どーもです。

先週紹介した市原ゴルフ倶楽部市原コースのラウンドレポですが、こちらでキャロイウェイ「クロムソフト」「クロムツアー」実戦投入もしてきました。「何を今さら!!」と思う方もいるかもしれませんが、いかんせん実戦ラウンドが完全に減っていますので・・・。ボールは、今のところ実戦投入でしかレポできませんからね!! とはいえ、とにかくボールレポは難しいのです。ボクなりの感想になりますが、早速いっていましょう!

「クロムソフト」は赤のパッケージ、「クロムツアー」は青のパッケージです。「クロムツアー」は石川遼プロ使用ボールでしたね!!CAL CHROME SOFT SERIES

両者の構造ですが、共にデュアル・ソフト・ファスト・コア採用の4ピースボール。カバーもウレタンなので、構造的には一緒。でも、実際に打ってみるとフィーリングは全くの別モノなんですよね。コアの素材が違うのだと思いますが、その辺の違いはボクレベルでも分かるので、皆さんも体感できるのではないかと思います。

まずは西コースで使用した「クロムソフト」からいってみましょう。CAL CHROME SOFT

ドライバーのフィーリングですが、これはもう

メッチャソフト!!

ボクが使っているPING「G30」ドライバーは弾き系でカンカンした感じの打感が特徴でもあるわけですが、そんな「G30」でもメッチャソフトフィーリングでしたね。フェースの乗り感を感じるほどマイルドでしたわ!! 柔らかい球は一般的に初速が出にくいとも言われますが、この「クロムソフト」に関しては、そんな心配は無用でしたね。イメージ的にはいつもと変わらない感じで、スピン量も適量に感じました。

FWですが、ボクのFWは初代「X HOT」シリーズですが、これもマイルド!! 初速、スピン量共にドライバーのイメージと同様でした。

続いては、アイアン。マイクラブは「Xフォージド(2013)」ですが、まぁ、とにかくマイルドですわ!! フェースの乗り感というかつぶれ感もかなり感じましたが、スピン量がやや多めなのか、イメージよりも若干ショートめの傾向が強かったように感じました。自分的にはガッツリ芯を食ったイメージで弾道を目で追っていても、イメージよりも飛んでいないというシーンが結構あったように感じました。距離にして5y弱違ったような感じだったかな。

その傾向はウエッジでも感じました。マイクラブはいまだに「Xツアー」ですが、やはりいつもの距離感よりもショートめの傾向が強かったですね。スピン量はいい感じだと思います。プレー当日は雨の影響もあってグリーンが柔らかめだったので、ウエッジで高い球を打つと、そのままドンでした。

最後はパターですが、パターフィーリングもマイルド!! 転がりもイメージ通りで、文句なしでしたわ~!!

「クロムソフト」については、ウッド系&パターに関しては文句なしでしたが、結果的にアイアン&ウエッジでの距離感がショートめでした。ボクの打ち方の問題なのか、HSとの兼ね合いなのかは分かりませんが、ん~、なんでだろう・・・

続いて東コースで使用した「クロムツアー」をいっていましょう。CAL CHROME SOFT TOUR

まずはドライバーですが、こちらは「クロムソフト」に比較するとやや弾き感があるというか、ボールの芯を打ち抜いているような感覚がありましたね。でも、初速の出方はほぼ一緒だったような感覚!! 不思議ですな~!! ちなみにスピン量ですが、「クロムソフト」に比較して気持ち多めにも感じましたが、東コースラウンド時には風も出てきていましたから、その影響もあったかもしれません。

FWは1番のセカンドと9番のティショットだけでしたが、これもドライバー同様コアを打ち抜いているような感じでした。9番のティショットは打ち下ろしでアゲの中のティショットでしたが、距離もまずまずでした!

アイアンの打感は、ソリッド系かな。ボールのつぶれ感と弾き感がいい感じに混ざったフィーリングでした。「クロムソフト」で感じた結果的にショートめだった距離感も、「クロムツアー」はバッチリ!! 7番のショートではピン横につきましたからね!! アイアンの距離感的には、「クロムツアー」の方がボクには良かったですね。

続いてウエッジですが、フィーリング的にはアイアンと一緒のように感じました。距離感も「クロムツアー」はイメージ通り!!

最後はパターですが、打感は「クロムツアー」のほうが気持ちコツッとした感じもありましたが、ボク的には「クロムツアー」の方が好きかな。

「クロムツアー」はアイアンからパターまで、個人的にはグッドフィーリング。ドライバーでは「ややスピン量多めか!?」なんて思いましたが、出球が若干フェード系だったことを考えれば、コスっていたのかもしれませんね。

というわけで個人的な意見をまとめると、「クロムツアー」はボクのイメージ通り、「クロムソフト」はアイアン&ウエッジで若干ショートめの傾向が強かったような気がしましたね。おそらく「クロムソフト」のほうが、コアが柔らかめで、「クロムツアー」はやや硬めなんだと思います。2層コアの内・外コアのどっちかは分かりませんが、おそらくそうなんじゃないかと推測しています。

ボクは「クロムツアー」のほうがグッドイメージでしたが、柔らかめな打感が好きな人には「クロムソフト」がオススメ。HS的にはドライバーのHSが45m/s以上なら「クロムツアー」がオススメですが、「クロムツアー」「クロムソフト」の分岐点はHS40~42m/sあたりなんじゃなかな・・・と思いました。