どーもです。

いよいよフォーティーンの本領発揮分野ウエッジに入りますが、今日紹介するのは「DJ-22」ウエッジです。自分のブログを読み返してみると、な、なんと、先代「DJ-11」ウエッジの試打が抜け落ちているではないですか! 完全に抜け落ちていましたね。これは病気になる前の話なので、加齢による脳ミソの経年劣化ですな(笑) そんなわけで比較ができませんが、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

見た目的には、キャビティタイプで大きめな顔のウエッジでした。トゥトップ後方の削り方が特徴的でした。14 DJ22 DJ22 BACK

フェースは大きめのラージフェース。リーディングエッジのラインがほぼストレートですが、トップラインはかなりラウンドしている特徴的な形状になっています。14 DJ22 FACE

ソールはワイドソールですね。トレーリングエッジが丸くラウンドしている感じで、トゥ・ヒール側の幅が若干狭めになっていました。14 DJ22 SOLE

ネックはセミグースで、かなりの逆テーパーブレードですね。いかにもスピンがかかりそうですな!!14 DJ22 SIDE

構えてみるとこんな感じ。セミグースに丸形ヘッド。フトコロがボールを包み込んでくれるようなイメージでした。14 DJ22 TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」ウエッジフレックス装着の52度。スペックは、ロフト角52度、ライ角63.5度、バウンス角6度、長さ35.25インチ、総重量469g、バランスD2。シャフトスペックですが、フォーティーンのウエッジフレックスはS400のようですね。というわけで重量132g、トルク未発表、元調子でした。14 DJ22 SHAFT

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはしっかり重め。グリップもやや太めでした。ワッグルしてみると全くしなり具合は感じませんが、素振りしてみるとヘッドがいい感じにきいているのでダウンでヘッドを感じながら自然に落としてやれる感じでした。

まずはフルショットですが、ボクのスイングだとグースネックの影響か、若干オートマチックにつかまる感じもありましたが、ワイドソールのおかげでかなり打ちやすいですね。ワイドソールのおかげで多少手間から入ってもソールが滑ってくれる感じで、その方が気持ち距離も出るし、スピンも多めになる感じだったかも。52度で100yはボクのイメージ通り。ボクのスイングでも弾道がそろうので、なんとしても乗せたい100yはしっかり打っていけそうな雰囲気を感じました。

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、14 DJ22 ST3D

その各球データがこちらです。14 DJ22 ST

【3球平均】
HS30.7m/s、初速36.1m/s、打ち出し角27.5度、バックスピン量7845.2rpm、サイドスピン-1207.7rpm、飛距離101.0y
【ベスト】
HS30.7m/s、初速36.1m/s、打ち出し角28.6度、バックスピン量7752.2rpm、サイドスピン-777.8rpm、飛距離101.6y

打感はソリッド系でしたね。これは意外と意外でした。もっと吸い着くようなマイルドな打感をイメージしていましたが、実際にはマイルドさと弾き感がいい感じに同居しているような感じでした。音は「カツッ!!」とした感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。14 DJ22 MST3D

弾道的には高弾道。オートマチックに打てる感じで、スピン量は7800rpmあたりなので適正だと思います。でも、これが若干ダフ気味に入ると、8000rpmを越えるという不思議な結果にもなりました。

出球傾向ですが、グースネックの影響かボクのスイングでもドロー系。でも、この距離で曲がるのは避けたいですね(汗)

シャフト挙動的には全くしなりを感じませんでしたが、振り感はいい感じ。ヘッドがいい感じにきいているので、ダウンでヘッド重量を感じながら下ろせるので、ヘッドを感じたい人にとってはいいかもしれませんね。

続いて、15yイメージのアプローチですが、これはもうオートマチックに打てるイメージですね。でも、やはりつかまりがいいのか、やや引っ掛け気味の傾向でしたね。ボクのスイングで、3球とも左2度方向への打ち出しと皮肉にもそろった結果でした。

スカイトラックの弾道データがこちらで、14 DJ22 AP ST3D

その各球データがこんな感じでした。14 DJ22 AP ST

【3球平均】
HS29.1m/s、初速12.2m/s、打ち出し角29.1度、バックスピン量2508.0rpm、サイドスピン-456.1y、飛距離15.1y

弾道がこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちらでした。14 DJ22 AP MST3D

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS45m/sは欲しい感じですね。かなりオートマチックに打てるモデルだと思いますが、ダウンでヘッド重量を感じやすいのでフルショットでも、アプローチでもヘッドを感じながらオートマチックに打てるモデルだと思います。そういう意味では、ボクらアマチュアにとって頼もしい味方になってくれそうですね。多彩な技を具現化してくれるウエッジではないイメージでしたが、ボクレベルにはその方がむしろ安心感があるかもしれません。ボクのスイングだと若干セミグースの影響かつかまり過ぎる傾向もあったので、もしかしたらボディターンのほうがより合いそうなイメージでした。

<フォーティーン「DJ-22」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(各10点満点)
▽スピン性能:9▽操作性:7▽抜けの良さ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ニッケルクロムモリブデン綱
■ロフトバリエーション(バンス角):41度(3度)、44度(3度)、47度(4度)、50度(4度)、52度(6度)、54度(6度)、56度(8度)、58度(8度)、60度(7度)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」(ウエッジ=132g/未発表/元調子)、「NSPRO950GH HT」(ウエッジ=98g/1.8/中調子)。カーボンシャフト「FT71W」(70g/3.1/中調子)、「FT-61W」(65g/3.5/中調子)、「FT51W」(50g/4.5/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル1本2万円+税、カーボンシャフト装着モデル1本2万2000円+税
■備考:FT61W装着モデルおよびレディース(FT51W)モデルの41度、44度、54度、60度は受注生産。左用あり。