どーもです。

マグレガーゴルフのニューモデル「マックテックNV301」シリーズのウッド系ですが、今日紹介するUTがラストです。セミグースに大型ヘッドで、いかにも打ちやすそうでつかまりが良さそうなイメージですが、ボクにとってはつかまりすぎが気になるところ。その辺も確認してきましたので、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

UTもウエート装着なんですね。しかも2カ所で入替も可能というのは珍しいかもしれませんね。今回試打ポジションはフェース後部に5g、ネック側に1g配置のバックウエートポジションでした。MACGREGOR MACTEC NV301 UT SOLE

フェースはセミディープかな。形状的にもややトゥ側にボリュームがある感じで、マックテックらしい顔付きでした。MACGREGOR MACTEC NV301 UT FACE

ボディはFW同様のミドルバックでした。セミグースモデルですが、かなり出っ歯!! んっ!? 撮り方の問題か?MACGREGOR MACTEC NV301 UT SIDE

後ろ姿です。MACGREGOR MACTEC NV301 UT BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積が大きめなので安心感があると同時に、セミグースでいかにもつかまりが良さそうな雰囲気でした。MACGREGOR MACTEC NV301 UT TOP

今回試打したのは、日本シャフト社製「NV301UN」Sフレックス装着の4U。スペックは、ロフト角23度、ライ角60.5度、長さ39.5インチ、総重量355g、バランスD1。ヘッド体積108cm3。シャフトスペックは、重量61g、トルク4.0、先調子。MACGREGOR MACTEC NV301 UT SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、一般的な22~23度モデルに比較するとこのUTもシャフトが0.5インチ短めでした。でも40インチくらいなら振り切れるんじゃないかな…とか思ったりして(汗) 総重量的にはやや軽めで、グリップも気持ち細めだったかな。ワッグルしてみると先のしなりが大きめ印象で、素振りしてみてもやはりヘッドが走るイメージでした。実際に打ってみると、これはかなり打ちやすいクラブですね。しっかりクラブが球を上げてくれるし、つかまりもいい感じ!! 心配したつかまり過ぎは無く、ボクのスイングでもいい感じに弾道がそろった感じでした。スピン量が4300~4600rpmと23度にしてはやや多めな印象で、その分若干距離をロスしているかもしれませんね。先がかなりしなる印象なので、この辺が高弾道を生み出していると思いますが、ボクには若干スピン量が増えちゃう感じでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、MACGREGOR MACTEC NV301 UT ST3D

その各球のデータがこちら。MACGREGOR MACTEC NV301 UT ST

【3球平均】
HS40.7m/s、初速52.9m/s、打ち出し角14.8度、バックスピン量4357.4rpm、サイドスピン-310.3rpm、飛距離182.3y
【ベスト】
HS41.2m/s、初速52.8m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量4050.1rpm、サイドスピン-348.0rpm、飛距離184.2y

打感は弾き系。カッチリ感があって、FWと同じような感じでした。音もやや高めで、ザ・マックテックってな感じ。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。MACGREGOR MACTEC NV301 UT MST3D

弾道的には高弾道だと思いましたが、打ち出し角的には15度なんですね。この動画は若干トゥヒット気味な感じで、ややサイドスピンが多めでしたね。でも、ボク的には許容範囲のドローでした。ガッツリ芯を食えばバックスピンも4000rpm程度でロフト角23度を考えればいい感じ。距離的にも190yオーバー!

出球傾向はボクのスイングでドロー系。ボクのスイングでも弾道がそろうのがいいですね。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動。これは先端がしなってヘッドを加速させてくれる感じでした。FWのシャフトに比較すると若干手元剛性が低めにも感じましたが、まぁ、気のせいかもしれません。でも、打ち出し角がやや低めなのは、この手元剛性の低さが影響しているのかもとか思ったりして。振り感については、かなり振り抜きがいい感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメですね。フィーリングはFWと同じような印象でしたが、シャフト挙動のイメージはドライバーに近いイメージだったかもしれません。手元剛性の低さがそう感じさせたのかもしれませんね。ということで、このUTもドンピシャはボディターンタイプで、アーリーリリースタイプかな。これまでのドライバー&FWはプッシュアウト傾向が強かった印象でしたが、このUTは短めのせいかボクでもいい感じ!! この辺からはボクでも打てるってことかもしれませんね(笑) このUTはプチヒッタータイプでも打てそうな気配でしたが、ボディターンタイプがオートマチックに打ちやすいクラブだと思います。

<マグレガー「マックテックNV301」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:SUS630
■ロフトバリエーション:UT3=20度、UT4=23度、UT5=26度、UT6=29度
■シャフト(重量/トルク/調子):日本社シャフト社製「NV301UN」(S=61g/4.0、R=58g/4.2/先調子)
■価格:1本2万5000円+税