どーもです。

先週紹介してきたダンロップスポーツのNEWスリクソンZシリーズのアイアンですが、いよいよ注目のドライバー編に突入です。なぜ、いつもと順番が逆なのかというと、単純にアイアンを先に打ったのと、実は動画撮影がうまくいかなかったのです。ドライバーだけでそれぞれ2回試打してしまいましたが、結局ピンボケのままでした。そんなわけで動画がボケボケですが、まずは「Z565」ドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。

先代「Z545」ドライバーはブラックボディでしたが、この「Z565」ドライバーはシルバーになっています。そして、話題の「波動ソール」がこちらですね!! 正確には「パワーウエーブソール」ですが、“波動で飛ばす”からすっかり波動ソールなんて呼ばれているようです。DS SRIXON Z565 DR SOLE

フェースがシャローですね。先代に比較しても、若干シャロー度が増しているようにも感じましたが気のせいかな!? カップフェースとなっているようですね。DS SRIXON Z565 DR FACE

ボディもシャローですが、ボディ自体は先代よりも気持ちディープ化しているようにも感じました。DS SRIXON Z565 DR SIDE

後ろ姿です。DS SRIXON Z565 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は気持ち大きくなって、安心感が増したようにも感じました。先代も丸形クラウンだと思いますが、気持ちネック側が絞られて洋ナシ型の気配もありました。でも、今回の「Z565」ドライバーはその辺も変更され、ほぼ丸形クラウンになっていたと思います。DS SRIXON Z565 DR TOP

今回試打したのは、カーボンシャフト「Miyazaki kaula MIZU 5」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角57.5度、長さ45インチ、総重量309g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク3.8、中調子。試打ポジションはSTDでした。DS SRIXON Z565 DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、ボクにはやや軽めでした。グリップも気持ち細め。今回Z565のデフォルトモデルは50g台のシャフトのみのラインアップでした。そのシャフトをしならせてみると、Sにしてはやや柔らかめなイメージで、中調子というわりには全体的にしなる感じでした。素振りしてみるとヘッド重量を感じやすいのは好印象でしたが、シャフトが全体的にしなるイメージだったので、若干振り遅れが気になりました。実際に打ってみると、ん~、ぶっちゃけボクのスイングには合わない感じでした。これはボクのスイングとのマッチングなので、クラブが悪いとは思いませんが・・・。というのは、やはりシャフトが全体的にしなるイメージなので、若干タイミングが取りづらい感じでした。出球的にも、ほぼ逆球。手打ち系だからといわれればそれまでですが、レンジではプッシュスライス系を連発。ゆったりボディターンタイプにオススメかもしれませんね。でも、初速は速そうでしたわ~!! 波動ソールのおかげかな!?

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、DS SRIXON Z565 DR ST3D

その各球データはこちら。DS SRIXON Z565 DR ST

【3球平均】
HS42.0m/s、初速61.1m/s、打ち出し角14.6度、バックスピン量2975.3rpm、サイドスピン380.4rpm、飛距離235.8y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角15.6度、バックピン量2968.6rpm、サイドスピン212.4rpm、飛距離238.8y

打感は弾き系。先代よりも球離れが速く、いかにも弾いているっていった感じでした。音も甲高い感じで、弾き系を演出していたように感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。DS SRIXON Z565 DR MST3D

弾道的には高弾道ですが、クラブがオートマチックに上げてくれるような感覚は無かったですね。この辺はさすがスリクソンといった感じでしたが、ぶっちゃけ「波動モデルって、先代よりちょっとシビアなんじゃないの!?」って思っちゃいました。スピン量も少なめでしたね。

出球傾向はボクのスイングでプッシュスライス系でしたが、多分にボクのスイングに問題があると思います。不思議な感覚でしたが、ボク的に「芯を食った!!」と思うとスライスのコスリ球系で、「あっ、イマイチ!!」と感じたショットはストレート系だったりします。動画も「んっ!?」ってな感じのショットでした。

シャフト挙動は、メーカー的には中調子をうたっていますが、ボクの感覚では全体しなりのような感じでした。結構手元の緩さを感じてしまいました。そのわりにはD3とバランスも重めなので、ボクのような手打ち系だとちょっと振り遅れる傾向は強めかもしれませんね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。ボクの感覚では、リストターンのヒッタータイプよりはボディターンのスインガータイプに合いそうなイメージでした。メーカー的にはつかまりの良さをうたっていますが、決してつかまりが良いモデルでは無いと思います。ボクのイメージですが、このヘッドなら手元が締まった感じで気持ち先が走る系のシャフト(例えば、ATTAS6☆)で気持ちつかまえてやればいい感じになるんじゃないかと思いました。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ565」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=6-4チタン、ボディ=8AL-2Vチタン、チューニングウエイト(ステンレス&チタン)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki kaula MIZU 5」(S=54g、SR=52g、R= 51g/3.8/中調子)。「SRIXON RX」(S=51g/5.0、SR=/50g/5.1/中調子)。「Diamana BF60」(S=62g/3.9/中手元調子)。「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」(S=61g/3.8/中先調子)。「ATTAS PUNCH 6」(S=61g/4.0/中調子)。
■価格:「Miyazaki kaula MIZU 5」装着モデル1本6万8000円+税、「SRIXON RX」装着モデル1本6万3000円+税。「Diamana BF60」「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」「ATTAS PUNCH 6」装着モデル各1本7万8000円+税。※「Diamana BF60」「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」「ATTAS PUNCH 6」は特注生産
■発売予定日:2016年9月10日