どーもです。

マグレガーゴルフのニューモデル「マックテックNV301」シリーズのウッド系ですが、今日はFWを紹介しましょう。「マックテックNV301」シリーズは短尺のようでこのFWも42.5インチと普通のモデルよりも0.5インチ短めですが、果たしてボクでも直打ちできるのか? 最近FWの試打の焦点はここになりつつありますが、果たしてその結果はいかに。早速いってみましょう。

まずは見た目から。

ドライバーの遺伝子を受け継いだデザインですね。ウエートの位置こそ違いますが、ソール後部とネック側に2つ配置されていて、このウエートも入替可能になっていました。試打ポジションはフェース後部に5g、ネック側に1g配置のバックウエートポジションでした。MACGREGOR MACTEC NV301 FW SOLE

フェースはシャローフェースですが、トゥ側にややボリュームがある感じでした。MACGREGOR MACTEC NV301 FW FACE

ボディですが、同社のHPにはシャローバックとありましたが、ボク的にはミドルバックかな。MACGREGOR MACTEC NV301 FW SIDE

後ろ姿ですが、やはりトゥ側にボリュームがある感じですね。MACGREGOR MACTEC NV301 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積が大きめなので、安心感があるモデルでした。MACGREGOR MACTEC NV301 FW TOP

今回試打したのは、フジクラ社製「NV301FF」Sフレックス装着の3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58.5度、長さ42.5インチ、総重量320g、バランスD0。ヘッド体積185cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク4.5、先調子。MACGREGOR MACTEC NV301 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、このFWもシャフトが短めでした。「これならミート率が上がるかも…」な~んてイメージを持たせてくれましたが…。総重量的には気持ち軽め。グリップはドライバー同様のムジーク社製で、こちらはやや細めでした。ワッグルしてみると先端部がしなる感じで、素振りしてやはりヘッドが走る感じでした。実際に打ってみるといい感じに球は上がりますが、ボクのスイングで直打ちだとプッシュアウトを連発。何球か打ち続けてみましたが、その傾向は全く改善されなかったので、今回ティアップしての試打もしてみました。ティアップして打つ分にはいい感じのドロー系でしたが、それでもプッシュアウト傾向はありましたね。中井学プロ曰く「腕を使うスイングの人はプッシュアウト傾向が強い」ということを、ドライバー同様まさに実感する結果になっていまいました。シャフトが短めでシャープに振れる印象ですが、ボクにとっては若干ヘッドが動くイメージがあったのも否めないかな。

直打ちのスカイトラックの弾道データはこんな感じで、MACGREGOR MACTEC NV301 FW ST3D

その各球のデータがこちら。MACGREGOR MACTEC NV301 FW ST

【3球平均】
HS41.1m/s、初速57.2m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量2891.9rpm、サイドスピン-537.1rpm、飛距離215.8y
【ベスト】
HS41.2m/s、初速57.4m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3311.6rpm、サイドスピン-380.1rpm、飛距離218.3y

打感は弾き系。カッチリ感があって、ドライバーとは別モノのイメージでした。音もやや高めで、往年のマックテックを感じさせる音でした。

まずは直打ちの弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。MACGREGOR MACTEC NV301 FW MST3D

続いて、ティアップの弾道データがこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。MACGREGOR MACTEC NV301 FW TU MST3D

弾道的には、直打ちでも高弾道。直打ちのほうは自分では芯を食った感覚でしたが、データを見る限り若干ダウンブローに入ったのかスピン量が多めでした。一方ティアップしての弾道は完全に芯を食った当たりだと思いますが、スピン量はかなり少なめですね。

出球傾向はボクのスイングでドロー系ですが、直打ちだとちょっとイメージ以上に右に抜ける感じでした。でも、これは昨日書いたとおり、ボクのスイングに起因する要素が多いと思います。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動。これは先端がしなってヘッドを加速させてくれる感じでした。ヘッドの感じ方は、ドライバーほどヘッドを感じませんでした。そのせいか、シャープに振り抜ける印象でした。でも、プッシュアウトを連発してしまいました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメですね。打感も含めドライバーとはまた違った感覚で、ボクレベルならヒッターでも使えそうな味付けに感じました。ドンピシャはボディターンタイプでしょうね。短めのFWなのでミート率が上がりそうな気配もありますが、重量的に軽めなモデルは振り回せちゃうので、ボクの場合プッシュアウト傾向が強かったのかもしれませんね。

<マグレガー「マックテックNV301」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:450マレージング
■ロフトバリエーション:FW3=15度、FW5=18度、FW7=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):フジクラ社製「NV301FF」(S=51g/4.5、R=50g/4.6/先調子)
■価格:1本2万9000円+税