どーもです。

2016年8月26日発売予定のPRGRニューモデル「RS」シリーズですが、今日はFWを紹介しましょう。「iDナブラRS」FWも相当打ちやすいモデルでしたが、今回の「RS」FWもかなり打ちやすいモデルになっていますね。しかも、ぶっ飛びでしたわ~!! それがスカイトラックでほ伝わりにくいのが残念ですが、ぜひ弾道動画をご確認下さい!

まずは、見た目からいっていましょう。

先代はソールのヒール側がばっさり落とされていましたが、この「RS」FWはよりノーマルな形状になっていました。PRGR RS FW SOLE

フェースは先代同様ややディープ気味ですかね。でも、気持ちトゥ・ヒール方向はコンパクトになっているような気もしました。PRGR RS FW FACE

ボディはシャローですが、先代に比較してもかなりヒップダウンしていました!!PRGR RS FW SIDE

後ろ姿です。PRGR RS FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は先代よりはややコンパクトになっていたようにも感じました。逃げ顔に見えましたが、確認してみるとなんと4度もオープンなんだとか!!PRGR RS FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「RS」M-43装着モデルの3W。このFWには弾道調整システムは不採用でした。スペックは、ロフト角15度、ライ角59.5度、長さ42.5インチ、総重量326g、バランスD1.5。ヘッド体積173cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.1、中調子。PRGR RS FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚はやや軽めですが、昨日までのドライバーに比較するとやや重量感があるようにも感じました。グリップは、ちょうどいい感じの太さでした。シャフトをしならせてみると、感覚的には「RS」ドライバーに採用されていたシャフトに近い感じでした。素振りしてみると、先端がやや走る感じでしたね。ボク的には、先中調子かな。実際に打ってみると、もう1発目からご機嫌なショットでした。いきなり芯を食ったショットはハイドローで、見た目の弾道ではまさかの奥のネット230y表示の着弾でしたからね!! まぁ、ティアップしての試打ですが、このFWはティショットでも使えるんじゃないかなと感じました。シャフトも42.5インチと一般的な3Wよりも0.5インチ短めですが、その分ガッツリ芯を食ってくれるので、飛距離もつながるのではないかと感じました。それから、見た目でも書きましたが、このFWはフェースアングルがなんと4度オープン!! それでもドロー系なので、ボクのスイングの影響もあると思いますが、この「RS」シリーズはやはり重心角が大きめのモデルなのかもしれませんね。

スカイトラックによる弾道データはこんな感じでPRGR RS FW ST3D

その各球データはこちらでした。PRGR RS FW ST

【3球平均】
HS42.2m/s、初速59.4m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3735.7rpm、サイドスピン-446.4rpm、飛距離204.6m(223.7y)
【ベスト】
HS41.6m/s、初速60.4m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量4043.9rpm、サイドスピン-173.4rpm、飛距離206.7m(226.0y)

打感はドライバー同様かなりのマイルド系で、分厚いインパクトでボールのつぶれ感とフェースの乗り感を存分に感じられるモデルですが、若干パキッとした感じもありました。打音は、やや高めでしたね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。PRGR RS FW MST3D

弾道は文句なしの高弾道。「iDナブラRSツアー」FWに採用されていた「ブリッジウエート」がこのFWにも採用されているようで、クラブがガッツリ球を上げてくれますね。バックスピン量は、見た目の弾道では適切な感じに感じました。※208.2m=227.6y

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。フェースアングルが4度オープンにも関わらずこの出球って!! 最近ウッド系ではフェード系を連発していましたが、このFWではしっかりドローでしたので、やはり重心角が大きめなモデルなんでしょうね!!

シャフト挙動は中間がしなる感じですが、先端部の剛性はやや低めに感じました。感覚的には「RS」ドライバーに採用されていたシャフト挙動に近いイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメ。まぁこのFWはとにかく打ちやすさ満点!! クラブがガッツリ球を上げてくれるし、4度オープンフェースのわりには、ガッツリ球をつかまえてくれます。このFWも使い手を選ばないフトコロの深さを感じさせてくれましたね。42.5インチと一般的な3Wよりも0.5インチ短いのもミソかもしれませんね。「たかが0.5インチ、されど0.5インチ」を感じさせてくれたFWですね。ぜひ試打会等でその実力を感じて欲しい1本でした。

<PRGR「RS」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ステンレス(SUS630)、フェース=マレージング(Custom455)
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度、9W=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「RS M-46」(SX=64g/3.8/中調子)、「同M-43」(S=58g/4.1/中調子)、「同M-40」(SR=53g/4.2/中調子)、「同M-37」(R=50g/4.8/中調子)。※スペックは3W装着モデルで、番手別ウエートフロー。
■価格:1本3万8000円+税