どーもです。

2016年8月26日発売予定のPRGRニューモデル「RS」シリーズですが、今日紹介するのは「RSドライバーF」です。この「RSドライバーF」はボディ形状から判断すれば「iDナブラRS01」ドライバーの流れを汲むモデルに見えますね。昨日書いた「RSドライバー」と「RSドライバーF」の差がよりハッキリしたと感じましたので、その辺をレポできればと思います。

まずは、見た目からいっていましょう。

ヘッド自体は昨日紹介した「RS」ドライバーと同じ460cm3ですが、3gのウエート位置がかなりトゥ側にされているのが視認できると思います。これは重心距離が長めで、左を気にせず叩けるモデルということを意識させてくれると思います。PRGR RS DR F SOLE

フェースは「RS」ドライバーに比較すると、トップラインの丸みが気持ち強調されているようにも感じました。PRGR RS DR F FACE

ボディは「iDナブラRS01」に比較するとややシャローでしたね。PRGR RS DR F SIDE

後ろ姿ですが、「RS」ドライバーの後部ウエートよりも若干ネック側に配置されていました。PRGR RS DR F BACK

構えてみるとこんな感じ。昨日のRSドライバーと似たような形状ですが、こうしてみるとかなり逃げ顔に見えました。確認してみると3.5度オープンなんだとか!!PRGR RS DR F TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「RS」M-43装着モデル。弾道調整システム付きでしたが、こちらも今回試打したのはノーマルポジション。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角56度、長さ45.25インチ、総重量307g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.6、中調子。PRGR RS DR F SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚は、昨日の「RS」ドライバー同様総重量的にはやや軽めでした。グリップは、ボクにはちょうどいい感じの太さでしたね。シャフトはてっきり同じモノかと思っていましたが、しならせてみると中間が1番しなるのは同じような感じでしたが、RSに対してやや先が硬めな印象もありましたね。ボク的はメーカー表記通りの中調子かなと思いました。実際に打ってみると、この「RSドライバーF」もしっかりクラブが球を上げてくれる印象でしたが、「RS」ドライバーと確実に性格分けされていると感じたのはフェード系が打ちやすい・・・というか、おそらくヒッタータイプが左を気にせずに叩ける1本なんじゃないかと感じました。見た目で逃げ顔感はありましたが、フェースアングルは3.5度オープン。実際に打ってみれば分かりますが、さすがに若干擦るようなイメージもありました。「RSドライバーF」の「F」は「Fade」(フェード)の「F」なんですね!!

スカイトラックによる弾道データはこんな感じでPRGR RS DR F ST3D

その各球データはこちらでした。PRGR RS DR F ST

【3球平均】
HS43.1m/s、初速62.6m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量2807.5rpm、サイドスピン-127.0rpm、飛距離223.7m(244.6y)
【ベスト】
HS43.0m/s、初速62.3m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量2737.8rpm、サイドスピン39.1rpm、飛距離225.6m(246.7y)

打感はRS同様かなりのマイルド系。分厚いインパクトで、ボールのつぶれ感とフェースの乗り感を存分に感じられるモデルですね。しかも打音はやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。PRGR RS DR F MST3D

弾道は高弾道。クラブがガッツリ球を上げてくれますね。バックスピンはかなり少なめな印象でした。ここはスカイトラックデータと一致ですが、サイドスピン的にはフェード系にも関わらずドロー系表示。なんだかなぁ~ってな感じでしたね。※224.9m=245.9y

出球傾向ですが、ボクのスイングでもフェード系。フェースアングルが3.5度オープンですが、実際に打ってみると結構つかまったフェード系、いわゆるパワーフェードが打ちやすいように感じました。

シャフト挙動ですが、中間がしなる感じは昨日のRSドライバーに採用されたシャフトと一緒ですが、ボクの感覚では中間から先の剛性が気持ち高めに感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメですね。今回の試打で確実にいえるのは、「RS」ドライバーよりも左を気にせずに叩けること。「RS」ドライバーは使い手を選ばないフトコロの深さを感じましたが、この「RSドライバーF」はヒッタータイプが左を気にせず叩ける1本だと思います。

ドライバーについては、「iDナブラRS01」がヘッド体積も小さく叩けるモデルで、「iDナブラRS02」はMAXヘッドでより扱いやすいモデルでした。今回の「RS」ドライバーは同ヘッド体積にして打ちやすさを強調しつつ、ドロー系が打ちやすい「RS」ドライバー、フェード系が打ちやすい「RSドライバーF」と、よりわかりやすくなっていました。

<PRGR「RSドライバーF」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1MOL)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)、ウエート8g=ステンレス(SUS630)3g=チタン(Ti-6AL-4V)
■シャフト(重量/トルク/調子):「RS M-46」(SX=59g/4.1/中調子)、「同M-43」(S=55g/4.6/中調子)、「同M-40」(SR=48g/5.0/中調子)、「同M-37」(R=45g/5.6/中調子)
■価格:1本8万円+税