どーもです。

本間ゴルフのニューモデル「TW-BM」アイアンを試打できました。このアイアンは、谷原秀人プロの要望に応える形で生まれたアイアンのようです。見た目は完全なマッスルバックですが、どうやら「TW727M」よりはやや大きめのようです。しかも、デフォルトモデルでカーボンシャフト「VIZARD IB95」Sフレックス装着となっていました。問題はボクでも打てるのかってことですね。では、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

見た目はザ・マッスルバックですね。TW-727Mとの違いですが、ややトゥ・ヒール方向に長めなのと、ややトゥが立っているようにも見えました。HONMA TW-BM BACK

フェースはコンパクトですが、やはりトゥが若干立っているようですね。ネック側の縦幅が気持ち狭めにも感じました。HONMA TW-BM FACE

ソール幅はTW-727Mよりも気持ち狭めでした。リーディングエッジも気持ち削られているような感じで、打ち込んでの抜けの良さを意識したモデルのようにも感じました。HONMA TW-BM SOLE

このTW-BMアイアンのほうが、TW-727Mよりも顔はやや大きめですかね。この辺が谷原プロのこだわりなんですかね!!HONMA TW-BM SIDE

構えているとこんな感じ。見た目はザ・マッスルバック!! トップブレードも薄めで、見た目はやはり厳しそうな印象しかなかったです(汗)HONMA TW-BM TOP

今回試打したのは、カーボンシャフト「VIZARD IB95」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角62度、長さ37.125インチ、総重量419g、バランスD1。シャフトスペックは、重量94g、トルク2.8、手元調子。HONMA TW-BM SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めでしたね。バランスもやや軽めでしたが、振り遅れることかく振り切れそうなイメージでした。グリップはいい感じの太さでした。体重を掛けてシャフトをしならせてみると、中間よりやや手元側が1番しなるような感じで、素振りしてみるとバランスが軽めなせいかシャープに振り切れそうなイメージでした。実際に打ってみると、想像していたほどどうにもならないイメージはなく、レンジで打つ分にはボクでも何とかなるんじゃないかと思っちゃう感じでした。いいスイングをすればそのまま結果に結びつきますが、多少ミスヒットしてもクラブがなんとかしてくれるイメージもありました。とはいえ操作性が高く、スイング通りの出球になるので、スイングのミスにはシビアな面もあったように感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、HONMA TW-BM ST3D

その各球データがこちら。HONMA TW-BM ST

【3球平均】
HS38.4m/s、初速49.0m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量5006.4rpm、サイドスピン-719.5rpm、飛距離160.5y
【ベスト】
HS38.8m/s、初速49.4m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量5010.6rpm、サイドスピン-793.9rpm、飛距離161.3y

打感はソリッド系。吸い付くような柔らかさを意識していたので、このやや弾き感もある感じでのソリッド系の打感は意外でしたね。音はパシャっとシャッター音でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。HONMA TW-BM MST3D

弾道的には高弾道ですが、この辺は打ち分けもできますね。普通に打つ分にはしっかり球も上がりますが、低く抑えようと思えばボクでもやや低めには抑えられました。バックスピン量はロフトを考えれば適正なようにも感じましたが、この辺もおそらくコントロールできそうなんじゃないかと感じました。

出球傾向ですが、これはもうスイング通りですね。ボクのスイングでではドロー系でしたが、スイングにはリニアに反応するので、ボクレベルでは意図しない逆球が出ちゃう危険性があるのも確かな事実でした。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動。これは切り返しからダウンにかけて、手元が若干しなる感じでした。先端は思った以上にしっかり感があって、バランスが気持ち軽めなのと相まって、かなりシャープに振り切れるイメージでしたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS45m/sは欲しい感じでしたね。重量的には、スチールシャフトでDGS200あたりを使っている人向けですかね。マッスルバックにしては多少のミスヒットはクラブがカバーしてくれる寛容性もあるようにも感じましたが、基本的には操作性が高いモデルなので、球筋を操りたい上級者向けなのは間違いないでしょうね。スイングが安定していないと、想定外の逆球が出ちゃうシビアさもありますね。まぁ、谷原プロの要求に応えたモデルなのでそれも納得。レンジでは打てそうな気配を感じましたが、プレッシャーがかかる実際のラウンドではちょっとムリかな・・・(汗)

<本間ゴルフ「TW-BM」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「VIZARD IB95」(S=94g/2.8/手元調子)※番手別フローでスペックは#7
■価格: 6本(#5~PW)セット15万6000円+税、単品(#4)1本2万6000円+税。