どーもです。

ロマロのニューモデル「RAY V」シリーズに加え、新ブランド「Ballista」(バリスタ)から先行発売されたUT、そして限定販売モデルの「RAY MC BLACK RIB」アイアンも試打出来ましたので、週末を挟みながらドーンと紹介しましょう。まずは「RAY V」シリーズですが、このシリーズは言わずと知れたロマロのフラグシップモデルですよね。果たして病み上がりのボクでも打てるのか? 一抹の不安は否めませんが、早速ドライバーからいっていましょう。

まずは見た目から。

先代モデルが何に当たるのか、ちょっとわかりませんが、「RAY V」ドライバーとしてはこのモデルが初めてのモデルなのかな!? そんな感じですみませんが、ロマロらしい形状ですね。フェース後部の2本のミゾ「デュアル・フォース・ポケット」がこの「RAY V」シリーズのミソのようですね。ブラックボディが精悍さを演出しています。ROMARO RAY V DR SOLE

フェースはディープフェースですね。最近ここまでディースモデルは珍しいんじゃないかな・・・なんて思っちゃうくらいディープフェースですね。ROMARO RAY V DR FACE

ボディもハイバックで、重心位置も高そうなイメージ。なんか、手強そう・・・(汗)ROMARO RAY V DR SIDE

後ろ姿もロマロらしさを感じさせてくれます。ROMARO RAY V DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面識もややシャープ気味な印象で、若干洋ナシ型を意識したような形状ですね。見た目からは難しそうなオーラを感じますが、ロマロのフラグシップモデルですからね!!ROMARO RAY V DR TOP

今回試打したのは、グラファイトデザイン社製専用開発オリジナルカーボンシャフト「RJ-TD」SRシャフト装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59度、長さ45.75インチ、総重量304.5g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.0、中調子。ROMARO RAY V DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めですかね。グリップもやや細めな印象でした。ワッグルしてみると、長さのせいか、若干中間から先がしなる感じもありましたが、素振りしてみると手元剛性の強さがあるように感じた分、先のしなりが若干強調されているようにも感じました。実際に打ってみると、1発目がいきなり芯を食った会心の一撃で目の覚めるようなロースピンボールでやや高めの中弾道ドローボールの持ち球が炸裂!! でもその後は、若干芯を外したような当たりが連発。それでも、距離的には5y程度しか変わっていないので、ミスヒットの寛容性を体感できました。叩いていくヒッター向けのテーストを感じましたが、これはヘッドとシャフトとの関係かそれともボクのスイングの問題なのか、はたまた両者の問題なのか判断がしにくいところですが、今のボクでも叩きに行くとスピン量が3800rpmあたりまで増えてしまうこともありました。そういう意味でのシビアさは若干感じましたが、スピンコントロール出来る上級者にとっては、思い通りの弾道を打てる1本なんじゃないかと感じました。

スカイトラックの弾道データがこちらで、ROMARO RAY V DR ST3D

その各球データがこちらです。ROMARO RAY V DR ST

【3球平均】
HS42.6m/s、初速61.8m/s、打ち出し角13.7度、バックスピン量2755.2rpm、サイドスピン-335.1rpm、飛距離238.1y
【ベスト】
HS42.4m/s、初速61.5m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量2763.4rpm、サイドスピン-426.5rpm、飛距離241.5y

打感はソリッド系。マイルドさと弾き感がいい感じにブレンドされていました。音は芯を食ったときは中音系でしたが、芯を外すとやや高音にも感じました。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。ROMARO RAY V DR MST3D

弾道的には、高めの中弾道かな。この動画の弾道は珍しく若干フェードしていますが、スピン量も2857rpmなので3球平均値と誤差の範疇に収まっていると思います。なかなかロースピンの強弾道ですね。でも、タイミングが悪いとスピン量が3800rpmあたりまで増えるというシビアさがあるのも事実で、良いスイングをすれば良い結果を得られるような印象でした。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系でしたが、タイミングが悪いとフェード系も出るシビアさがあったのも事実ですね。限りなくマニュアル系に近いセミオートマチック系ドライバーかもしれません。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動から。45.75インチとやや長めなシャフのせいか、中調子のわりには若干中間から先がしなるイメージもありました。SRにしてはやや手元剛性が強めな印象もありましたが、その分中間から先がしなるような印象につながったのかもしれません。振り感ですが、気持ちヘッドが動くような感じもありましたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメ。タイプ的にはヒッター向けで、ヒッターが左を気にせずに叩けるモデルだと思います。ただし、シャットに引けるヒッター向けで、ボクのようにフェースの開閉が多めだと、コスリ球も出ちゃいます。そういう意味でのシビアさはあるので、スピンコントロールできる上級者向けですかね。ボク的には45~45.25インチでセッティングしたいかも!!

<ロマロ「RAY V」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=6-4チタン、クラウン=15-3-3-3チタン、フェース=TVCチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):グラファイトデザイン社製「RJ-TD」(S=60g/3.8、SR=58g/4.0、R=57g/4.2/中調子)
■価格:1本10万円+税。ヘッド単体1個7万円+税(ソケット、ヘッドカバー付き)