どーもです。

今日はキャロウェイのニューモデル「ビッグバーサ ベータ(2016)」のFWを紹介しましょう。昨日紹介したドライバーは、さすがに今のボクにとってもアンダースペック感が否めない感じでしたが、果たしてFWはどんな感じなのでしょうか? そもそも、直打ちできるのか。また、ティアップしないと打てないのか。まぁ、このクラスのFWで直打ちできないとなると、いよいよスイング問題の根の深さを感じてしまうのですが・・・。何はともあれ、いってみましょう!

まずは見た目から。

先代に比較すると、今回の「ビッグバーサ ベータ」FWは丸形ヘッドになっていました。先代に採用されていたトゥ・ヒールのくぼみは、本作では進化した感じですかね。CAL BIG BERTHA BETA FW SOLE

フェースはシャローですね。これは伝統的なビッグバーサのフェースだと思います。CAL BIG BERTHA BETA FW FACE

ボディは先代同様シャロー&ストレッチバックですね。CAL BIG BERTHA BETA FW SIDE

後ろ姿です。CAL BIG BERTHA BETA FW BACK

構えてみるとこんな感じ。ドライバー同様クラウンの投影面積が大きめで、安心感タップリですね。先代より4cm3ほど大きくなっているようです。CAL BIG BERTHA BETA FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「GP for BIG BERTHA」SRシャフト装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角58.5度、長さ43.25インチ、総重量283g、バランスD1。ヘッド体積180cm3。シャフトスペックは、重量46g、トルク5.5、先中調子。CAL BIG BERTHA BETA FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、昨日のドライバー同様総重量的にはかなり軽めでですが、グリップは太めだったりします。ワッグルしてみるとドライバーの印象とはまた違う感じで、先端部にややしっかり感を感じましたが、これは長さのせいですかね。素振りしてみるとドライバー同様中間から先にかけてしなりそうなイメージでしたが、それでも先端部はややしっかりした感じもありました。実際に打ってみると、直打ちでもガッツリ球があがりますね!! これはボクレベルのアマチュアゴルファーにはうれしいですね。それから、カッチリ感があって、フィーリング的にもグッド! 若干スピン量が多めなイメージでしたが、これはロフトが16度で通常の3Wよりも1度寝ているのと、シャフトの問題でしょうね。ドライバーほどオートマチックにつかまる印象は無かったけど、まぁ、つかまり自体はいい方でしょうね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じでCAL BIG BERTHA BETA FW ST3D

その各球データがこちらCAL BIG BERTHA BETA FW ST

【3球平均】
HS42.3m/s、初速58.7m/s、打ち出し角16.0度、バックスピン量3946.0rpm、サイドスピン-355.6rpm、飛距離217.7y
【ベスト】
HS42.3m/s、初速58.8m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3897.2rpm、サイドスピン-334.9rpm、飛距離219.7y

打感は弾き系。カッチリ感があって、これは懐かしいビッグバーサらしい打感でした。音もやや高めで、あのビッグバーサの音ですね!!

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。CAL BIG BERTHA BETA FW MST3D

弾道的には、見た目では高弾道。でも、打ち出し角が13度ってのは、なんか解せないな~。さすがにスピン量は多めですが、これは前述通りでしょうね。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。先端のしっかり感があるので、シャフトが柔らかめでも、ある程度叩けるイメージも感じましたね。

シャフトと振り感ですが、シャフト挙動は中間から先がしなってヘッドを走らせてくれるイメージですが、ドライバーよりは先端のしっかり感がありました。シャフト自体はやや柔らかめ&トルクも多めですが、この先端のしっかり感がある程度叩けそうな印象でした。振り抜きもいい感じでした!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにオススメですね。ドライバーは、ボディターンのスインガータイプで持ち球はスライスの人向けだと思いますが、このFWはある程度叩けるヒッタータイプでも使えそうなイメージでした。とはいえ、この重量とスペックはやはりHSがゆったりめのスインガー向けで、持ち球的にはフェードもしくはスライスの人向けでしょうね。叩きにいくとスピン量が増えそうな感じがあったのも否めないですね。ビッグバーサ・ベータシリーズは、グランドシニア向けモデルの気配がしますね!

<キャロウェイ「ビッグバーサ ベータ(2016)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:3W=16度、ヘブンウッド=20.5度、5W=19度、7W=22度
■シャフト(重量/トルク/調子):「GP for BIG BERTHA」(S=52g/5.0、SR=46g/5.5、R=41g、R2=39g/6.5/先中調子)
■価格:1本5万円+税
■備考:左用なし