どーもです。

2016年8月26日発売予定のPRGRニューモデル「RS」シリーズですが、今日はUTを紹介しましょう。このUTは昨日まで紹介してきたドライバー&FWとはガラッとフィーリングが変わったようにも感じました。「iDナブラRS」UTも相当打ちやすかったように記憶していますが、今回の「RS」UTも相当打ちやすいモデルでした。では、いっていましょう。

まずは、見た目からいっていましょう。

先代もトゥ側にボリュームがあるような形状でしたが、今回の「RS」UTはそこがさらに強調されているようも見えました。PRGR RS UT SOLE

フェースは先代同様ややディープ気味だと思います。でも、形状的にはより丸みがあるような形状で、ややトゥ・ヒール側にコンパクトになっていたようにも見えました。PRGR RS UT FACE

ボディは先代よりもややシャローかつストレッチバックな形状に変更されていましたね。PRGR RS UT SIDE

後ろ姿です。PRGR RS UT BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめですね。「RS」シリーズはドライバー&FWは逃げ顔に見えましたが、このUTはストレートに見えました。でも、実際は3度オープンらしいです。PRGR RS UT TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「RS」M-43装着モデルの4U。スペックは、ロフト角22度、ライ角60.5度、長さ39.5インチ、総重量353g、バランスD1.5。ヘッド体積116cm3。シャフトスペックは、重量57g、トルク4.0、中調子。PRGR RS UT SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でもグリップは、ボクにはちょうどいい感じの太さでした。シャフトをしならせてみると、FW同様中間とその先がしなる感じで、「RS」ドライバーに採用されていたシャフトに近い感じでした。実際に打ってみると、それまでかなりマイルド系だった打感が一変!! 弾き系で気持ち球離れも速いイメージでした。出玉傾向として、この「RS」UTは3度オープンフェースにもかかわらずドロー系を連発。ボクのスイングで弾道がそろうのはいい感じですね!! しかも、飛んでますわ~!

スカイトラックですが、弾道データはこんな感じでPRGR RS UT ST3D

その各球データはこちらでした。PRGR RS UT ST

【3球平均】
HS40.2m/s、初速56.1m/s、打ち出し角14.1度、バックスピン量4396.1rpm、サイドスピン-500.5rpm、飛距離179.5m(196.3y)
【ベスト】
HS40.7m/s、初速56.6m/s、打ち出し角13.8度、バックスピン量4236.1rpm、サイドスピン-364.0rpm、飛距離183.2m(200.3y)

打感は打って変わっての弾き系。しかも、やや球離れも速い感じでした。打音はやや高めですが、気持ち金属的な高さでしたが、サスティンが短めで小気味の良い感じの音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。「ボール位置が近い」とコーションが出ちゃいました!!PRGR RS UT MST3D

弾道は、FW同様文句なしの高弾道。「iDナブラRS」UTもかなり打ちやすかったと記憶していますが、この「RS」UTもかなり打ちやすいですな!! ※182.2m=199.2y

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。フェースアングルが3度オープンにも関わらずこの出球でした。この「RS」シリーズは重心角大きめなモデルなんですね。

シャフト挙動は中間がしなる感じで、先端剛性もやや低めに感じました。感覚的には「RS」ドライバーに採用されていたシャフト挙動に近いイメージでしたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメ。このUTも打ちやすさ満点。クラブがガッツリ球を上げてくれるし、3度オープンフェースのわりにはガッツリ球をつかまえてくれます。このUTも使い手を選ばないフトコロの深さを感じさせてくれましたが、ウッド系のつながりを考えると打感がここまで真逆になるのはどうなのかな!? まぁ、FWとアイアンの中間をつなぐのがUTですから、どっちでも対応できるが強みかもしれませんが・・・。唯一気になったのは、細かいかもしれませんが、ここの1点でした。

<PRGR「RS」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ステンレス(SUS630)、フェース=マレージング(ES235)
■ロフトバリエーション:3UT=19度、4UT=22度、5UT=25度、6UT=28度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「RS M-46」(SX=60g/4.0/中調子)、「同M-43」(S=57g/4.0/中調子)、「同M-40」(SR=54g/4.2/中調子)、「同M-37」(R=50g/4.4/中調子)。スチールシャフト「スペックスチールⅢver.2 M-46」(SX=104g/2.0/中調子)、「同M-43」(S=94g/2.3/中調子)、「同M-40」(SR=86g/2.6/中調子)。※スペックは4UT装着モデルで、番手別ウエートフロー。
■価格:カーボンシャフト装着モデル1本3万3000円+税、スチールシャフト装着モデル1本3万円+税。