どーもです。

ツアーエッジ「EXOTICS EX9ツアー」シリーズですが、今日は紹介するのはハイブリッド(HB)です。これはまたかなり小振りなヘッドで操作性が良さそうなイメージですが、やっぱり背筋がピッと伸びそうなモデルですね。まぁ、そんなイメージでしたが、早速いっていましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは「EXOTICS EX9」HBとほぼ一緒ですが、大きさが2周りくらい小振りでしたね。TOUR EGDE EX9TOUR HB SOLE

フェースですが、これはかなり小振りですな!! 昨日紹介したFWもツアーモデルはかなり小振りに感じましたが、このHBもかなり小振りですね。しかも、形状的にはアメリカンハイブリッド的で、よりボクシーな形状になっていました。TOUR EGDE EX9TOUR HB FACE

ボディもツアーモデルは超コンパクト!! 見た目的には、やはりFW同様難しさしか伝わってこない感じでしたが、これだけコンパクトだとラフからでも抜けやすそうとか思ったりして・・・TOUR EGDE EX9TOUR HB SIDE

後ろ姿です。TOUR EGDE EX9TOUR HB BACK

構えてみるとこんな感じ。トゥ側がボリューミーな形状はEXOTICS EX9同様ですが、いかんせん大きさが違いますね。2回りはコンパクトなんじゃないかって思うほど、クラウンの投影面積が小さめ。なんか、いかにもつかまりそうで、操作性も高そうなイメージですよね。TOUR EGDE EX9TOUR HB TOP

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「UST MAMIYA RECOIL」Sフレックス装着モデルの20度。スペックは、ロフト角20度、ライ角58度、長さ39.5インチ、総重量372.6g、バランスD2。ヘッド体積115cm 3。シャフトスペックは、重量65g、トルク3.5、中元調子です。HBは弾道調整機能無しでした。TOUR EGDE EX9TOUR HB SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、総重量的には良い感じ。FW同様グリップはボクが好きな太さでしたね。シャフトをしならせてみると、FWに近いイメージで結構手元がしっかりした感じでした。素振りしてみると、FWよりは先が動く感じもありました。

実際に打ってみると、それまでのドライバー&FWとは違ってかなりつかまりがいいイメージでした。そこでちょっと逃がしてみると、逃がせる感じもあって、実は操作性が高いモデルなんじゃないかと思いました。スカイトラックデータ的にはガッツリフック系でしたが、見た目ではそれほど曲がっていようには見えなかったんですけどねぇ~!! HB(UT)特有のつかまりがよいモデルですが、シビアすぎない程度にコントローラブルさを兼ね備えたモデルでしたね。

スカイトラック弾道データはこんな感じで、TOUR EGDE EX9TOUR HB ST3D

その各球データはこちら。TOUR EGDE EX9TOUR HB ST

【3球平均】
HS40.4m/s、初速54.8m/s、打ち出し角13.6度、バックスピン量4135.8rpm、サイドスピン-566.5rpm、飛距離191.6y
【ベスト】
HS39.8m/s、初速55.6m/s、打ち出し角12.5度、バックスピン量3931.2rpmm、サイドスピン-738.6rpm、飛距離194.3y

打感は弾き系ですが、FWに近いイメージ。音はチッとサスティンが短めで小気味の良い感じの音でした。

弾道はこんな感じ。

そのスカイトラックデータがこちら。TOUR EGDE EX9TOUR HB MST3D

弾道的には高弾道で、ドライバー&FWとは違ってしっかり球が上がるイメージでした。スピン量も適度に確保されている感じでした。でも、動画の弾道ではどう見てもフェードしているように見るんですけどねぇ・・・

出球傾向ですが、基本的につかまりの良さはありましたが、シビアすぎない程度にコントラーブルでしたね。

シャフト挙動ですが、FW同様手元にしっかり感がありましたが、先端部分はFWよりもやや動く感じでした。この辺が、つかまりの良さを実現しているのかもしれませんね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりにオススメですね。このHBは払い打ち系のタイプでもしっかり球は上がりそうなイメージですね。つかまりは良いモデルなので、ヒッタータイプがドライバー&FWと同じイメージで打つとガッツリフックしそうな雰囲気はありますが、コントラーブルなHBなのでその辺の調整も出来ると思います。

<ツアーエッジ「EXOTICS EX9ツアー」HB>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=ハイパースチール、フェース=15-3-3-3ベータチタニウム
■ロフトバリエーション:17H、18H、20H
■シャフト(重量/トルク/調子):「UST MAMIYA RECOIL 780 ES」(S=65g/3.5/中元調子)
■価格:1本4万4000円+税