どーもです。

連日紹介してきたブリヂストンゴルフのニューモデル「PHYZ」(2016)シリーズですが、いよいよ今日紹介するアイアンで終了となります。これも先にいっておきますが、この日ウッド系はまだ良かったのですが、アイアンが全く当たらないというゴルフ体験主義史上最悪の状態でした。そんな中での試打レポですが、良かったら見てやってください。最後なので、シリーズ総括も行います。では、いってみましょう。

まずは見た目。

構造的にはポケットキャビティですが、ディープアンダーカットキャビティのようです。先代同様360度パワースリットも継承され、今回のモデルにはL字カップフェースも採用されているようです。バックフェースには、インパクト時の振動を抑えるターボラバーも採用でした。BS PHYZ2016 IRON BACK

フェースはラージフェースかな。ボクは大きめに感じました。形状的にはネック側の縦幅がやや低くなって、トゥが立っているようなイメージになっていました。BS PHYZ2016 IRON FACE

ソール幅はやや広めなセミワイドソールといった感じかな。BS PHYZ2016 IRON SOLE

ネックはグースネックでした。ボディ的にも低・深重心を意識したような形状に見えました。BS PHYZ2016 IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。先代よりもトップラインの厚みが感じられないような見た目になっていました。先代のトップラインはかなり角張ったイメージがありましが、今回のPHYZは丸みがあったように感じました。BS PHYZ2016 IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO Zelos8」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量395g、バランスD1。シャフトスペックは、重量87.5g、トルク2.2、先調子。BS PHYZ2016 IRON SHAFT1

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じは、総重量的には軽めでグリップも細め。「PHYZ2016」シリーズ通して統一感がありました。ワッグルしてみると、スチールでも若干しなりが大きそうなイメージで、素振りしてみたイメージも一緒でした。実際に打ってみると、弾道的にはロフト角29度を考えれば高弾道ですね。ボクのXフォージド(2013)なら#6のロフトですが、それに比べれば打ちやすさもあると思います。って、PHYZとXフォージドを比較するのもなんですが…(汗) 性格的にはオートマチック系アイアンのはずですが、ボクのスイングに合わないのか、なぜか芯を食うのが10球に1球くらいの確率でした。ボクは総重量的には軽いことを疑っていますが、クラブとボクのスイングの相性も良くなかったのかもしれませんし、この日の調子も良くなかったということもあるかもしれません。

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、BS PHYZ2016 IRON S ST3D

その各球データはこちら。BS PHYZ2016 IRON S ST

【3球平均】
HS38.8m/s、初速49.4m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量5932.6rpm、サイドスピン-336.0rpm、飛距離164.3y
【ベスト】
HS38.9m/s、初速49.6m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量4762.5rpmm、サイドスピン-340.8rpm、飛距離166.1y

打感は弾き系だと思います。スイートエリアが広めなのか、よほど芯を外さない限り打感は変わらないように感じましたが、打音は別。芯を食った時は「チッ!」とサスティンが短めな音なので、これで判断していました。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。BS PHYZ2016 IRON S MST3D

弾道的にはロフトを考えれば高弾道。結果的にはいい感じでしたが、スカイトラックには「ボール位置が近い」という赤文字が…。この日アイアンをダウンブローに打ち込んでいくいつもショットを意識すると、必ずこの赤文字が出てしまうのでした。最終的はギブアップしてしまい、そのままアップですわ! いつもと同じように打っていて、3球平均の方は問題無いのに、なんで動画の時だけ…(涙)

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。フェースの開閉を抑え気味にした方が良さそうな感じで、重心距離が長めなので1度フェースが開いてしまうと、そのまま右にドーンという感じでした。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動から。このZelos8を打つのは久し振りですが、結果的にこのシャフトが挿さったクラブとボクのスイングとの相性がイマイチだったのではないかと思います。というのは、若干シャフトのヨレ感というか捻れ感を感じてしまったのと、ちょっとヘッドが暴れるような感じもありました。これはボクのスイングの切り返しの間の問題が大きいと思いますが、先調子系が最近流行っていますが、先調子系シャフトの難しさを改めて体験することになってしまいました。

続いて、カーボンシャフト「PZ-506i」SR-MK装着モデルの#7です。こちらのスペックは、ロフト角、ライ角は一緒で、長さ37.25インチ、総重量368g、バランスD0。シャフトスペックは、重量59g、トルク3.8、中調子。BS PHYZ2016 IRON SHAFT2

