmあたりなので、少なめですよね!!

出球傾向ですが、ボクのスイングでも軽いドロー系。つかまりはいい感じでしたが、その辺を意識して振っても出球の弾道がそろうなんて奇跡的ですからね!!

シャフトと振り感ですが、まずシャフトの挙動。これまでのウッド系同様手元に重量感がある感じは同じでしたが、若干先が走る感じが強調されていたかもしれませんね。その辺がつかまりに影響しているのかもしれません。フェアウエーウッド同様、SRでもしっかりした感じで、振り感はかなりシャープに振れる感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックはHS40~42m/sあたりがドンピシャでしょうね。オートマチック系にクラブが球を上げてくれて、球をつかまえてくれるモデルですね。これまで紹介したドライバー、FAは打ち手を選ばないフトコロの深さを感じましたが、このFWはフェードヒッターもしくはスライサー向けのテーストが濃いように感じましたね。でも、その辺を意識して打てれば、弾道はそろいますから!! まぁ、コースではそこまで気が回らないこともあるかも知れないので、このFWは持ち球的にフェードヒッターやスライサーにオススメしたいモデルです。とはいえ、オートマチックに打てて出球がそろう感じは、名器の予感がします。これもHOT LIST金賞受賞に納得!!

<グローブライド「オノフ フェアウーウイングスAKA(2016)」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4PHステンレス、フェース=ハイマレージングプラス、ウエート=タングステン合金
■ロフトバリエーション:U3=18度、U4=20度、U5=23度、U6=26度
■シャフト(重量/トルク/調子):「スムースキックMP-516U」(S=59g/3.8、SR=55g/4.1、R=50g/4.6、R2=47g/5.1/先中調子)
■価格:1本3万8000円+税