どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「PHYZ」(2016)シリーズを試打できたので、お届けしたいと思います。ボクの記憶が確かならこの「PHYZ」シリーズもこれで4代目となるはずですが、間違っていたらごめんなさいです。今回の「PHYZ」シリーズからフィッティング販売になっているようですが、ゴルフ体験主義ではデフォルトモデルをそのまんま試打しちゃいます!! そんなわけで、まずはドライバーからいってみましょう。

まずは見た目。

ソールデザインはスッキリしたような感じで、イメージ的には先代よりも初代もしくは2代目のイメージに近いかな。デフォルトモデルには、ネック側には6gのウエートが装着されていました。BS PHYZ2016 DR SOLE

フェースはシャローフェースで、形状は先代とほぼ一緒に見えました。違いはミーリング。今回のPHYZにはフェース全面にミーリングが施されていました。BS PHYZ2016 DR FACE

ボディ形状もシャローですね。先代はクラウン&ソールにパワースリットを感じさせる凹みが視認できましたが、今回のPHYZは内部にパワースリットを施し、見た目ではスッキリした感じに変更されていました。BS PHYZ2016 DR SIDE

後ろ姿です。BS PHYZ2016 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。投影面積が大きめで丸形のクラウンは、PHYZの遺伝子でしょう。クラウンの色が先代は黒になっていましたが、初代からのブランドカラーでもあるグリーンに変更となっていました。先代同様、気持ちフックフェースかな!!BS PHYZ2016 DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「PZ-506W」SR-MK装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.5インチ、総重量284g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.4、中調子。BS PHYZ2016 DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じですが、総重量的はかなり軽め。グリップも細めでしたね。45.5インチモデルのわりには、なんか長さを感じてしまいました。ワッグルしてみると、中調子とのことでしたが、ボク的には中間から先にかけて動きそうな気配で、素振りしてみてもやはり同じイメージでした。実際に打ってみると、かなりつかまりがいいですね。ナチュラルボーンフッカーのボクですので、基本的に出球は全てフックとなってしまいました。でも、逆を言えばスライサーにはもってこいってことかもしれませんからね!! リストターンで叩くタイプにはちょっと心許ない気もしましたが、ゆったり振れるボディターンタイプのスライサーには心強い味方になってくれそうな気配を実感出来ました。それから、「激芯」ポイントがあるのか、とんでもなく飛ぶポイントがありました。おそらくフェーススイートエリアの右上だと思うのですが、ここに当たると「あっ!?」と思いますが、とんでもない出球になります。動画の弾道がそれなので、ぜひそちらも確認してください。

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、BS PHYZ2016 DR ST3D

その各球データはこちら。BS PHYZ2016 DR ST

【3球平均】
HS42.7m/s、初速62.0m/s、打ち出し角14.8度、バックスピン量2605.5rpm、サイドスピン-825.6rpm、飛距離238.4y
【ベスト】
HS42.9m/s、初速62.2m/s、打ち出し角14.0度、バックスピン量2782.8rpmm、サイドスピン-647.4rpm、飛距離241.1y

打感はソリッド系かな。弾き感とマイルド感がいい感じに混ざった感じでした。音はやや高めにも感じましたが、違和感ではなかったです。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。BS PHYZ2016 DR MST3D

弾道的に見た目は十分高弾道ですが、それでも打ち出し角16度なんですね。この動画は手応え的に「あっ!?」だったのですが、そのわりにはえげつない弾道でした。音がやや金属的になるのでその違いが分かると思います。スピン量的には前述の3球とこの動画は2700~2900rpmあたりなので、このスペックにしてはなかなかロースピンだと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもさすがにここまでくると、ドローとは言いにくいですね。ということで、フック系でした。つかまりはいいモデルだと思うので、その辺をフィッティングで調整できれば、かなりご機嫌なモデルになりそうな気配でした。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動から。これは前述通り、メーカー的には中調子をうたっていますが、ボクの感化では中先調子といった感じ。先代の記事を読み返すと「手元しなるように感じた」とありますが、今回は逆に感じましたね。SRなので柔らかめなのは覚悟していましたが、そのわりには振っていける感じもありました。ただし、振ると右に抜ける傾向も強まりますけど!! 振り感ですが、これは思って以上に振り抜き感がいい感じでしたね。バランスD1ですが、タメて叩くタイプでも振り遅れなくヘッドがついてくるような感じありました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/s辺りにオススメ。デフォルトモデルを打つ限りでは、ゆったり振れるボディターンタイプで持ち球がスライス系の方にとっては鬼に金棒なんじゃないかと思います。問題は総重量でしょうね。さすがこの重量は今のボクでもかなり軽いので、意図する、しないは別にしても、切り返しで何らかの操作が出来ちゃうというのがネックのように感じました。そういう意味でも、積極的にリスト使うタイプよりも、切り返しであまりリストを使わずプレーンから外れないタイプにオススメですね。なんか先代とは別のテーストで、初代もしくは2代目のイメージに近いかも!?

<ブリヂストンゴルフ「PHYZ(2016)」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9~10▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=Ti811チタン合金、ステンレスネジ フェース= Ti-5Nチタンチタン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):PZ-506W(SR-MK=53g/5.4/中調子、SR-LKR=53g/5.4/先調子、R-MK=48g/5.8/中調子)
■価格:1本7万円+税。ヘッド単体1個4万6000円+税。