どーもです。

ダンロップスポーツの「NEWスリクソンZ」シリーズのドライバーですが、今日紹介するのは「Z765」ドライバーです。話題の波動モデルですが、昨日紹介した「Z565」ドライバーはその実力を感じ切れないまま終わってしまい若干消化不良気味でした。でも、「Z565」ドライバーで消化不良だと「Z765」ドライバーはさらに敷居が高そうな・・・。何はともあれ、ガッツリ行ってみましょう。

まずは見た目から。

この「Z765」ドライバーも当然ですが、「パワーウエーブソール」が採用されています。外見的にはウエートの位置も「Z565」ドライバーと一緒。ヘッド体積も対「Z565」ドライバーで15cm3小さめになっていました。DS SRIXON Z765 DR SOLE

フェースはセミディープだと思います。「Z565」ドライバーよりもより丸みのある形状で、若干トゥ・ヒール下部のエラも張っているような感じが、よりディープさを演出しているようにも感じました。DS SRIXON Z765 DR FACE

ボディは「Z565」ドライバーよりも若干コンパクトですね。まぁ、15cm3小さめなので、当然といえば当然でもありますが・・・(汗) 先代「745」ドライバーはもっと丸みが強く 若干ハイバックを意識したような形状でしたが、この「Z765」ドライバーはよりシャローバックでより低重心化を意識したような形状になっていました。DS SRIXON Z765 DR SIDE

後ろ姿です。DS SRIXON Z765 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。先代は若干三角形っぽい形状でしたが、「Z765」ドライバーは半月型になっていました。若干トゥ側に長くなっているように感じましたね。DS SRIXON Z765 DR TOP

今回試打したのは、カーボンシャフト「Miyazaki kaula MIZU 6」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角57.5度、長さ45インチ、総重量316 g、バランスD3。ヘッド体積445 cm3。シャフトスペックは、重量61g、トルク3.4 、中調子。試打ポジションはSTDでした。DS SRIXON Z765 DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、ボクにはドンピシャの重さでしたね。グリップもいい感じの太さでした。この「Z765」デフォルトモデのシャフトは昨日紹介した「Miyazaki kaula MIZU 6」シリーズが採用されています。シャフトをしならせてみると、昨日紹介した5Sとは全くの別モノの感じでした。典型的な中調子系のしなり方でしたが、素振りをしてみると、結構手元のしっかり感があって先もややしっかり感がありました。実際に打ってみると、これはもうヒッターが左を気にせず叩けるモデルの感じでした。ボクのスイングでもフェード系ですが、昨日紹介した「Z565」ドライバーと違ってしっかりつかまったフェード系のイメージでした。アイアンも「Z765」は好印象でしたが、今回は「Z765」シリーズがいい感じかも!? ボクのスイングでは、ややプッシュアウト傾向もありましたが、この程度であればコースでも問題ないと思います!! さすがにオートマチック系のテーストはあまり感じませんが、「Z565」ドライバー同様初速の速さは感じられました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、DS SRIXON Z765 DR ST3D

その各球データはこちら。DS SRIXON Z765 DR ST

【3球平均】
HS42.8m/s、初速62.1m/s、打ち出し角12.5度、バックスピン量2446.13rpm、サイドスピン-5.3rpm、飛距離233.6y
【ベスト】
HS42.4m/s、初速61.6m/s、打ち出し角13.5度、バックピン量2495.9rpm、サイドスピン142.8rpm、飛距離235.8y

打感は、弾き系。「Z565」同様球離れが速く、いかにも弾いているといった感じで、音も甲高い感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。DS SRIXON Z765 DR MST3D

弾道的には高弾道。でも、「Z565」同様クラブがオートマチックに上げてくれるような感覚は無かったかも・・・。しっかり球を上げるにはそれなりのパワーが必要かもしれません。スピン量もかなり少なめでしたわ~!!

出球傾向は、ボクのスイングでフェード系。でも、コスリ球では無く、しっかりつかまった感じのフェード系でしたね。昨日「Z565」ドライバーで感じた不思議な感覚は、この「Z765」ドライバーでもありましたが、「Z565」ドライバーほど感じなかったですね。あれはやはり、ヘッドとシャフトのマッチングによるモノだったのかな!?

シャフト挙動は、メーカー的がうたう通り中調子だと思います。5Sに比較すると、手元のしっかり感が強調された感じかな。先もよりしっかりした感じがしましたが、ボクが1番感じたのは手元のしっかり感でした。「Miyazaki kaula MIZU」の5シリーズと6シリーズは、全くの別モノの気配でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/sは欲しいかな。前述通り、ヒッタータイプが左を気にせず叩けるモデルだと思います。しっかりした弾道を具現化するには、それなりのパワーと技術が求められそうなセミアスリートモデルに感じましたが、まぁ、これぞスリクソンといった感じでしょうね。波動の実力を感じやすいのは、この「Z765」シリーズかもしれませんね!

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ765」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=6-4チタン、ボディ=8AL-2Vチタン、チューニングウエイト(ステンレス)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki kaula MIZU 6」(X=62g、S=61g、SR=58g/3.4/中調子)。「SRIXON RX」(S=51g/5.0、SR=/50g/5.1/中調子)。「Diamana BF60」(S=62g/3.9/中手元調子)。「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」(S=61g/3.8/中先調子)。「ATTAS PUNCH 6」(S=61g/4.0/中調子)。
■価格:「Miyazaki kaula MIZU 6」装着モデル1本6万8000円+税、「SRIXON RX」装着モデル1本6万3000円+税。「Diamana BF60」「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」「ATTAS PUNCH 6」装着モデル各1本7万8000円+税。※「Diamana BF60」「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」「ATTAS PUNCH 6」は特注生産
■発売予定日:2016年9月10日