どーもです。

今日はキャロウェイのニューモデル「ビッグバーサ・ベータ」UTを紹介しますが、とりあえずこれで一段落です。アイアンは手配でき次第アップします!! ボクにとってドライバーはつかまりが良すぎる印象でしたが、FWは先端部のしっかり感があって程良いつかまりのモデルに感じました。さて、このUTはどんな感じなのでしょうか? いかにもつかまりそうな見た目ですが、果たして見た目通りなのか、その辺を確認したいと思います。では、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

先代は配色が「ビッグバーサ アルファ」のような感じでしたが、今回はシリーズを通して落ちついた感じの配色になっていました。ヘッド形状は、ややトゥ側にボリュームがある感じでした。CAL BIG BERTHA BETA UT SOLE

フェースはシャローで、形状的には先代と同じようイメージかもしれませんね。CAL BIG BERTHA BETA UT FACE

ボディは先代よりも大きめで、ややストレッチバックな形状に変更されていました。CAL BIG BERTHA BETA UT SIDE

後ろ姿ですが、トゥ・ヒール側に2本のレールのようなモノが確認できました。CAL BIG BERTHA BETA UT BACK

構えてみるとこんな感じ。形状的には先代とほぼ一緒かな。いかにもつかまりが良さそうな形状だと思います。CAL BIG BERTHA BETA UT TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「GP for BIG BERTHA」SRシャフト装着モデルの5H。スペックは、ロフト角22度、ライ角60.5度、長さ40インチ、総重量320g、バランスD1。ヘッド体積105cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク4.9、先中調子。CAL BIG BERTHA BETA UT SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽めですが、グリップは太め。この辺は首尾一貫していました。ワッグルしてみるとドライバーの印象に近い感じで、中間から先にかけてしなりそうなイメージでした。実際に打ってみると、やはりつかまりはいい感じでしたね。ドライバーに近いイメージで、ボクにはややつかまりすぎな感もありましたが、ボディターンタイプでスライサーでもガッツリつかまりそうなイメージでしたね。オートマチックにガッツリつかまるイメージで、この辺はドライバーのイメージとダブりますが、そう考えるとFWがやや辛めなイメージでしたね。UTに話を戻しますが、このUTは飛びますわ~! 200yあたりを安定的に打てるのはうれしいですね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じでCAL BIG BERTHA BETA UT ST3D

その各球データがこちらCAL BIG BERTHA BETA UT ST

【3球平均】
HS40.3m/s、初速54.7m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量3056.6rpm、サイドスピン-787.3rpm、飛距離202.6y
【ベスト】
HS39.6m/s、初速55.3m/s、打ち出し角17.1度、バックスピン量3006.4rpm、サイドスピン-883.1rpm、飛距離205.1y

打感は弾き系。カッチリ感があって、FW同様ビッグバーサらしい打感です。音もやや高めで、あのビッグバーサの音ですね!!

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。CAL BIG BERTHA BETA UT MST3D

弾道的には、文句なしの高弾道。スピン量はやや多めな印象でしたが、まあ、このロフトなら適正スピン量かな!?

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。オートマチックにつかまるイメージで、どちらかといえばドライバーに近いイメージでした。

シャフトと振り感ですが、シャフト挙動は中間から先がしなってヘッドを走らせてくれるイメージですね。FWで感じた先端のしっかり感は感じなかったですね。シャフト自体はやや柔らかめ&トルクも多めで、挙動的にはドライバーに近いイメージで、しなり感のある振り感でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにオススメですね。ドライバー同様ボディターンのスインガータイプで持ち球はスライスの人向けですね。FWはある程度叩けるヒッタータイプでも使えそうなイメージがありましたが、ドライバー&UTはよりオートマチック性の高さを感じました。ビッグバーサ・ベータシリーズのウッドですが、いずれにせよ総重量が軽めということからグランドシニア向けモデルの気配を感じましたが、ドライバー&UTはよりオートマチックにつかまるモデルで、FWはやや叩けるイメージでした。いずれせよ、ボディターンのスインガーで持ち球はフェードもしくはスライスの方がオートマチックにハイドローを打てるモデルだと思います。

<キャロウェイ「ビッグバーサ ベータ(2016)」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:3H=18度、4H=20度、5H=22度、6H=25度
■シャフト(重量/トルク/調子):「GP for BIG BERTHA」(S=60g/4.3、SR=56g/4.9、R=49g/5.8、R2=47g/6.0/先中調子)
■価格:1本3万8000円+税
■備考:左用なし