持ってみた感覚は総重量的にはかなり軽めで、グリップはスチールシャフとモデルと同じ感じで細めでした。ワッグルしてみた感覚ですが、バランスが軽めなせいか、スチールシャフトモデルほどしなり感が無く、「んっ!? こっちのほうが振りやすそう」ってな感じで、素振りしてみても、カーボンシャフトモデルのほうが素直に振れるイメージでした。実際に打ってみると、出球傾向こそほぼ一緒の結果でしたが、であればフィーリングがいいカーボンシャフトモデルに振りやすさ、打ちやすさを感じてしまいます。素直に振れるイメージでしたが、スカイトラックデータでは結果的にこちらでも「ボール位置が近い」警告がでてしまいました。

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、BS PHYZ2016 IRON C ST3D

その各球データはこちら。BS PHYZ2016 IRON C ST

【3球平均】
HS39.0m/s、初速49.6m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量5108.8rpm、サイドスピン-194.6rpm、飛距離163.9y
【ベスト】
HS39.1m/s、初速49.8m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量4886.5rpmm、サイドスピン-139.7rpm、飛距離165.6y

打感は弾き系ですね。基本的にスチールシャフト装着モデルとほぼ一緒ですが、若干パキとした乾燥感があったようにも感じました。比較するとしたら、スチールシャフトモデルは若干粘り感があったようにも感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。BS PHYZ2016 IRON C MST3D

弾道的には、スチールシャフトモデルとほぼ変わらない感じの高弾道。通常カーボンシャフトの方が、スピン量が増える傾向ですが、今回はカーボンシャフトモデルのほうが、スピン量が減っているという珍しい現象が発生!! これもスイングとの相性なのでしょうけど。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。右に抜ける傾向もスチールシャフトモデルとほぼ一緒でした。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動。スチールシャフトモデルよりも0.25インチ長めですが、それでもしなり方は全く別モノでした。スチールシャフトで感じた先がしなる感じやヨレ感や捻れ感は全くなく、クセがなくニュートラルにしなる感じでした。ボクのスイングとの相性は、カーボンシャフトモデルのほうが良さそうなイメージ。振り抜きもかなりいい感じでしたが、いかんせん総重量が軽いのがネックかな。

今回ボクが試打した限りでは、スチールシャフトでHS40~42m/s、カーボンシャフト38~40m/s辺りにオススメかな。イメージ的にはオートマチック系アイアンで、ターゲットはボディターンタイプのスライサーでしょう。でも、個人的にはスチールシャフトモデルよりも、カーボンシャフトモデルのほうがグッドイメージでした。多分にボクのスイングとの相性もあると思いますが、振り感がニュートラルで素直な感じした。でも、重量的にはかなり軽めなので、手打ちタイプにはオススメ出来ないモデルかもしれませんね。

「PHYZ2016」シリーズですが、基本的な性格はオートマチック系ですね。総重量的が全体的に軽めなので、切り返しで暴れないタイプにオススメかな。今回試打させてもらった印象としては、前作「PHYZⅢ」よりも初代「PHYZ」、2代目「NEW PHYZ」に戻ったような印象でした。前作「PHYZⅢ」は50歳代の使用も視野にいれて若干ハードめな味付けにしていたと記憶していますが、その辺は「JGR」でカバーしようという意図もあったのではないかと邪推しちゃいました。ボク的には、よりターゲット層がハッキリしたように感じました。

<ブリヂストンゴルフ「PHYZ(2016)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9 ※スチールシャフト、カーボンシャフト装着モデルいずれも同様
■ヘッド:(#5~7)ボディ=ソフトステンレス、ターボラバー、フェース=AM355(#8~SW)ソフトステンレス、ターボラバー
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO Zelos8」(S=87g/2.2、R=84g/2.3/先調子)。カーボンシャフト「PZ-506i」(SR-MK=59g/3.8/中調子、SR-LK=59g/3.7/先調子、R-MK=51g/4.2中調子)。
■価格:スチールシャフト5本(#6~PW)セット9万5000円+税、単品(#5、PS、SW)各1本1万9000円+税。カーボンシャフト5本セット11万円+税、単品各1本2万2000円+税。ヘッド単体1個1万2000円+税。