どーもです。

連日紹介してきたグローブライド「オノフAKA」シリーズですが、いよいよ今日紹介するアインがオオトリです。これまで紹介してきたウッド系はそれぞれの部門でHOT LIST金賞を受賞モデルでしたが、実際に打ってみてその実力に納得でした。ということは、このアイアンも・・・。というわけでその辺を紹介した上で、今回の「オノフAKA」シリーズを総括したいと思います。

まずは見た目から。

構造的にはディープアンダーカットキャビティモデルかな。バックフェースに「パワートレンチ」とかかれていますが、これまでのウッド系とは違いこの赤いラインではありません。実際には見えませんが、バックフェースのフェース下部にミゾが刻まれているようです。形状的には先代同様トゥ・ヒールに長めで、シャローでした。GR ONOFF AKA 2016 IRON BACK

フェースは当然の如くシャローですが、先代に比較するとややトゥが立った感じかな。先代に比較すると、今回のオノフAKAのほうが、トップラインがストレートにも感じました。GR ONOFF AKA 2016 IRON FACE

ソールは先代同様セミワイドですね。先代もソールの後方3分の2がウエートになっていましたが、今回のオノフAKAもその辺は一緒。でも、よ~く見るとトゥ・ヒールがフェース後部まで来ているに対して、ソールセンターあたりは半分ほどのところまでしか来ていませんね。これは、やはり高慣性モーメントを意識してかな!?GR ONOFF AKA 2016 IRON SOLE

ネックはセミグース。先代に比較すると、若干バンス角が少なめになっているようも見えました。GR ONOFF AKA 2016 IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。歴代「赤オノフ」の遺伝子を感じさせてくれる顔付きですね。新技術を注ぎ込んでも、見た目は変えないって、何気に凄いことなんじゃないかな!?GR ONOFF AKA 2016 IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH HT」Sフレックス装着モデルの#7 。スペックは、ロフト角29度、ライ角62度、長さ37.25インチ、総重量407g、バランスD0。シャフトスペックは、重量97g、トルク1.8、中調子。GR ONOFF AKA 2016 IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めでした。でも、意外だったのがグリップの太さ。これが意外に太めで、ボクが記憶している限りでは、歴代赤オノフで最も太めだったように感じました。ワッグルしてみるとシャープに振り抜けそうな印象はありましたが、やはり気になるのはインパクト時のグニャリ感ですね。このグニャリ感は何が原因かが分かりませんが、結構この予感って当たるモンなんですよね・・・(汗) 実際に打ってみると、まずその高弾道振りには文句のつけようは無かったですね。まぁ、思い返してみれば先代も同様な球の上がり方だったんじゃないかな・・・とか思ったりして。そして懸念のインパクト時のグニャリ感ですが、若干、感じてしまいました。でも、打感自体が弾き系で球離れも速めなので、その影響かインパクトで激しく「グニャリ」ではなく、「グニャ!!」ってな感じでした。それにしても、反発ゾーンが広めで、どこに当たっても距離が落ちない感じで、「あっ、芯外した!」と思ってスカイトラックを確認しても165yはマークしている感じでしたね。特にフェース下部のミスヒットにはめっぽう強い感じで、ハーフトップ気味でもグングン球が上がって前に行ってくれる感じでした。これは、自分が「ちょっと、上手くなったんじゃないの!?」って感じさせてくれるアイアンかもしれませんね。

スカイトラックの弾道データがこんな感じでGR ONOFF AKA 2016 IRON ST3D

その各球データがこちら。GR ONOFF AKA 2016 IRON ST

【3球平均】
HS38.9m/s、初速49.5m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量3938.9rpm、サイドスピン-828.6rpm、飛距離170.8y
【ベスト】
HS38.6m/s、初速49.2m/s、打ち出し角18.6度、バックスピン量3754.8rpm、サイドスピン-873.5rpm、飛距離171.4y

打感は、弾き系。ウッド系同様の弾き系ですが、球離れが速めのイメージも同じようなイメージでしたね。音は、ややサスティンが短めで「チッ!!」ともやや高めの時が芯を食った時の打音だったように感じました。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。GR ONOFF AKA 2016 IRON MST3D

弾道は文句なしの高弾道ですね。先代よりもロフト角が1度寝ていますが、それでもこの高弾道ぶりは技術の進化でしょうね。スピン量は3700~4000rpmなので、ロフト的には少なめでしょうね。ロースピンのハイボールが打ちやすいモデルといえると思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。つかまりはいい感じでしたが、昨日紹介したフェアウエーウイングスほどガッツリつかまる感じではなかったですね。適度なつかまりで、ボク程度のヒッターなら左を気にせずにハイドローが打てるモデルでした。

シャフトと振り感は、まずシャフトの挙動ですが、若干先が動くような感じはありましたね。でも、それがあの高弾道にもつながっていると思います。振り感はいい感じで、バランスがD0なにでボクのようにタメるタイプでも振り遅れることなく振り抜けます。まぁ、極端にタメ過ぎると、シャンクがでちゃいましたが・・・(汗)

今回ボクが試打した限りでは、このスペックはHS40~43m/sあたりがドンピシャでしょうね。ウッド系同様打ち手を選ばないフトコロの深さがあると思いますが、まぁ、スイング的にはボディターンタイプのスインガーで持ち球的にはスライス系の方がオートマチックにハイドローを打てそうなアイアンかもしれませんね。でも、ボク的のヒッターなら、全く左の心配はいりませんでしたからね!! スイートエリアもメッチャ広いので、なんか自分が上手くなったんじゃないかと感じさせてくれるアイアンですね。これも、HOT LIST金賞納得ですわ!!

というわけでシリーズ総括ですが、今回の「オノフAKA」シリーズは全体的にややハードになっているようにも感じました。果たしてそれが、病み上がりだからなのか、クラブがそう進化しているかの判断が難しいところです。結論からいってしまえば、両方かなと思います。以前は平均HS45m/sで振れていたボクですが、300g程度の軽量級モデルでも平均HS43m/s程度でし振れていませんからね。プラスして、「赤」がローマ字の「AKA」に変わった先代ドライバーのシャフトが軽硬系になっていたあたりから、よりハードな味付けも意識しているのはないかな・・・と推測した次第です。まぁ、ボクの場合、低トルクの軽硬系がハード気味に感じる傾向もあるので、そういう思い込みも含めてと思ってもらえれば幸いです。

今年のHOTLIST試打時ですが、ボクは病み上がりだったので参加できませんでした。でも、仮にボクが参加していたとしても4部門全てに金賞を付けたでしょう。これだけは、間違いないです!!

<グローブライド「オノフ アイアンAKA(2016)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:(#4~#9)ボディ=ST22ステンレス、フェース=ハイマレージングプラスⅢ、ウエート=タングステン合金(PW〜SW)ソフトステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH HT」(S=97g/1.8/中調子)、「NSPRO ZELOS8」(R=83g/2.3/先調子)。「スムースキックMP-516I」(S=60g/3.4、R=52g/3.7、R2=48g/4.0/中調子)
■価格:スチールシャフト装着5本(#6~PW)セット10万円+税、単品(#4、#5、AW、SW)各1本2万円+税。カーボンシャフト装着モデル5本セット12万円+税、単品各1本2万4000円+税。