どーもです。

キャロウェイのニューモデル「ビッグバーサ ベータ(2016)」のウッド系を試打できましたので紹介したいと思います。このシリーズは、あのトム・ワトソンがアンバサダーというシリーズで、「あれっ!? キャロウェイに移籍していたのね!!」ってな感じでした。直接の担当を離れると、すっかりこういう事情に疎くなってしまいますが、イカン、イカン!! というわけでまずはドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。

先代は見た目で「オッ!」という懐かしさがありましたが、今回はさらに進化しているようですね。ネック側にウエートが装着されていて、いかにもつかまりが良さそうですね。CAL BIG BERTHA BETA DR SOLE

フェースは、シャローフェースですね。ビッグバーサらしい形状だと思います。CAL BIG BERTHA BETA DR FACE

先代に比較すると、若干ヒップダウンしているかな。クラウンのこんもり感も強調された感じ。なによりも先代はクラウンがキラキラしていましたが、今回の「ビッグバーサ ベータ」は落ち着いた感じに仕上げられていました。CAL BIG BERTHA BETA DR SIDE

後ろ姿です。CAL BIG BERTHA BETA DR BACK

構えてみるとこんな感じ。先代よりもクラウンの投影面積が大きめになっているようにも感じましたね。丸形のクラウンで大きめな投影面積が、安心感を演出してくれていると思います。CAL BIG BERTHA BETA DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「GP for BIG BERTHA」SRシャフト装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角60度、長さ45.75インチ、総重量268g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク5.5、先中調子。CAL BIG BERTHA BETA DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはかなり軽めでした。でも、グリップは太めだったりしますね。今回試打クラブを手配した時期の問題でSRフレックスなら用意できるとうことでSRフレックスでしたが、ワッグルしてみるとかなり柔らかめな印象でした。素振りしてみても、中間から先にかけてかなりしなりそうなイメージでした。実際に打ってみると、超高弾道でしたわ~!! それから、さすがにボクのスイングだとつかまり過ぎのイメージはありましたね。これはもう、ボディターンのスインガータイプで持ち球的にはスライサーにオススメしたいモデルの印象でした。かなりミスヒットにも強そうな印象でしたが、今のボクでも叩きに行くとバックスピン量が増えて、距離がロスしそうな印象はありました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じでCAL BIG BERTHA BETA DR ST3D

その各球データがこちらCAL BIG BERTHA BETA DR ST

【3球平均】
HS42.5m/s、初速60.6m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量2924.7rpm、サイドスピン-500.8rpm、飛距離238.4y
【ベスト】
HS43.8m/s、初速60.2m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量2704.4rpm、サイドスピン-428.5rpm、飛距離239.4y

打感は弾き系ですね。音はやや高めですが、あのビッグバーサの音ですね!!

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。CAL BIG BERTHA BETA DR MST3D

弾道的には、超高弾道。ロフト角10.5度モデルですが、12度ぐらいあるんじゃないかってくらいの球の上がり方でしたね。でも、バックスピン量はこのヘッドスピードなら適正じゃないかな!! さすがに叩いていくと3500~3700rpmと吹け上がるくらいまでいきました。

出球傾向ですが、ボクのスイングで強めのドロー系。つかまりはかなりいい感じでしたね!

シャフトと振り感ですが、シャフト挙動は中間から先がしなってヘッドを走らせてくれるイメージですね。シャフト自体がやや柔らかめで、トルクも多めなので、ヒッタータイプには当たり負け感があるのも否めませんが、まぁ、そもそもこのビッグバーサ・ベータはそういう人向けじゃないでしょうからね!! 振り感ですが、シャフト自体がカウンターバランスのようで手元に重量感がありますね。その影響で、長めのシャフトでもキッチリ振り切れる感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにオススメですね。このビッグバーサ・ベータドライバーは、ボディターンのスインガータイプで持ち球はスライスの人向けだと思います。キャロウェイの史上最軽量モデルのようですが、これはさすがに今のボクでもちょっとアンダースペックに感じるモデルでしたが、「昔は飛んだのになぁ~」とお嘆きのプレーヤーにとっては、かなり強い味方になってくれそうな気配を感じました。

<キャロウェイ「ビッグバーサ ベータ(2016)」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ウルトラ・ライト8-1-1-1チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「GP for BIG BERTHA」(S=56g/5.0、SR=50g/5.5、R=44g/6.5、R2=43g/6.5/先中調子)。「ツアーAD GP-5」(SR=57g、R=56g/4.3/中調子)。「SPEEDER EvolutionⅡ569」(SR=58.5g、R=56.5g/4.2/中調子)。
■価格:「GP for BIG BERTHA」装着モデル1本8万8000円+税。「ツアーAD GP-5」「SPEEDER EvolutionⅡ569」装着モデル1本10万5000円+税。
■備考:左用なし