どーもです。

ツアーエッジのニューモデル「EXOTICS EX9」シリーズを試打できましたので、レポしたいと思います。「EXOTICS EX9」シリーズはツアーモデルもラインアップされていますが、今回はデフォルトモデルのみの試打で、後日改めてツアーモデルは試打の上レポしたいと思います。まずはドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。

ブラックボディに赤のワンポントが精かんな見た目ですね。ソールのフェース側にミゾがありますが、これは「FSIパワーグリッド」というネーミングでした。たわんで打ち出し角を上げるのかと思いきや、「フェース近くの重量を軽減することで重心位置をより深くし、打ち出し角を高くする」との事でした。ウエートがこの位置にあるということは、つかまりを意識しているということでしょうね。TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR SOLE

フェースはシャローに見えます。フェース下部のラインが特徴的かな!?TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR FACE

ボディはシャロー気味ですね。クラウン後部がキュッとヒップアップしていますが、これは空力を意識してのようです。TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR SIDE

後ろ姿です。TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの形状が後方に長めに見ますが、投影面積は大きめですね。見た目は安心感のある形状でした。TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「EXOTICS PRO62」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角はNポジションで58度、長さ44.75インチ、総重量316g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量62g、トルク4.5、中元調子。TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはいい感じかな。バット径が太めなのか、グリップはやや太めに感じました。体重をかけてシャフトをしならせてみると、結構しっかりした感じで、中間がしなるような感じ。素振りしてみると、ややヘッドが遅れてくるような感じがあったかもしれません。実際に打ってみると、フッカーのボクがフェード系を連発!! ひどいときはプッシュアウトからのスライスで、打っている自分が「ええっ~!!」でした。それから、かなりのロースピンモデルですね!! 若干ドロップしちゃっている感じもありましたが、キッチリ芯を食えばかなりロースピンで弾丸ライナー系の強弾道が楽しめるモデルだと思います。ここ最近のモデルの中ではかなりエッジのきいたモデルに感じましたが、これはデフォルトモデルですからね。ツアーモデルは一体どうなっちゃうだろう・・・とか、思っちゃいました。

スカイトラックデータはこんな感じで、TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR ST3D

その各球データはこちら。TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR ST

【3球平均】
HS42.7m/s、初速60.1m/s、打ち出し角14.0度、バックスピン量2382.8rpm、サイドスピン81.7rpm、226.9y
【ベスト】
HS43.2m/s、初速59.9m/s、打ち出し角14.4度、バックスピン量2377.1rpm、サイドスピン136.0rpm、飛距離229.5y

打感は弾き系。かなり弾き感は強めに感じましたが、パキッとした乾燥感のある感じでした。音もやや高めだったかな。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。TOUR EDGE EXOTICS EX9 DR MST3D

弾道的には、やや高めの中弾道。見てもらうとわかると思いますが、上がりきらずに若干ドロップしているようにも見えますよね。2116rpmはでドロップすることも無いと思いますが、なんかそんな感じにも見えるんですよね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでフェード系。これはおそらく手打ち系のボクのスイングとクラブの相性だと思います。

シャフト挙動と振り感ですが、まずはシャフト挙動。スペック的には中元調子とありましたが、ボクが振った感覚は元調子系の印象でしたね。切り返しからダウンに掛けて手元がしなる感じで、若干ヘッドが遅れてくるようなイメージもありました。この挙動に加え、気持ちグリップも太めなので、ボクのスイングでもフェード系だったんじゃないかと推測しています。振り感は悪くないのですが、出球がねぇ~(汗)

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/sは欲しい感じですかね。かなりハードなイメージですね。ロフト10度でも球が上がりきらない感じで、ホンモノヒッターが左を気にせず叩けるモデルかもしれません。前にも書いていますが、これがデフォルトモデルって、ツアーモデルはどうなっちゃうんだろうねぇ!!

<ツアーエッジ「EXOTICS EX9」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「EXOTICS PRO62」(S=62g/4.5/中元調子)、「EXOTICS PRO57」(R=57g/4.0/中元調子)
■価格:1本5万8000円+税