どーもです。

ロイヤルコレクション「BBD V7」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。もともとロイコレといえばFWからスタートしたメーカーですからね。FWの老舗が作った最新モデルはどんなモノなのか? 確認してきましたので、早速レポしたいと思います。

まずは見た目から。

先代「BBD6」シリーズのFWはステンレス製の「BBD306V」とチタン製の「BBD306Vチタニウム」がありましたが、今回の「BBD V7」FWは3・5Wがチタン製で、7・9Wがステンレス製になっていました。

ソールデザイン的には、やはりロイコレと言えば馬蹄形のソールですよね。ドライバー同様ネック側にウエートが装着されていました。RC BBD V7 FW SOLE

フェースはシャロー気味ですが、先代よりは気持ちディープ気味に感じました。ドライバー同様若干トゥ側にボリュームがある感じかな。RC BBD V7 FW FACE

ボディはロイコレらしいハイバックですが、見た目は丸みを帯びていて、それほどハイバックを感じさせないような形状になっていました。RC BBD V7 FW SIDE

後ろ姿ですが、先代同様トゥ側が立っていました!!RC BBD V7 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。小顔系ですね!! ネック側がスッキリ絞られたような印象で、この辺はさすがロイコレといった感じでしょうか。RC BBD V7 FW TOP

今回試打したのは、専用開発カーボンシャフト「ATTAS RC W60」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量320g、バランスD2。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量61g、トルク4.0、中調子。RC BBD V7 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じですが、総重量的にはやや軽め。グリップもやや細めに感じました。シャフトをしならせてみると、昨日紹介したドライバー同様手元から中間にかけてしなるようなイメージでした。素振りしてみると、こちらもドライバー同様切り返しでヘッドを感じやすいような印象でした。実際に打ってみると、ティアップの試打ではドライバーと違ってガッツリ球が上がりました。この辺は直打ちを意識してでしょうから、球は上がりやすくないとねぇ・・・と思ってしまったのはボクの浅はかさでしょうか!? 3Wでもロフト角14度と15度が用意されているようですが、今回ボクが試打した15度モデルについてはアスリートラインのわりには打ちやすさを感じさせてくれるモデルに感じました。でも、若干打点のシビアさはあったかな・・・

スカイトラックデータの弾道データはこちらでRC BBD V7 FW ST3D

その各球データがこちら。RC BBD V7 FW ST

【3球平均】
HS42.4m/s、初速58.9m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量4046.1rpm、サイドスピン55.5rpm、飛距離217.6y
【ベスト】
HS42.9m/s、初速59.5m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量4047.2rpm、サイドスピン57.8rpm、飛距離221.7y

打感はややマイルド感のあるソリッド系だったかな。ドライバーよりは弾き感がある感じですが、ボールのつぶれ感も感じるようなイメージでした。音は、ドライバーよりも若干高めに感じました。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。RC BBD V7 FW MST3D

弾道的には文無しの高弾道。ドライバーとは段違いですね。芯をガッツリ食った感じでもスピン量はやや多めに感じました。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いフェード系でしたね。ヘッドとシャフトのマッチングなのか、それともクラブとボクのスイングとの相性なのか、とにかくフェード系でしたね。

シャフト挙動ですが、これはボクの感覚ではドライバーと同じような動きに感じました。スペックを見る限りドライバーと同じシャフトなんじゃないかと思いますが、長さのせいかやや先のしっかり感があったようにも感じました。でも、これだけ球が上がれば文句なしですね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sのボディターンタイプにオススメですかね。ボクのようなリストターンタイプの手打ち系だと、芯を食ってもややスピン量多めに感じるかも。これもハードヒッターが左を気にせずに叩けるモデルというよりは、スイングでしっかり球をつかまえる技術がある方にオススメしたいモデルに感じました。ただし、球を上げるという点については、しっかりクラブがフォローしてくれるといった感じですね。この辺はさすがFWの老舗メーカーですな!!

<ロイヤルコレクション「BBD V7チタニウム」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:6-4チタン
■ロフトバリエーション:3W=14度/15度、5W=17度/18度、7W=20度、9W=23度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ATTAS RC W60」(S=61g/4.0、SR=61g/4.2、R=61g/4.4/中調子)
■価格:1本6万円+税