どーもです。

タイトリスト「VG3(2016)」シリーズですが、お待たせしました! 週末を挟んでの更新になってしまいましたが、今日からはアイアンを紹介しましょう。今回のVG3アイアンにもデフォルトタイプのアイアンと明日紹介する「タイプD」の2モデルがラインアップされています。ボクが回ったゴルフショップにはデフォルトタイプもタイプDも店頭にはありませんでしたが、それでも紹介しておきましょう。

まずは見た目から。

先代「NEW VG3」アイアンはポケキャビでディープアンダーカット構造だった思います。ニューモデルVG3はディープアンダーカット構造でしたが、見た目はキャビティっぽい形状でした。バックフェース打点部分は肉厚になっているので、これは打感を意識してでしょうね。TITLEIST VG3 IRON BACK

フェースはやや面長で、先代よりもほんの少しだけ重心距離が長くなったようにも感じます。TITLEIST VG3 IRON FACE

ソール幅はセミワイドかな!? リーディングエッジも削られているので、これは払い打ちで滑ってくれるのを意識してでしょうね。ツヤ消し部分はタングステンウエートでしょう。かなり低重心&高慣性モーメントを意識したモデルということでしょう。TITLEIST VG3 IRON SOLE

ネックはセミグースでした。TITLEIST VG3 IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。結構小顔系に見えますが、やっぱりやや面長な印象もありますね。ネックからトップラインへのつながりが流麗な感じで好印象!!TITLEIST VG3 IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量416g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.9、中調子。TITLEIST VG3 IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、ボクにはやや軽めで、グリップもやや細めに感じました。シャフトをしならせてみると中間がしなる感じで、素振りしてみると切り返しでヘッドが感じられないイメージもありましたが、まぁ、ボクのように切り返し速めのタイプには振り遅れの心配も不要なイメージでした。実際に打ってみると、ドライバー同様シャープに振れるイメージでしたね。ややオートマチックにつかまるイメージもありましたが、それでもボクのスイングでもかなりいい感じのドロー系の球を連発!!  ボクのスイングでも、弾道がそろうのがいいですね!! シャフトですが、NSはインパクト時のグニャリ感が気になるところですが、このVG3アイアンとは相性がいいのか、それほど感じませんでした。

スカイトラック弾道データはこんな感じでTITLEIST VG3 IRON ST3D

その各球データはこちら。TITLEIST VG3 IRON ST

【3球平均】
HS39.4m/s、初速50.6m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量5379.3rpm、サイドスピン-901.1rpm、飛距離151.5m(165.6y)
【ベスト】
HS39.3m/s、初速50.4m/s、打ち出し角16.0度、バックスピン量5191.0rpmm、サイドスピン-898.7rpm、飛距離152.2m(166.4y)

打感はソリッド系ですがやや柔らかさが勝っていたようにも感じましたね。音もチッとサスティンが短めの小気味の良い感じでした。

弾道はこんな感じですが、今回もカメラフォーカスを自動追尾にしていました。

そのスカイトラックデータがこちら。TITLEIST VG3 IRON MST3D

弾道的には高弾道。球はしっかりクラブが上げてくれる感じですが、スピン量はやや多めかな。これはもしかしたらレンジボールが劣化しているのかもしれませんけど・・・とか、ボールのせいにしてみたりして(汗)※152.2m=166.4y

出球傾向ですが、ボクのスイングでいい感じのドロー系。オートマチックにつかまる感じでした。

シャフト挙動はクセがなくニュートラルな感じで、それだけにヘッドの性格が問われそうな感じもしました。振り感は切り返しでヘッド重量がそれほど感じないので、切り返しが速めの人でも振り遅れはなさそうですね。でも、総重量が軽めなので意図しない操作ができちゃいそうな感じがあったのも否めないかな!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメかな。バランスD1とやや軽めなので、切り返しが速めな人にもいいかもしれませんが、前述通り総重量は軽めなので、やはりHS的には42~43m/sあたりがオススメですかね。オートマチックにつかまるイメージなので、これはボディターンのフェードヒッター向けですかね。見た目は若干シャープさがありますが、実際にはオートマチック系のテーストが強いモデルでした。

<タイトリスト「VG3(2016)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:S45C、(#4~#7)タングステン・ニッケルウエート
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」(S200=132~105g/1.4~1.8/手元調子)、「NSPRO950GH」(S=98g/1.9/中調子)。カーボンシャフト「タイトリストVGI」(S=64g/3.1/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット13万2000円+税、単品(#4)1本2万2000円+税。カーボンシャフト装着モデル6本セット14万4000円+税、単品1本2万4000円+税。
■備考:右用のみ