どーもです。

テーラーメイドのニューモデル「グローレF」シリーズ、通称「F2」ですが、今日紹介するのはUT。テーラーメイドのUTは、レスキューですよね!! テーラーメイドのレスキューは個人的に合っていないのか、あまりいい結果が出たことがないのですが・・・。そんなレスキューですが、今回はどんな感じだったのでしょうか。その辺も含め、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

まずはソールデザイン。形状的には先代同様ですが、やはりスピードポケットがハッキリと刻み込まれているのとウエート位置はやや後部気味変更されていましたね。TM GLOIRE F2 UT SOLE

フェースはセミディープ気味でした。形状的にはUTというよりも、アメリカンなハイブリッド的な形状に感じました。トゥ側がスッと直角に落とされた感じで、四角に近いボクシーなイメージでした。TM GLOIRE F2 UT FACE

形状的にもディープ&ハイバックで、アメリカンなハイブリッドイメージですね。先代はおしりがありましたが、F2レスキューはその部分がカットされボクシーなイメージになっていました。TM GLOIRE F2 UT SIDE

後ろ姿ですが、ややトゥが立っているようにも見えますね!!TM GLOIRE F2 UT BACK

構えてみるとこんな感じ。先代に比較すると、やはりボクシーなイメージですね。トゥ側の処理の仕方の影響か、フェースがやや小さめにも見えましたね。TM GLOIRE F2 UT TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「GL6600」Sフレックス装着モデルの4U。スペックは、ロフト角22度、ライ角59.5度、長さ39.75インチ、総重量340g、バランスD1。ヘッド体積131cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク2.9、先調子。TM GLOIRE F2 UT SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽め。グリップはこれまたいい感じの太さで、FWよりも気持ち太めにも感じました。シャフトの太さ的には、見た目では一番太めに見えましたが・・・。シャフトをしならせてみると1番しなるのはセンターですが、FWに比較するとやや先のしなりが大きめに感じました。素振りしてみると、手元フィーリングはFW同様ですが、やや先が動く感じもありましたね。

実際に打ってみると、やはり先が動く影響か1発目はガッツリつかまって結構フックに近い感じでした。曲がりが大きいと自然と曲がらないように調整してしまいますが、徐々に曲がりは少なくなっていましたw スピン量自体は少なめですが、ボクのスイングだとつかまり過ぎがちょっと難点でしたね。でも、球を拾ってくれる感じもあって、払い打ち系の人でもしっかり拾ってくれる上に、しっかり球も上げてくれると思います!!

スカイトラック弾道データはこんな感じで、TM GLOIRE F2 UT ST3D

その各球データはこちら。TM GLOIRE F2 UT ST

【3球平均】
HS40.2m/s、初速56.0m/s、打ち出し角14.1度、バックスピン量4435.1rpm、サイドスピン-706.2rpm、飛距離194.7y
【ベスト】
HS40.2ms、初速56.1m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量4414.9rpm、サイドスピン-699.5rpm、飛距離196.1y

打感は弾き系で、これはFWとほぼ一緒のフィーリングでしたね。球離れもやや速め、音もやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。TM GLOIRE F2 UT MST3D

弾道は高弾道でした。クラブがしっかり球を拾ってくれて、かつ上げてくれますね。スピン量は、ロフト角を考えれば少なめですな!! ボクの場合スイングのせいで曲がりが多めな結果になってしまいましたが、真っ直ぐ打てればもっと飛ぶかも!?

出球傾向は、ボクのスイングでやや曲がりが多めで強めのドローというのがおこがましいフック系かな(汗) 最近ウッド系では逆球傾向が強かったのですが、このグローレF2シリーズでは持ち球復活でしたわ~!

シャフト挙動は手元にしっかり感がある感じですが、FWよりも先が動く感じでしたね。バランスはD1ですが、それでもヘッドが走る感じはしっかり感じられました。払い打ちでもしっかり球を上げられるようなイメージなのかもしれませんね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりに合いそうなイメージでした。FWに近いイメージですが、結構ヘッドが走るイメージもあって、今回のグローレF2のウッド系は全て若干フィーリングが違うように感じました。でもこれは、番手別の性格をより明確にするための結果だと勝手に思っています。基本的につかまりが良く、払い打ちのボディターンタイプがオートマチックにハイドローを打ちやすいモデルだと思います。スイングでしっかりボールをつかまえられる人はNGかもしれませんが、それ以外の方は使えるフトコロの深さがあると思います!

<テーラーメイド「グローレF2」レスキュー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(450SS)、フェース=ステンレススチール(C300)
■ロフトバリエーション:3W=16度、5W=19度、7W=22度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「グローレGL6600」(S=59g/2.9、R=56g/3.1/先調子)。スチールシャフト「NSPRO930GH」(S=96g/2.0/中調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万5000円+税、スチールシャフト装着モデル各1本3万3000円+税。
■備考:左用なし