どーもです。

今日紹介するのはスリクソンのニューモデルNEW「スリクソンZ」シリーズのアイアン、「Z765」アイアンです。先代「Z745」アイアンは結構操作性が高そうなイメージでしたが、いかんせん「Z545」アイアンの印象が強烈でしたからね!! 自分のブログを読み返して記憶を呼び覚ましつつ、比較してみたいと思います。では、いってみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはキャビティですね。この「Z765」アイアンも、バックフェース三角形の頂点がトゥ側に寄せられていました。DS SRIXON Z765 IRON BACK

フェースはコンパクトですが、昨日紹介した「Z565」アイアンに比較すると若干縦幅が確保されて、トゥ・ヒール方向も気持ちコンパクトになっていたように感じました。それから、やはりフェース面のミーリングは不採用なんですね。DS SRIXON Z765 IRON DFACE

ソール幅は「Z565」アイアンに比較すると、ほんの気持ちですが狭めに見えたかな!!DS SRIXON Z765 IRON SOLE

ネックはストレートですね。ボディ形状も「Z565」アイアンに比較すると全くの別モノって感じ!DS SRIXON Z765 IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。先代とはほぼ一緒なイメージでしたが、「Z565」アイアンに比較したら、やはり気持ちコンパクトになっているのが分かると思います。DS SRIXON Z765 IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールドDST」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量434g、バランスD2。シャフトスペックは、重量112g、トルク2.1、中手元調子。DS SRIXON Z765 IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じですが、重量的にはいい感じ。グリップも「Z565」同様いい感じの太さでした。シャフトをしならせてみると、これはガッツリ硬め。素振りしてみると、なんかなつかしいしなり感でした。実際に打ってみると、先代同様しっかり球は上がります。でも、弾道は別モノ。弾道を見る限り、先代に比較すると直進性がより高くなっているように感じましたね。先代は右に打ち出してギュンと戻ってくるイメージでしたが、この「Z745」アイアンはより直線的でやや軽めのドローでした。昨日紹介した「Z545」アイアン同様、若干重心距離が長めになっているのか、重心角が抑えられているのかもしれません。先代に比較すると操作性という意味では若干抑えられているような感じもありましたが、ボクらアマチュアにとっては打ちやすいモデルに進化したんじゃないかと思います。先代にもシビア過ぎる印象はなく、十分ボクレベルでも使えそうな雰囲気でしたが、この「Z765」アイアンはより打ちやさすがあって、先代ほどつかまるイメージが抑えられているのは、フッカーのボクにとっては好印象でした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、DS SRIXON Z765 IRON ST3D

その各球データはこちら。DS SRIXON Z765 IRON ST

【3球平均】
HS38.9m/s、初速49.5m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量5691.5rpm、サイドスピン-1040.4rpm、飛距離160.8y

【ベスト】
HS39.3m/s、初速50.0m/s、打ち出し角17.4度、バックスピン量5747.1rpm、サイドスピン-995.0rpm、飛距離163.2y

打感は先代同様マイルド系でした。いわゆる分厚いインパクトで、音も落ち着いた中音系。フィーリング的には、中上級者がいかにも好みそうな感じでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。DS SRIXON Z765 IRON MST3D

弾道的には高弾道ですね。「Z565」アイアンよりもロフトは1度寝ていますが、しっかりクラブが球を上げてくれるイメージで、スピン量もいい感じかな!!

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系。この「Z765」アイアンも、昨日紹介した「Z565」アイアン同様直進性が高いモデルになっていると思います。サイドスピンはたまたま-1000rpmを切っていますが、3球平均は-1000rpmオーバーだったので、まぁ、「Z565」アイアンよりは曲げやすいということかもしれませんね。

シャフト挙動ですが、これは切り返しで手元が若干しなってヘッドがやや遅れてくる感じ。以前DGS200ユーザーだったボクにとっては、なんか懐かしい感じでもありました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS45m/sは必要かと感じました。先代は結構叩くと左が気になる感じでしたが、この「Z765」アイアンはボクレベルなら左を気にせず叩けるモデルになっていたと思います。それが重心距離なのか、重心角なのか、はたまた両者なのか、それともボクのスイングが変わってしまったのかは分かりませんが、とにかく、より直線的な弾道を楽しめるアイアンになっていたと思います。前作は「Z545」アイアンと「Z745」アイアンの間に結構な差があったという印象もありましたが、今回の「Z565」アイアンと「Z765」アイアンはその差が縮まっていたようにも感じました。イメージ的には「Z765」アイアンがより打ちやすくなって、「Z565」アイアンに近づいたように感じました。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ765」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(#3~#6)軟鉄(S20C)+タングステンニッケルウエート、(#7~PW、AW、SW)軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドDST」(S200=112g/2.1/中手元調子)、「NSPRO980GH D.S.T.」(S=99g/2.4/中手元調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単品(#3、#4、AW、SW)各1本1万7000円+税。
■発売予定日:2016年9月10日