どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「PHYZ」(2016)シリーズですが、今日はFWを紹介しましょう。最初に明かしますが、この「PHYZ」でも直打ちできませんでした。FWにはもともと苦手意識のあるボクですが、倒れてからはその時々で打てそうな時もあれば、全く打てそうにない時もあります。調子の波が荒い感じで、実はこの試打した日はあまりいい感じでは無かったと…といったらいいわけかな。でも、ティアップして打つ分には、メッチャいい感じでした!! そんなわけで、いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは、ドライバー同様スッキリした感じに変更ですね。ソール後部にウエートが装着されていて、深重心を意識しているのが視認できると思います。BS PHYZ2016 FW SOLE

フェースはシャローフェースですね。形状的にも先代同様かな。このFWにもフェース面にミーリングが施されていました。BS PHYZ2016 FW FACE

ボディですが、先代よりも若干ですがディープになっていたような気がしました。とはいえ、一般的なFWの中ではシャロータイプ。なんで、これで直打ちできなかったんだろう…って(汗)BS PHYZ2016 FW SIDE

後ろ姿です。BS PHYZ2016 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。先代「PHYZⅢ」に比較すると、クラウン形状が丸形に変更されていたように思います。先代はやや洋ナシ型を意識したような形状だったような気がします。クラウンの投影面積も大きめで打ちやすそうなイメージですが、直打ちは出来ませんでした(汗)BS PHYZ2016 FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「PZ-506F」SR-MK装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量293g、バランスD1。ヘッド体積178cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク5.0、中調子。BS PHYZ2016 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じは、ドライバー同様総重量はかなり軽めでグリップも細めでした。ワッグルしてみると、これまたボク的には中間から先にかけて動きそうな気配で、素振りしてみると長さのせいか、ドライバーほどのしなり感は感じませんでした。直打ちは打てなかったので早々にあきらめてティアップでの試打ですが、実際に打ってみると「オオ~!!」ってな感じでした。何が「オオ~!!」なのか。もうねぇ、弾道がすんごいのよ~! 個人的にはボクが持っているイメージ通りの弾道が、まさかこのPHYZで出るなんて…と書いたら失礼か!! イメージ的にはロースピンの強弾道ですわ! ティアップしてこの弾道が打てるのに、なんで直打ちだと全く芯を食わないのかな!? もはや心理的な問題かも知れませんね。まさか、すでに何かトラウマってるのかなぁ?

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、BS PHYZ2016 FW ST3D

その各球データはこちら。BS PHYZ2016 FW ST

【3球平均】
HS42.8m/s、初速59.3m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量3396.7rpm、サイドスピン-512.8rpm、飛距離225.4y
【ベスト】
HS43.0m/s、初速59.6m/s、打ち出し角14.2度、バックスピン量3571.1rpmm、サイドスピン-51.0rpm、飛距離226.5y

打感は弾き系。ドライバーとは違ってカッチリ感がある感じの弾き感でしたね。でも、音はやや高めで、「チッ」とサスティンが短めで小気味のいい感じの打音でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。BS PHYZ2016 FW MST3D

弾道的には、高弾道ですね。昨日のドライバー弾道とほぼ一緒かな。ってことはロフトを考えれば上がりづらいってことになるかもしれませんが、まぁ、その辺はボクのスイングとの相性あるでしょうからね。スピン量3200~3500rpmと適正な感じですが、最近のモデルではやや多めにも感じました。とはいえ、それでもグングン前にいくイメージなので、結果的には適正なのでしょうね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもドロー系。昨日紹介したドライバーほどつかまりがいいようには感じませんでしたが、その辺はヘッドとシャフトのマッチングやバランスとかも影響しているのかもしれませんね。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動から。メーカー的には中調子をうたっていますが、ボクの感覚では中間から先がやや動くような感じの中先調子イメージでした。でも、長さのせいかドライバーほどしなるイメージは無く、ティアップして打つ分にはボクのスイングでもちょうどいい感じ。この辺は前述通りヘッドとのマッチングもあるかもしれません。振り感ですが、バランスがD1とドライバーと同じにしては、ボクのような叩くタイプでもいい感じに振り抜けました。振り感はかなりいい感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/s辺りにオススメ。ティアップして打つ分にはボクのようなリスターンのヒッタータイプでも十分使えそうな気配ですが、やはりボディターンタイプで持ち球がスライス系の方向けでしょうね。総重量的には軽めなモデルなので、ボクのような切り返しでリストを使ってしまうタイプだと、ティアップして打つ分には問題ないかもしれませんが、直打ちだとちょっと厳しいかもしれません。それにしても、この飛距離で左右曲がり幅もこの程度なら、短いホールや左右が狭めのホールのティショットに良さそうですね。

<ブリヂストンゴルフ「PHYZ(2016)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=SUS630、ステンレスネジ フェース= (3~5W)ハイパーステンレス455、(7W、9W)SUS630ステンレス
■ロフトバリエーション:3W=15度、4W=17度、5W=19度、7W=21度、9W=23度
■シャフト(重量/トルク/調子):PZ-506F(SR-MK=58g/5.0/中調子、SR-LK=58g/5.0/先調子、R-MK=50g/5.5/中調子)
■価格:1本4万円+税。ヘッド単体1個1万9000円+税。