どーもです。

キャスコ「ビッグスーパーハイテン TARO」シリーズですが、いよいよ今日紹介するアイアンでシメになります。見た目的にはなかなかトップブレードが薄めで、結構シビアそうなイメージもありましたが、実際はどんな感じなのでしょうか。そして、ボクなりのシリーズ総括もしてみたいと思います。では、いってみましょう!

まずは見た目から。

構造的にはキャビティアイアンですが、これはボディとフェースが別々の2ピース構造のようで、360度キャビティアイアンといった感じかな。トゥ・ネック側にボリュームがあるので、高慣性モーメントモデルでしょうね。KASCO TARO IRON BACK

フェースはラージフェースですね。ネック側がかなりキュッと絞られているので、トゥがかなり立っているような印象も受けます。このアイアンも形状的には特徴がありますね。KASCO TARO IRON FACE

ソールは適度な幅が確保されていると思います。トゥ・ヒール側のボリュームはこうしてみてもかなり確保されていました。KASCO TARO IRON SOLE

ネックはセミグース。かなりボリュームがある形状ですな!KASCO TARO IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。これ、構えてみるとかなりトップブレードが薄めに感じましたが、よく見るとトップブレードの真ん中にスッとホワイトラインが引かれていたのですね!! この影響もあったのかな!? やはりトゥがかなり立っているような印象を受けます。つかまりは相当良さそうなイメージでした。KASCO TARO IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角31度、ライ角61.5度、長さ37インチ、総重量410g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.9、中調子。KASCO TARO IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めでグリップも細め。アイアンも含め首尾一貫でした。体重をかけてシャフトをしならせてみると、中間がしなる感じ。素振りしてみるとシャープに振り抜けそうなイメージですが、気になるのはインパクト時のグニャリ感ですね。実際に打ってみると、見た目のシビアさにちょっとビビリ気味でしたが、ドルフィンアイアン並みの打ちやすさでした。クラブがオートマチックに球を上げてくれると同時に球をつかまえてくれる上に、ミスヒットの寛容性も高かったですね。ボクにはややつかまりがいいイメージでしたが、その辺を意識してフェースを返さないように打てばほぼストレートの弾道が得られました。それから、ドルフィンアイアンで感じたインパクト時のグニャリ感ですが、このTAROアイアンでは気持ち感じましたが、ドルフィンアイアンほどでな無かったです。一体原因は何なんでしょうね…!?

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、KASCO TARO IRON ST3D

その各球データはこちら。KASCO TARO IRON ST

【3球平均】
HS37.6m/s、初速48.0m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量4753.7rpm、サイドスピン-593.6rpm、飛距離160.4y
【ベスト】
HS37.8m/s、初速48.3m/s、打ち出し角18.7度、バックスピン量4592.5rpm、サイドスピン-525.2rpm、飛距離162.7y

打感はソリッド系かな。弾き感と柔らかさがいい感じのブレンドされたような感じですが、もしかしたらその柔らかさはシャフトのグニャリ感だったのかもしれません。音はやや高めだったかな!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。KASCO TARO IRON MST3D

弾道的には高弾道。クラブがしっかり球を上げてくれるイメージでした。ドルフィンアイアンよりも1度寝ていますが、ドルフィンアイアンよりはスピン量がやや多めにも感じました。でも、一般的にみれば適正かな!?

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。オートマチックにつかまるイメージですが、その辺を意識してフェースを返さないように打てる感じもあって、その辺がうまくいけばほぼストレートですが、うまくいかないとプッシュアウトでした。

シャフト挙動はニュートラルで、NSPRO特有のインパクト時のグニャリ感はそれほど感じなかったかな。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメですね。このアイアンも、昨日紹介したアイティリティ(IT)同様かなりオートマチックテーストで、ミスヒットの寛容性はIT以上にも感じました。ボディターンタイプの払い打ちで、持ち球的がスライス系の人にオススメのクラブといえるでしょう。でも、なんで見た目あんなシビアそうにしてるいのかな…って思っちゃいました。最近トップブレードが薄めなモデルが絶滅危惧種となりつつある中、これだけオートマチックテーストなのになぜあの見た目なのか。ナゾでしたわ~!!

最後にシリーズ総括ですが、全体的にボディターンタイプの払い打ち系スイングで持ち球はフェードおよびスライスの人にオススメのシリーズでしょうね。総重量的にはやや軽めでもあるので、ゆったり振れるタイプのほうが合いそうだと思います。その中でもドライバー&FWは、ボクレベルのヒッターなら十分使えそうなイメージありましたが、IT&アイアンはよりオートマチック系でボクにはちょっとつかまりがいい感じもしました。まぁ、この辺はボクのスイングの問題もあると思いますが、アイアンの流れで打つことを重視して、ウッド系のUTではなくITを採用しているのかもしれませんね。

<キャスコ「ビッグスーパーハイテンTARO」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:スーパーハイテン、SUS630
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.9、R=95g/2.0/中調子)。カーボンシャフト「TR-14I」(S=59g/3.6、R=49g/4.3/中調子)
■価格:スチールシャフト装着モデル各1本2万円+税、カーボンシャフト装着モデル各1本2万4000円+税。