どーもです。

“熱意系ホンマ”のニューモデル「TW737」シリーズアイアンですが、今日紹介するのは「TW737V」アイアンです。「TW737P」アイアンはポケキャビでした。今日から紹介する「TW737V」アイアンはキャビティタイプですが、これは先代同様ですね。では、何が変わったのか? 果たして、ボクでも感じられるモノなのか? その辺をしっかりレポしたいと思います。では、いってみましょう。

まずは見た目から。

ニューモデル「TW737V」アイアンも先代「TW727V」アイアン同様一体型キャビティですね。でも、若干小振りになっていたように感じました。先代バックフェースの山型は変更され、スイートエリア付近がかなり厚めになっているように感じました。HONMA TW737V IRON BACK

フェースはやや小振りに変更され、トゥ・ヒール方向にコンパクトになっていたように感じました。形状的にもネック側の縦幅が若干高くなって、トゥ側との差が先代ほど無く、よりスクエアに変更されていました。なんか、座りも良さそうなイメージでしたね!HONMA TW737V IRON FACE

ソール幅はやや広めに感じましたが、先代よりも気持ち狭くなっていたように感じました。HONMA TW737V IRON SOLE

ネックはほぼストレート。ボディは先代よりもややファットで、深重心化を意識したような形状に変更されていました。HONMA TW737V IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。かなりシャープな見た目に感じましたね。なんか先代よりも小振りに見えたので、その分シャープさが増しているようにも感じました。HONMA TW737V IRON TOP

今回試打したのは、カーボンシャフト「VIZARD IB85」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角61.5度、長さ37.125インチ、総重量410.5g、バランスD1。シャフトスペックは、重量84.0g、トルク3.20、手元調子。HONMA TW737V IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚は、ボクにはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトをしならせてみると、これは手元がしなる感じでしたね。素振りしてみても、切り返しからダウンにかけてクッと手元がしなってくれて、まるでダイナミックゴールドがそのまま軽量化したような感じでした。

実際に打ってみると、とにかくクラブが球を上げてくれるのを感じますし、昨日紹介した「TW737P」アイアンよりはややつかまりが良いような味付けに感じました。先代に比較すると、よりオートマチックに球を上げてくれるイメージでしたね。先代も高弾道だったと記憶していますが、さらに球は上がりやすくなっていたように感じました。つかまりについては、気持ち抑えられているようなイメージだったかな。個人的感じた進化は、先代以上に打ちやすさ&安心感と操作性のバランスが良くなった感じかな。今回の「TW737V」アイアンの方が、より高次元でバランスが良かったように感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、HONMA TW737V IRON ST3D

その各球データはこちら。HONMA TW737V IRON ST

【3球平均】
HS39.5m/s、初速50.6m/s、打ち出し角20.1度、バックスピン量5162.8rpm、サイドスピン-543.5rpm、飛距離169.9y

【ベスト】
HS40.2m/s、初速51.6m/s、打ち出し角19.4度、バックスピン量5106.9rpm、サイドスピン-734.6rpm、飛距離172.1y

打感は文句なしのマイルド系。フェースの乗り感、ボールのつぶれ感がしっかり感じられるので、これは上級者でも好きそうな打感なんじゃないかな。音もチッとサスティンが短めで小気味の良い感じでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。HONMA TW737V IRON MST3D

弾道的には文句なしの高弾道。これは同ロフトの先代以上の上がり方で、「これぞ進化!」を感じさせてくれるモデルなんじゃないかと思います。初速も、スピン量は良い感じでしたね!

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。個人的にはイメージ通りの球筋で、これも文句なし!! 繰り返しになりますが、「TW737P」アイアンに比較するとややつかまりがいい感じですが、先代「TW727V」アイアンに比較するとややつかまりが抑えられたような感じだったと思います。

シャフト挙動は、切り返しからダウンにかけてクッと手元がしなる感じで、ダイナミックゴールドの動きそのものに感じました。カーボンなので軽量ですけどね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメですね。実際に打ってみると、先代以上にしっかりクラブが球を上げてくれるイメージがあって、払い打ち系でもしっかり球は上がるイメージでしたね。でも、つかまりは若干抑えられているようなイメージもあったので、このクラブの特性が一番発揮できそうなのはある程度叩けるヒッタータイプでしょうね。ボクレベルのヒッタータイプにドンピシャかもしれませんわ!! 今回の「TW737V」アイアンは、打ちやすさと操作性が先代以上に高次元でバランス良くなっているように感じました。これは、ご機嫌なアイアンです!!

<本間ゴルフ「TW737V」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「VIZARD IB95」(S=94g/2.8/手元調子)。スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」(S200=105~129g/未発表/元調子)。
■価格:カーボンシャフト「VIZARD IB95」装着モデル6本(#5~#10)セット15万6000円+税、単品(#3、#4)各1本2万6000円+税。スチールシャフト「ダイナミックゴールドAMT」装着モデル6本セット11万4000円+税、単品各1本1万9000円+税。