どーもです。

今日紹介するのはフォーティーン「TC404」アイアンですが、TCの4シリーズはこの「TC404」が初登場モデルですよね!? ゴルフフェアの会場で発見して、「あれ!? 見たこと無いアイアンが・・・」ということで、今回試打してみました。シャフト設定もデフォルトモデルはカーボンシャフトのみ(スチールシャフト「NSPRO950GH HT」は受注生産)で、#7のロフト設定が28度とかなり飛び系アイアンというか振り切ったモデルのイメージです。果たしてその通りなのか、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

この「TC404」もデザイン的にはフォーティーンらしいフルキャビティですね。14 TC404 BACK

フェースはシャロー&トゥ・ヒールに長めな感じでした。トップラインは丸みがあって、トゥも低め。このシャローな感じが、いかにもってな感じですね。14 TC404 FACE

ソール幅はややワイド気味な設定でした。14 TC404 SOLE

ネックはグースネック。ヘッド自体大きめで、低・深重心モデルというのが視認できると思います。14 TC404 SIDE

構えてみるとこんな感じ。トップラインが厚めですね。グースネックの影響でフトコロも深く、いかにもつかまりが良さそうなイメージでした。14 TC404 TOP

今回試打したのは、専用開発カーボンシャフト「FT-16i」Sフレックス装着の#7。スペックは、ロフト角28度、ライ角61.5度、長さ37.25インチ、総重量383g、バランスD0。シャフトスペックは、重量65g、トルク3.5、中調子。14 TC404 SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず持ってみた感じですが、重量的には今のボクにも軽めでしたね。でも、グリップはそこそこ太め。ワッグルしてみるとシャフト的にはSでもやや柔らかめなイメージで、中間がしなる感じでした。素振りしてみるとバランスが軽めで振り遅れはなさそうですが、若干しなり戻りのタイミングが取りずらいイメージもあったかも・・・。実際に打ってみると、ロフト28度のわりには球がしっかり上がるイメージでしたね。まぁ、最近のアイアンではもはや当然といえば当然でしょうが・・・。スイートエリアが広めな感じで、多少芯を外してもクラブが球を上げてくれるし、縦の距離も5~7y程度の差でした。とはいえ、ボクにとっては前述通りしなり戻りのタイミングが取りずらく、タメのリリースタイミングがバラバラで出球がちょっと散らばった感じはありました。まぁ、これはボクのスイングとの相性でしょうね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、14 TC404 ST3D

その各球データがこちら。14 TC404 ST

【3球平均】
HS39.1m/s、初速50.1m/s、打ち出し角16.9度、バックスピン量4589.3rpm、サイドスピン-585.8rpm、飛距離169.2y
【ベスト】
HS39.6m/s、初速50.8m/s、打ち出し角17.1度、バックスピン量4658.5rpm、サイドスピン-266.5rpm、飛距離172.8y

打感は弾き系。若干シャフトの当たり負け感も感じましたが、打感は弾き系ですね。音も、やや高めでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。14 TC404 MST3D

弾道的には、ロフト角を考えれば十分高弾道でしょう。球はクラブがオートマチックに上げてくれる感じでした。バックスピン量は少なめでしたね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。つかまりはかなりいい感じで、ボディターンタイプのスインガーでもオートマチックにハイドローが打ちやすいモデルなんじゃないかなと感じました。

シャフト挙動と振り感ですが、シャフト挙動は中間がしなる感じで、バランスのわりには結構動きが大きい感じでした。そんなわけで、ボクのようなリストターンタイプだとタイミングが取りずらさがあったのも事実ですね。さすがにこの重量は手元でクラブ操作ができてしまうので、ちょっと暴れる感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/sあたりにオススメですね。スイングタイプ的にはボディターンタイプのスインガーで、持ち球的にはスライス系にピッタリのアイアンでしょう。そんなタイプの方が、オートマチックにハイドローを打てて、しかも飛距離を出せるモデルなんじゃないかと思います。ただし、ボクのようなリストターンタイプのヒッターは合わないかもしれません。個人的にはシャフトが合わないと思っているので、実際には打っていないので想像でしかありませんが、アイアンにも距離を求めるヒッターは受注生産のスチールモデルがいいかもしれません。というわけで、見た通りのアイアンということが実証されたと思います。

<フォーティーン「TC404」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:AM355Pスチール
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「FT-16i」(S=65g/3.5、SR=60g/3.5、R=45g/4.5/中調子)
■価格:5本(#6~PW)セット10万円+税、単品(#5、P/A)各1本2万円+税。