どーもです。

2016年8月26日発売予定のPRGRニューモデル「RS」シリーズですが、いよいよアイアンに突入です。「RS」アイアンには「iDナブラRS」アイアン同様「フォージド」アイアン、「チタンフェース」アイアンの2モデルが用意されています。まずは「フォージド」アイアンからいってみましょう!!

まずは、見た目からいっていましょう。

先代はバックフェースの三角形が特徴的でしたよね。今回の「RSフォージド」アイアンは見た目キャビティアイアンですが、先代同様中空構造のようです。PRGR RS IRON BACK

フェースは先代に比較すると、ややトゥ・ヒールにコンパクトな感じになっていたように感じました。PRGR RS IRON FACE

ソールはセミワイドですが、リーディングエッジもトレーリングエッジもかなり削られていました。これは打ち込んでの抜けの良さよりも、多少ダフっても滑ってくれることを意識してでしょうね。PRGR RS IRON SOLE

ネックはほぼストレートですかね。先代はバンスが大きめに設定されているような感じでしたが、この「RSフォージド」アイアンではあまりバンスは感じなかったですね。PRGR RS IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。先代よりもコンパクトですね。先代はトップラインが厚めに見えましたが、この「RSフォージド」アイアンはややシャープに見える工夫がされていたようにも感じました。PRGR RS IRON TOP

今回試打したのは、オリジナルスチールシャフト「スペックスチールⅢver.2」M-43装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量420g、バランスD1。シャフトスペックは、重量94g、トルク1.9、元調子。PRGR RS IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚は、重量的にはやや軽め。ウッド系同様、グリップはちょうどいい感じの太さでした。シャフトをしならせてみると、中間がしなる感じでした。素振りしてみると、切り返しでヘッドの感覚がフッと消える感じでしたが、ボクのように切り返した速いタイプには振り遅れなく振れそうなイメージでした。実際に打ってみると、打感がかなりマイルドでいい感じでしたが、先代同様中空構造なんですよね。これ、試打するときにはすっかり忘れていました。フォージドモデルということで、打感に相当こだわっているのはわかりましたが、中空構造だといわれなければ気付かないですね。原稿を書くにあたって自分のブログを読み返してみると、先代でも同じようなことを書いている自分にビックリしました(汗)

スカイトラックの弾道データはこんな感じでPRGR RS IRON ST3D

その各球データはこちらでした。PRGR RS IRON ST

【3球平均】
HS38.6m/s、初速49.1m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量5638.9rpm、サイドスピン-646.6rpm、飛距離147.0m(160.7y)
【ベスト】
HS38.6m/s、初速49.2m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量5222.7rpm、サイドスピン-675.2rpm、飛距離148.3m(162.1y)

打感はかなりマイルド系でしたね。ドライバー&FW同様分厚いインパクトで、フェースの乗り感がいい感じです。中空構造といわれなければ、全く気付かないと思います!! 打音は落ち着いた中高音系に感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。PRGR RS IRON MST3D

弾道は、文句なしの高弾道でしたね。まぁ、ロフト32度を考えれば妥当な高さだと思います。スピン量も吹け上がることなくいい感じだと思いますが、スカイトラックでは5300rpmと多めかな・・・ ※148.9m=162.8y

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。ストレートネックで操作性は高そうですが、基本的にはオートマチックにつかまるモデルだと思います。

シャフト挙動は中間がしなる感じですが、スチールシャフトSのわりにはやや柔らかめなイメージもありましたね。でも、振り抜きはいい感じでした!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメ。とにかくフィーリングがご機嫌なアイアンですね!! オートマチックにハイドローが打てるクラブの雰囲気ですが、見た目が若干シャープな方向に振っていることも含め、打感も含めフィーリング重視でこだわりのあるプレーヤーにオススメですね。

<PRGR「RSフォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(#4~#9)ボディ=軟鉄(S25C)、フェース=マレージング鋼(ES235)、インサート材=振動減衰材。(PW、51度、57度)ボディ&フェース=軟鉄(S25C)。ウエート=タングステンラバー(51度、57度のみ)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」(S200=117g/1.5/元調子)、「KBSツアー105」(S=101g/1.7/中調子)、「スペックスチールⅢVer.2 M-46」(SX=103g/1.7/元調子)、「同M-43」(S=94g/1.9/元調子)「同M-40」(SR=85g/2.2/元調子)※スペックは#7装着モデル
■価格:6本(#5~PW)セット11万4000円+税、単品(#4、51度、57度)各1本1万9000円+税。