どーもです。

ヨネックスのニューモデル「EZONE XPG TYPE HD」ドライバー、アイアン用シャフト「REXIS KAIZA Xi」、「EZEONE N1-W」ウエッジを試打出来ましたので、レポしたいと思います。まずはニューモデル「EZONE XPG TYPE HD」(以下タイプHD)ドライバーですが、これは今年の発売された「EZONE XPG」ドライバーの兄弟モデルなのかな!? 何はともあれ、試打してみましたので、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

「XPG」同様X字のソールデザインがカッコいいですね。ヘッド形状的にはほぼ一緒に見えましたが、カラーリングはトゥ・トップが白になっていました。YONEX EZONE XPG TYPE HD DR SOLE

フェースは、「XPG」よりも若干ディープになっているように感じました。でも、フェース高自体は変わっていないようです。YONEX EZONE XPG TYPE HD DR FACE

ボディはシャローですが、見た目では「XPG」のほうが低重心かなぁ・・・って。そんな、感じでした。YONEX EZONE XPG TYPE HD DR SIDE

後ろ姿です。YONEX EZONE XPG TYPE HD DR BACK

構えてみるとこんな感じ。フェースは0.5度オープンのようですが、XPGは1.5度オープンでしたからね。クラウン形状は丸形でXPGと一緒ですが、クラウン後部のラインが白に変更され視認性が上がっているので、XPGとほぼ同じ丸形クラウンですがやや小振りに見える感じでした。YONEX EZONE XPG TYPE HD DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「EX310J」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.25インチ、総重量319g、バランスD1.5。ヘッド体積455cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク5.0、中調子。試打ポジションは「S」でした。YONEX EZONE XPG TYPE HD DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

まず持ってみた感覚ですが、グリップエンドに重量感があってカウンターバランスを感じられるのはXPG同様ですね。シャフトはXPGに装着されていたモデル同じモデルのようですが、ヘッドが変わるとシャフトのイメージも変わりますね。XPGでは典型的な中調子の動きで先がしっかりしているようなイメージでしたが、このタイプHDカウンターバランスの影響か手元にしっかり感があって、その分先が走るような感じでした。

実際に打ってみると、XPGよりもこのタイプHDはガッツリに球が上がります。これなら払い打ちでもしっかり高弾道を打てるでしょうね! XPGは結構しっかりしていて叩けるモデルだったと記憶していますが、このタイプHDは重心角も大きくなっているのかフェース角は0.5度オープンですがつかまりもいい感じでしたね。ちなみに、ヘッド体積で5cm3ほど小さくなっていますが、より低・深重心化してミスヒットに強くよりオートマチックに打てるモデルになっていたと思いましたね!!

スカイトラックの弾道データがこんな感じで、YONEX EZONE XPG TYPE HD DR ST3D

その各球データがこちら。YONEX EZONE XPG TYPE HD DR ST

【3球平均】
HS42.7m/s、初速60.1m/s、打ち出し角14.8度、バックスピン量3278.2rpm、サイドスピン-45.2rpm、飛距離231.4y

【ベスト】
HS43.0m/s、初速59.7m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量3206.1rpm、サイドスピン-229.1rpm、飛距離231.5y

XPG試打時は記憶が正しければ、退院直後でまだ体重も78kgだったと思いますが、今回のタイプHD試打時の体重は70kgとさらに8kgほど軽くなっています。そのせいか、振れなくなっているというか、やっぱりタイミングや姿勢も変わっているのかもしれませんね(汗)

打感は弾き系。球離れがやや早めのイメージで、音もやや甲高い感じでしたが、この辺のイメージはXPGと一緒でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。YONEX EZONE XPG TYPE HD DR MST3D

弾道的にはガッツリ高弾道。ここが今回のタイプHDの進化というか、XPGとの違いだと思います。XPG試打時に比較するとHSは遅くなっていますが、逆にバックスピンが増えていました。低重心化するとスピン量は減るはずですが、この辺はシャフトとのマッチングかボクのスイングの問題かもしれませんね・・・(汗)

出球傾向は、ボクのスイングでも軽いドロー系。つかまりも良くなっていると思います。

シャフト挙動ですが、おそらくXPGと同じシャフトだと思いますが、ヘッドとのマッチングで挙動は別モノに感じました。前述通りXPGは結構先端のしっかり感があったと記憶していますが、このタイプHDは手元にしっかり感がある感じでその分先が気持ち走るようにも感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで40~43m/sあたりにオススメ。XPGは同じ重量帯ですが、結構しっかり系でヒッターが左を気にせずに叩けるモデルで、若干ハード気味なモデルの印象でしたが、このタイプHDは、フィーリングは同じままでよりオートマチックで打ちやすさを向上させたモデルに感じました。もしかしたら、XPG自体がハード過ぎて、もっと打ちやすいモデルの要望があったのかもしれませんね。このタイプHDはボディターンの払い打ちタイプでも、オートマチックに球を上げてくれ、つかまえてくれるモデルだと思います。

<ヨネックス「EZONE XPGタイプHD」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ&フェース=チタン合金、クラウン=高強度軽量カーボン、ウエートビス=タングステン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「EX310J」(S=59g、SR=56g、R=54 g/5.0/中調子)
■価格:オープン価格
■発売予定:2016年10月上旬