どーもです。

昨日に引き続き、今日はPRGRのニューモデル「スーパーeggスプーン」をお届けしたいと思います。禁断の高反発モデルですが、思い返してみると「スーパーegg」シリーズにFW、UTはラインアップされていませんでしたよね。もともとぶっ飛びだったeggスプーンが高反発となれば、その飛びに期待は高まりますよね。とはいえ、今回もスカイトラックデータには疑問が残りますが、GST-3Bのデータにも「んっ!?」となり、結果「ボクの問題か!?」と頭の中は「???」のオンパレード。そんな感じの試打ですが、お付き合い下さい。

まずは見た目から。

若干小振りなヘッドですね。デザイン的にはなんか精かんな感じ!!PRGR SUPER egg SPOON SOLE

フェースですが、赤エッグスプーンに比較しても若干ディープ気味かなと…PRGR SUPER egg SPOON FACE

エッグスプーンといえば、クラウンをカパッと取ってしまったような形状が特徴でしたが、この高反発モデルはしっかりクラウンが残っていました。PRGR SUPER egg SPOON SIDE

後ろ姿です。PRGR SUPER egg SPOON BACK

構えてみるとこんな感じ。ふ、普通のスプーンですね(汗) 若干小振りで、ディープフェースな分難しそうな印象も受けてしまいました。それにしても、eggスプーンらしくない仕上がりですね。PRGR SUPER egg SPOON TOP

今回試打したのは、専用開発オリジナルカーボンシャフト「FORCE OF egg original flex」 M-40(SR相当)装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角60度、長さ43インチ、総重量304g、バランスD0。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量48g、トルク6.2、元調子。PRGR SUPER egg SPOON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的には軽め。グリップも細めでしたが、昨日の長尺ドライバーを打った後のせいか、シャフトが短めに感じました。まるで、UTを振っているような感覚でした。シャフトをしならせてみると、ドライバー同様手元から全体的にしなる感じでしたが、やはり1番しなっていたのは中間からやや先あたりでしたね。素振りしてみると、ドライバーの後という影響か切り返しでヘッド重量をあまり感じられなかったかも・・・。実際に打ってみると、見た目の弾道的には文句なし。球はしっかり上がるし、つかまりもいい感じでしたが、実際にはオープンフェースなんですね!! これは意外でしたわ~! でも、スカイトラックデータに納得できず、昨日のドライバーに続きこのFWもGST-3Bで同一弾道を計測すると結果はこんな感じした。PRGR SUPER egg SPOON DATE

ロフト16度とはいえ3Wで195yのスカイトラックデータにも「?」ですが、GST-3Bのデータ的にも208yって・・・。もしかして、自分のスイングのせいなのかな!? なんか、自信なくなるなぁ~(涙) ※メートル表示になっていました!!

今回も納得できていませんが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで、PRGR SUPER egg SPOON ST3D

その各球データはこちら。PRGR SUPER egg SPOON ST

【3球平均】
HS42.3m/s、初速58.7m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量3363.0rpm、サイドスピン-101.0rpm、飛距離204.1m(223.2y)
【ベスト】
HS42.6m/s、初速59.2m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量3452.0rpm、サイドスピン49.3rpm、207.2m(226.5y)

打感は弾き系で、ちょっとパキッとした感じ。ドライバーとは別物ですが、eggスプーンの打感ですね。音も若干高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じPRGR SUPER egg SPOON MST3D

弾道的には高弾道! 球はしっかりクラブが上げてくれるイメージで、見た目的にはややスピン量多めにも感じましたが、それでも弾道的には前に行く強弾道でしたね!※199m=217.7y

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。フェースがややオープン気味な影響もあるかもしれませんが、若干フェード系が出やすいような印象もありましたが、決してスライスではなくあくまでもほぼストレートでややフェードってな感じでしたね。

シャフト挙動ですが、ドライバー同様M-40はSR相当ですが若干柔らかめでしたね。手元から全体がしなる感じですが、43インチと長さのせいかドライバーほどしなる感じはなく、中調子系の動きっぽい感じでした。

振り感は、ボク的には切り返しでヘッド重量を感じにくいのが違和感といえば違和感だったかな。総重量的に軽めなのと相まって、切り返しから手打ちになりやすいので、ゆったり振れるボディターンタイプの方が向いているかもしれませんね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにオススメです。フェースがややオープン気味でしたが、それでもボディターンの払い打ちタイプのほうが合いそうな気配でしたね。ドライバーとはなんか振り感も性格も違うイメージでしたが、やはり高反発モデルである以上、1yでも前にというレジャーゴルファー向けでしょう。これまで越えていたバンカーが越えなくなってゴルフがつまらなくなったとか、年齢による飛距離ダウンに悩みを抱える人がゴルフを諦めないためのクラブといえるでしょう。

それにしてもスカイトラックデータ、大丈夫か!?

<PRGR「スーパーeggスプーン」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=マレージング鋼(AM355P)、フェース=マレージング鋼(C300)
■シャフト(重量/トルク/調子):「FORCE OF egg original flex」(M-40=48g/4.2、M-37=47g、M-35=45 g/6.3/元調子)
■価格:1本7万2000円+税