どーもです。

ツアーエッジ「EXOTICS EX9ツアー」シリーズを試打できましたので、レポしたいと思います。ツアーエッジ「EXOTICS EX9」シリーズを試打したのは、まだ退院直後だったと記憶しています。そのとき感じたのは、「デフォルトモデルでこんなに男前の弾道かだったら、ツアーモデルはもう少し回復してからのほうが・・・」なんて感じました。そして、もう大丈夫だろうという自己判断のもと挑んだわけですが、果たして結果は!? そんな感じですが、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは「EXOTICS EX9」ドライバーと一緒ですが、ウエートの位置が変わっていますよね。ネック側後部のEXOTICS EX9に対してこのツアーモデルは完全にソール後部に配置されていました。TOUR EGDE EX9TOUR DR SOLE

フェースはセミディープですね。このツアーモデルはEXOTICS EX9よりもトゥ・ヒール方向もコンパクトでした。TOUR EGDE EX9TOUR DR FACE

ボディもよりコンパクトですね。ヒップダウンしていましたが、ツアーモデルはEXOTICS EX9ほどストレッチバックではありませんでした。TOUR EGDE EX9TOUR DR SIDE

後ろ姿です。TOUR EGDE EX9TOUR DR BACK

構えてみるとこんな感じ。形状的にはEXOTICS EX9とほぼ一緒だと思いますが、大きさが一回り小さめなイメージ。それもそのはずで、このツアーモデルはヘッド体積で30cm3小さくなっています。TOUR EGDE EX9TOUR DR TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FUJIKURA EXOTICS PRO62」S装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角58度、長さ44.75インチ、総重量317g、バランスD3。ヘッド体積430cm 3。シャフトスペックは、重量62g、トルク4.5、中元調子です。弾道調整機能付きでしたが、試打ポジションは「N」でした。TOUR EGDE EX9TOUR DR SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的にはまぁ良い感じ。グリップはやや細めに感じましたが、ボク的には許容範囲。シャフトをしならせてみると、結構手元がしなる感じでしたね。メーカーは中元調子をうたっていましたが、ボク的には結構手元がしなるイメージでした。素振りしてみても、その印象は同じでしたね。

実際に打ってみると・・・。体力は戻っているはずなのに、球が上がりません。上げようとするとコスリ球を連発です。しかも、つかまりもいまいちで、「ま、マジ・・・!?」ってな感じでした。これはもう「左を気にせずに叩けるモデルかな・・・」と思わざるを得ない結果でした。スピン量もかなり少なく、3球平均で2256rpm。若干芯を外している感じの打感もありましたが、それでも芯を食った手応えの3球目でも2487rpmって。かなりスピン量が抑えられたモデルと言わざるを得ないでしょうね!!

スカイトラック弾道データはこんな感じで、TOUR EGDE EX9TOUR DR ST3D

その各球データはこちら。TOUR EGDE EX9TOUR DR ST

【3球平均】
HS42.3m/s、初速60.4m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量2256.8rpm、サイドスピン96.2rpm、飛距離230.5y
【ベスト】
HS41.5m/s、初速60.4m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量2487.5rpmm、サイドスピン249.6rpm、飛距離235.0y

打感は弾き系ですね。ちょっと音がカンカンした感じもあって、その音の高さに影響されて感は強いですが、球離れも速めでいかにも弾いている感じでした。

弾道がこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。TOUR EGDE EX9TOUR DR MST3D

弾道的にはやや高めの中弾道。ロフト10度にしては、かなり男前な弾道ですね。芯食った手応えでしたが、それでもスピン量は2200rpmあたりとかなり少なめでした。これは、かなり男前な弾道ですな!!

出球傾向ですが、ボクのスイングでもフェード系。つかまえようと思って打っても、フェード系を連発。かなりつかまえているイメージでも、この球筋は球筋的にもやはり男前ですわ!

シャフト挙動ですが、これも前述通りボク的にはダウンでクッと手元がしなる感じでしたね。そのまま全体がしなるイメージだったので、これはやはりある程度スイングで球をつかまえられるタイプにオススメかもしれませんね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりのヒッタータイプにオススメですね。払い打ち系だと球が上がりきらないし、距離が出ない可能性が高いと思います。ツアーエッジ「EXOTICS EX9」シリーズで感じた「男前な弾道」はボクの体力が回復していなかったのでは無く、本当に「男前な弾道」だったということですね。最近の傾向として、ドライバーは軽量&長尺化の中で、310g台後半とやや重めかつ44.75インチとやや短めなのはまさに逆張りの美学ですな。こういうクラブが減りつつあるなかで、久し振りに出会った骨太モデルですが、軟弱化したボクにはちょっと厳しいモデルだったかもしれません・・・(汗)

<ツアーエッジ「EXOTICS EX9ツアー」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「EXOTICS PRO62」(S=62g/4.5/中元調子)
■価格:1本6万8000円+税