どーもです。

ダンロップスポーツの「NEWスリクソンZ」シリーズのドライバーですが、いよいよ今日紹介する「Z765リミテッド」ドライバーがオオトリです。先代「Z965」ドライバーはこの波動モデルでは無くなりましたが、「Z765リミテッド」ドライバーは数量限定モデルであることからも先代「Z965」ドライバーに相当する位置づけだと思います。そんなわけで、早速行ってみましょう。

まずは見た目から。

今回から「Z765リミッテッド」ドライバーとして新設されたモデルですが、カテゴリー的には先代「Z965」ドライバーに相当するモデルでしょうね。ヘッド体積は440cm3では「Z765」ドライバーに対して5cm3ほど小さくなっていますが、「Z945」ドライバーに対しては、実に40cm3も体積アップ!! ウエート位置がトゥ・ヒールに振られていましたね。DS SRIXON Z765 LIMITED DR SOLE

フェースが完全にディープタイプですね。もうここまで見事な四角形なフェースは、ここ最近目にした記憶がないですな(笑)DS SRIXON Z765 LIMITED DR FACE

ボディもディープ&コンパクト。440cm3でこの見た目ですがからねぇ…DS SRIXON Z765 LIMITED DR SIDE

後ろ姿ですが、一見してファットなボディを認識できると思います。DS SRIXON Z765 LIMITED DR BACK

構えてみるとこんな感じ。投影面積が小さめで、より強弾道がイメージできそうな感じでしたね。形状的にはややネック側のラインが丸みを帯びたようにも感じましたが、気のせいかな!?DS SRIXON Z765 LIMITED DR TOP

今回試打したのは、カーボンシャフト「Miyazaki kaula MIZU 6」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角56.5度、長さ45インチ、総重量316 g、バランスD3。ヘッド体積440 cm3。シャフトスペックは、重量61g、トルク3.4 、中調子。試打ポジションはSTDでした。DS SRIXON Z765 LIMITED DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、「Z765」ドライバー同様ボクにはドンピシャの重さで、グリップの太さもいい感じでした。シャフトは昨日の「Z765」ドライバー同様「Miyazaki kaula MIZU6」Sですが、ヘッドとの違いか素振りをしてみると手元のしっかり感は「Z765」ドライバーと同じような感じで、先端部がやや走るような感じでした。実際に打ってみると、これはもうスイング通りの出球でしたね。フェード、ドロー、ストレートとスイング通りの出球で、操作性抜群。440cm3と昨日紹介した「Z765」ドライバーに対して5cm3小さいだけですが、まさに「たかが5cm3、されど5cm3」を実感出来ました。もちろんその操作性の高さは、ボクレベルにとっては諸刃の剣でもあります。意図しない逆球も出る可能性も高いのですが、確かに「Z965」ドライバーに比較したら、その操作性は若干抑えられているようにも感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、DS SRIXON Z765 LIMITED DR ST3D

その各球データはこちら。DS SRIXON Z765 LIMITED DR ST

【3球平均】
HS42.7m/s、初速61.6m/s、打ち出し角13.2度、バックスピン量2554.6rpm、サイドスピン-52.8rpm、飛距離235.4y
【ベスト】
HS42.7m/s、初速62.0m/s、打ち出し角14.1度、バックピン量2975.9rpm、サイドスピン-52.8rpm、飛距離241.6y

打感はソリッド系だったかな。「Z565」「Z765」ドライバーほど球離れの速さは無く、ボールのつぶれ感も感じました。でも、音は「Z656」「Z765」ドライバー同様甲高い感じだったかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。DS SRIXON Z765 LIMITED DR MST3D

弾道的には高弾道ですが、やはりこの「Z765リミテッド」ドライバーもクラブが球を上げくれるような感じでは無かったですね。スピン量もかなり少なめでしたね!

出球傾向は、これはもうスイング通り。つかまえようと思えばつかまるし、逃がそうと思えば逃がせるし、ストレートに打とうと思えばボクでもストレートに打てるのはうれしい感じでしたね(笑) でもボクレベルにとっては、コースでは意図しない逆球も出ちゃいそうな気配があったのも否めない感じでした。とはいえ、「Z965」ドライバーよりはマイルドかもね!!

シャフト挙動は、メーカーがうたう通り中調子だと思います。昨日の「Z765」ドライバーに比較するとヘッドの重心距離が短めだと思いますが、実際に打ってみればその差を確実に感じられると思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/sは欲しいかな。この「Z765リミテッド」ドライバーはスイング通りの出球を具現化してくれるアスリートモデルだと思います。ボクレベルでもその操作性を体感できるモデルでしたが、実際に打ってみるとさすがにコースでプレッシャーがかかった時に扱いきれるかどうか、ちょっと不安があったのも否めない雰囲気もありましたね。でも、先代の「Z965」ドライバーほどシビアさが無かったのも事実ですな!

今回波動モデルを実際に打ってみて、「Z565」ドライバーはその実力を体感しきれませんでした。ヘッドとシャフトのマッチングが、ボクのスイングに合わなかったとしかいいようがないですね。でも、「Z765」「Z765リミテッド」ドライバーはその実力を体感できたように感じます。先代に比較したら決して打ちやすいモデルではないと思いますが、この辺は「さすがスリクソン!」といった感じですね。今回のニューモデルは、ボク的にはアイアンもドライバーも「Z765」シリーズがいい感じでした!

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ765リミテッド」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:7
■ヘッド:フェース=6-4チタン、ボディ=8AL-2Vチタン、チューニングウエイト(ステンレス&アルミ)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki kaula MIZU 6」(X=62g、S=61g、SR=58g/3.4/中調子)。「Diamana BF60」(S=62g/3.9/中手元調子)。「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」(S=61g/3.8/中先調子)。「ATTAS PUNCH 6」(S=61g/4.0/中調子)。
■価格:「Miyazaki kaula MIZU 6」装着モデル1本6万8000円+税。「Diamana BF60」「Speeder 661 EVOLUTIONⅢ」「ATTAS PUNCH 6」装着モデル各1本7万8000円+税。※全て特注生産
■発売予定日:2016年9月10日