どーもです。

ツアーエッジ「EXOTICS EX9ツアー」シリーズですが、今日はFWを紹介しましょう。これはかなり小振りなヘッドですね。大型ヘッドに慣れつつあるボクにとっては見ただけで、背筋がピッと伸びそうなモデルだったりします。ティアップして打つ分には問題なそうですが、直打ちだったら抜けは良さそうですが、ちょっと不安要素にもつながりそうな見た目だったりしますね。まぁ、そんなイメージでしたが、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

このFWも「EXOTICS EX9」とウエート位置が変更されていましたね。ツアーモデルは「スリップストリームソール」の中央にドーンと配置されていました。さらに言えば、かなり小振りになっていましたね!TOUR EGDE EX9TOUR FW SOLE

フェースは小振りでディープ。EXOTICS EX9でも小振りに感じましたが、このツアーモデルを見たら、「あら、シャローで大きめじゃん!!」って(笑)TOUR EGDE EX9TOUR FW FACE

ボディもファット&コンパクト!! 見た目からは、「難しさ」しか伝わってこないですな!!TOUR EGDE EX9TOUR FW SIDE

後ろ姿です。TOUR EGDE EX9TOUR FW BACK

構えてみるとこんな感じ。小振りでんなぁ~!! EXOTICS EX9でさえ小振りに感じましたが、ツアーモデルはさらに小振り。ヘッド体積で23cm3ほど小振りでしたね。前述通り、見た目からは難しそうなイメージしかわかないですね。ホントに打てるのかなぁ!?TOUR EGDE EX9TOUR FW TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FUJIKURA EXOTICS PRO62」S装着モデルの15度モデル。ツアーモデルはロフト可変式で、15度モデルは14~16度まで0.5度単位で調整可能になっていました。今回はロフト角15度で試打。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43.25インチ、総重量328g、バランスD1.5。ヘッド体積150cm 3。シャフトスペックは、重量62g、トルク4.5、中元調子です。弾道調整機能付きでしたが、試打ポジションは「N」でした。TOUR EGDE EX9TOUR FW SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的には良い感じ。グリップは、ボクは好きな太さでしたが、ドライバーに比較したらやや太めに感ましたね。シャフトをしならせてみると、中元調子にしては結構手元がしっかりした感じ。ドライバーとはイメージ的に逆な感じで、「正直、あれれっ!?」って思ってしまいました。素振りしてみても、やはり手元のしっかり感があるイメージでした。

実際に打ってみると、やっぱり男前な弾道ですわ~!! ある程度パワーが必要なイメージで、ティアップしていても今のボクでは中弾道が精一杯でしたね。ドライバー同様スピン量が少なめの強弾道イメージで、「N」ポジションではつかまりが今ひとつってな感じでした。このFWもスイングで球をつかまえられるタイプにオススメで、左を気にせず叩けるヒッター向けの1本かな。ティアップしてなら打てましたが、直打ちは・・・。何球かチャレンジしましたが、やっぱりダメでした(汗)

スカイトラック弾道データはこんな感じで、TOUR EGDE EX9TOUR FW ST3D

その各球データはこちら。TOUR EGDE EX9TOUR FW ST

【3球平均】
HS42.5m/s、初速58.9m/s、打ち出し角14.1度、バックスピン量3011.3rpm、サイドスピン53.5rpm、飛距離224.0y
【ベスト】
HS43.1m/s、初速59.8m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量3321.1rpmm、サイドスピン285.4rpm、飛距離229.8y

打感は弾き系ですが、ドライバーよりは若干ですがマイルドさがあったように感じました。ドライバーよりも若干音が低めということも影響しているかもしれませんね。一般的なFWよりも球離れは速めなイメージでしたが、ドライバーほど速くなかったように感じました。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。TOUR EGDE EX9TOUR FW MST3D

弾道的には中弾道。イメージではドライバーよりも低めのイメージで、中弾道の弾丸ライナーイメージでしたね。これも、かなり男前な弾道!! スピン量も少なめですな!

出球傾向ですが、ドライバー同様ボクのスイングでもフェード系。見た目小振りのヘッドのわりには、つかまえようと思って打ってもフェード系を連発でした。ある程度スイングで球をつかまえられる人でないと、使いこなせないモデルなんじゃないかな・・・

シャフト挙動ですが、ドライバーとは真逆で、手元にしっかり感がありましたね。でも、しなるのは中間で、先端部分はやや硬めなんじゃないかと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで、やはりHS43~45m/sあたりのヒッタータイプにオススメですね。ドライバーは短くヘッドがきいている感じでしたが、このFWはバランスが軽い分、振っていけるモデルでした。とはいえ、払い打ち系だと球が上がり切らず、距離も出ない可能性が高かったように感じました。この辺はさすが、「ツアーモデル」だと思いましたね。

<ツアーエッジ「EXOTICS EX9ツアー」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:7▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=ハイパースチール、フェース=15-3-3-3ベータチタニウム
■ロフトバリエーション:13度、15度、18度 ※それぞれ±1度まで0.5度で可変可能
■シャフト(重量/トルク/調子):「EXOTICS PRO62」(S=62g/4.5/中元調子)
■価格:1本5万4000円+税