どーもです。

ロマロの数量限定モデル「RAY MCブラック リブ」アイアンも試打出来ましたの、レポしたいと思います。ブラックボディは見るからに精悍で、そのフォルムはまさにシャープ。ここ最近こんなアイアンは少なくなって来たようにも感じていますが、個人的にはこういう顔つきが好きなんですよね。問題は打てるかどうかなのですけどね…(汗) 一方的にボクが好きなだけ…にならないことを祈りつつ、挑戦してきましたので、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ブラックボディで精悍なイメージですね。バックフェースにはその名前の通り、2本のリブがハッキリ視認できますね。このリブがこのアイアンのキモなのでしょうね。ROMARO MC BLACK IRON BACK

フェースはかなりコンパクトなイメージですね。ロマロらしい形状ですが、かなりシャープなイメージです。ROMARO MC BLACK IRON FACE

ソール幅は適度に確保されている感じでしたね。よ~く見るとリーディングエッジが微妙に削られているので、これはダウンブローに打つ際に気持ち鋭角に入っても突き刺さりにくいというイメージを受けますね。ROMARO MC BLACK IRON SOLE

ネックはほぼストレート。ROMARO MC BLACK IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。ブラックボディの影響か、実際の大きさよりもシャープな印象を受けました。でも、個人的には好印象!! 問題は打てるかどうかですが・・・ROMARO MC BLACK IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NS 950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量418g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的には今のボクにも若干軽め。グリップはやや太め。ワッグル程度ではしなりを感じませんが、素振りしてみると、振り抜きがかなりいい感じでしたね。「RAY V」アイアンも同じD1でしたが、このMCブラックのほうが振り抜きが良さそうな印象でした。実際に打ってみると、見た目のイメージからかなり厳しそうなイメージでしたが、思った以上に打ちやすいかったですね。バックフェースのリブの影響か、見た目以上にスイートエリアは広い感じでした。球の上がりも「RAY V」とほぼ一緒でしたね。飛距離ですが、同ロフトの「RAY V」よりも明らかに飛んでいました。この理由は、やはりスイートエリアの広さに加え、やはり振り抜きの良さですかね。気持ちよく振れるクラブは、やはり飛距離も期待できるってことでしょうね。

スカイトラックの弾道データがこちらで、ROMARO MS BLACK IRON ST3S

その各球データがこちらです。ROMARO MS BLACK IRON ST

【3球平均】
H38.2m/s、初速48.8m/s、打ち出し角17.4度、バックスピン量5021.1rpm、サイドスピン-864.4rpm、飛距離161.1y
【ベスト】
HS38.4m/s、初速49.0m/s、打ち出し角17.8度、バックスピン量4679.5rpm、サイドスピン-864.6rpm、飛距離163.6y

打感はソリッド系。「RAY V」と同じくNS950GHのSフレックス装着モデルでしたが、なぜか「RAY V」で感じたインパクト時のグニャリ感は感じませんでしたね。ん~、これ、原因なんなんでしょうね!?

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。ROMARO MS BLACK IRON MST3D

弾道的には、高弾道。しっかり球は上がりますね。バックスピン量も「RAY V」とほぼ一緒ですが、飛距離が5yほどMCブラックのほうが飛んでいました。

出球傾向はボクのスイングでドロー系ですが、操作性はそこそこあってガッツリつかまえようと思えばつかまるし、逃がそうと思え逃がせる感じもありましたね。

シャフト挙動と振り感ですが、あのインパクト時のグニャリ感はなく、素直に中調子系の動きでした。このクラブはとにかく振り抜き感がサイコー!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックはHS42~43m/sあたりにオススメですね。見た目はかなりシャープなモデルですが、その実はかなりスイートエリアが広めで、しっかり球も上げてくれるアシスト機能がありますね。その上で操作性も意識しているという、あれも、これも兼ね備えたモデルですね。これ、実際に打てばその実力が体感できると思います。ぜひ、1度打ってみてください!

<ロマロ「RAY MCブラック リブ」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:S20C軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NS950GH」(S=98g/1.7/中調子)、「DG」(S200=129g/1.6/元調子)
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット15万4000円+税、単品(#4、AW)各1本2万5000円+税。