どーもです。

スリクソンのニューモデルNEW「スリクソンZ」シリーズですが、今日紹介するのは「Z965」アイアンです。先代「Z945」アイアンはザ・マッスルバックなので、色んな意味でシビアさがありましたが、この「Z965」アイアンもザ・マッスルバックです。でも、昨日紹介した「Z765」は先代よりも打ちやすくなっていたので「もしかしたら…」なんて淡い期待を抱きつつ挑戦してきました。果たしてボクでも打てるのか!? 早速、いってみましょう。

まずは見た目から。

ザ・マッスルバックですな!! 先代に比較すると若干トゥ・ヒール方向がコンパクトになったようにも見えました。バックフェースの三角形の頂点も、若干トゥよりになっているように感じました。DS SRIXON Z965 IRON BACK

フェースは小顔系ですね。形状的には先代とほぼ一緒だと思いますが、この「Z965」アイアンもフェース面のミーリング加工は不採用になっていました。DS SRIXON Z965 IRON FACE

ソール幅は狭めでしたね。しかもV字ソール採用なので、これはダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを意識してでしょうね!DS SRIXON Z965 IRON SOLE

ネックはストレート。V字ソールがバンス効果も期待できそうな感じですな。DS SRIXON Z965 IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。かなりシビアそうな顔つきですな。構えてみたイメージは先代通りの顔つきでした。DS SRIXON Z965 IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールドDST」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角33度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量436g、バランスD2。シャフトスペックは、重量112g、トルク2.1、中手元調子。DS SRIXON Z965 IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感じですが、重量的にはいい感じ。グリップも「Z765」同様いい感じの太さでした。シャフトをしならせてみると、これもガッツリ硬め。素振りしてみると、なんかなつかしいしなり感で、この辺のフィーリングは「Z765」アイアンとほぼ一緒。実際に打ってみると、ん~、やっぱりスイング通りの出球ですな! こういうアイアンはスイングにリニアに反応してくれるのが特徴だと思いますが、いいスイングをすればナイスショットですし、スイングが悪ければその悪いスイング通りの弾道につながると思います。特に打点もシビアだったかな。操作性が高い分球筋を操りたい人には思い通りの弾道を具現化してくれるクラブなんでしょうが、いかんせんボクレベルにはシビア過ぎる印象もありましたね。レンジでさえ意図しない逆球が出ますから、プレッシャーがかかったコースでは…(汗) これだけクラブが進化しているなか、ザ・マッスルバックが存在し続けるにはそういった需要もあるからだと思いますが、さすがにシビアすぎかな。片手ハンデの方はともかく、それ以上ハンデレベルで手を出そうと思っている人は、それなりの覚悟をもって挑んでくださいな!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、DS SRIXON Z965 IRON ST3D

その各球データはこちら。DS SRIXON Z965 IRON ST

【3球平均】
HS38.5m/s、初速49.1m/s、打ち出し角16.0度、バックスピン量5781.5rpm、サイドスピン-1254.9rpm、飛距離158.3y

【ベスト】
HS38.9m/s、初速49.6m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量5869.5rpm、サイドスピン-1102.8rpm、飛距離160.5y

打感はかなりのマイルド系ですね。もうザ・マッスルバックの打感で、いわゆるボールのつぶれ感が強い分厚いインパクトでした。音も落ち着いた中音系で、パシャッって感じのシャッター音でしたね。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。DS SRIXON Z965 IRON MST3D

自動追尾にしていたのにピントが追いかけてくれませんでした。すみません。弾道的には高弾道。しっかり球を上げるには、やはり若干ダウンブローを意識する必要もあるように感じました。

出球傾向は、いい意味でも、悪い意味でも、スイング通りですね。ボクのスイングでは、基本的につかまりが良く3球平均のサイドスピン量は-1200rpmと1000rpmオーバー。でも、動画はいい感じに入ったのか、-582rpmといい感じ。この通り、いいスイングをすればいい弾道が出てくれる感じでした。

シャフト挙動ですが、フィーリング的には「Z765」アイアンと一緒。切り返しで手元が若干しなってヘッドがやや遅れてくる感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS45m/sは必要でしょう。見た目通りシビアで、基本的にはダウンブローに打つ必要があるクラブだと思います。もちろん、いろんな意味でシビアですが、打点は特にシビアですね。前述していますが、このクラブは片手以下の球筋も操りたい上級者向けで、それ以上のハンデの方が手を出すときは、それなりの覚悟を持って挑んだほうがいいと思います。

そんなわけで、ボクなりにNEW「スリクソンZ」シリーズアイアンを総括すると、先代よりはより直線的に飛ばせるアイアンになっていたと思います。また、「Z545」と「Z745」の関係でいうと、「Z565」と「Z765」はフィーリングが違うけど、打ちやすさについてはその差が小さくなっていたように感じます。ぶっちゃけ「Z965」は先代「Z945」からどのように進化したのかはわかりません。どっちも「シビアだなぁ…」ってな感じでした。そんなわけで、今回のニューモデルでボクのイチ押しは「Z765」アイアンですわ~!

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ965」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:7
■ヘッド:(#3~#6)軟鉄(S20C)+タングステンニッケルウエート、(#7~PW)軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドDST」(S200=112g/2.1/中手元調子)、「NSPRO980GH D.S.T.」(S=99g/2.4/中手元調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単品(#3、#4、AW、SW)各1本1万7000円+税。
■発売予定日:2016年9月10日