どーもです。

テーラーメイドのニューモデル「グローレF」シリーズ、通称「F2」ですが、今日はFWを紹介しましょう。このFWも感覚的にはぶっ飛びでしたが、スカイトラックデータ的には普通だったりして・・・(汗) まぁ、その辺も踏まえてレポしたいと思いますので、いってみましょう!

まずは見た目から。

ソールデザインは基本的にドライバーと一緒ですが、ドライバー同様スピードポケットがハッキリ存在感を示していますね。TM GLOIRE F2 FW SOLE

フェースはセミディープですが、先代に比較するとこのF2は別モノですね!! FWというよりもUTに近い感じかな!?TM GLOIRE F2 FW FACE

でもボディ形状的には、FWなんですよね!! 不思議だわ~!! シャローかつヒップダウンの形状は先代ゆずりの形状に感じました。TM GLOIRE F2 FW SIDE

後ろ姿です。TM GLOIRE F2 FW BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウン形状が丸形に変更されたように見えますね。先代はやや洋ナシチックだったように記憶していますが、今回は完全な丸形。ヘッド自体もやや小振りになったように感じましたが、ヘッド体積自体は20cm3ほど増えているんですよね!!TM GLOIRE F2 FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「GL6600」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角58.5度、長さ43インチ、総重量311g、バランスD2.5。ヘッド体積180cm3。シャフトスペックは、重量49g、トルク4.1、中調子。TM GLOIRE F2 FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽め。グリップはいい感じの太さで、ドライバーの感覚からすると意外でしたね。ドライバーは見た目でシャフトがやや細めに感じましたが、このFWは普通の太さに見えました。シャフトをしならせてみると、1番しなるのはセンターだったように感じました。素振りしてみると、結構手元にしっかり感がある感じで、ドライバーとは違うイメージでしたね。

実際に打ってみると、このFWもいきなり奥のネット230y表示をドーン!! 「マジか~!!」でしたが、スカイトラックデータは221y。これは試打時には気付いていなかったのですが、ロフト角16度と1度寝ていたモデルだったんですね。それでもこの距離ということにも驚き!! スカイトラックデータは的には、打ち込むイメージだとスピン量が増えてしまう感じで、払い打ちイメージのほうが結果は良かったのですが、自分の見た目では打ち込むイメージでも決して吹け上がっているイメージの弾道では無く、230y表示ドーンには驚きですわ!

スカイトラック弾道データはこんな感じで、TM GLOIRE F2 FW ST3D

その各球データはこちら。TM GLOIRE F2 FW ST

【3球平均】
HS42.8m/s、初速60.2m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量4348.8rpm、サイドスピン-251.0rpm、飛距離219.3y
【ベスト】
HS42.3m/s、初速61.4m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量4761.4rpm、サイドスピン68.0rpm、飛距離221.1y

打感は弾き系で、ドライバーとは真逆な感じでした。ドライバーを打った後だっただけに、球離れも速めに感じましたね。音もやや高めで、その辺の影響もあったかも・・・。とはいえ、ドライバーの打感とは真逆ですね!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。TM GLOIRE F2 FW MST3D

弾道は高弾道ですね! クラブがしっかり球を上げてくれますね。スピン量は、データ的にはやや多めにも感じますが、ロフト16度であれば適量なのかな!? まぁ、払い打ちのイメージで打った結果なんですけどね!

出球傾向は、ボクのスイングで軽めのドロー系。ドライバー同様つかまりは良さそうですが、シャフトの手元にしっかり感があるので叩けるイメージですね。

そのシャフト挙動ですが、手元にしっかり感がある感じで思った以上に叩けるイメージでたね。そういう意味では、ドライバーとフィーリングが若干違うイメージもあります。今回もティアップでの試打ですが、地面から直接打つことを考えれば、こんなフィーリングもアリかな・・・と思った次第です。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりに合いそうなイメージでした。ドライバーとはフィーリングが若干違うイメージもありますが、まぁ、その辺は前述通りです。払い打ちの方がスピン量少なめで飛距離も出ると思いますが、ボクレベルのヒッターであれば、手元にしっかり感があるので、結構叩けるイメージもありましたね。このFWもドライバー同様、「ついに、初代を越えたな!!」なんて思ってしまいました。

<テーラーメイド「グローレF2」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(450SS)、フェース=ステンレススチール(C300)
■ロフトバリエーション:3W=16度、5W=19度、7W=22度
■シャフト(重量/トルク/調子):「グローレGL6600」(S=49g/4.1、SR=47g/4.2 、R=44g/4.9/中調子)
■価格:1本4万5000円+税
■備考:左用なし