どーもです。

“熱意系ホンマ”のニューモデル「TW737」シリーズアイアンですが、今日紹介するのは「TW73V」シリーズアイアンで新設された「TW737Vs」アイアンです。パッと見ため感じでは昨日紹介した「TW737V」アイアンと差がわかりませんが、よ~く観察するとその差がわかりました。まぁ、ネックにモデル名が刻印されているので、そこで確認できるんですけどね。そんな感じの新設アイアンですが、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

「TW737V」アイアンと比較してみると、やや小振りになっていました。バックフェーススイートエリア付近の厚みは「TW737V」アイアンとほぼ同じだと思いますが、「TW737Vs」アイアンのバックフェース下部はやや低めになっていたように感じましたね。より低重心化しているのかな!?HONMA TW737Vs IRON BACK

フェースは「TW737V」アイアン同様やや小振りですが、よりトゥ・ヒール方向にコンパクトに感じました。その分よりコンパクトになっていたように感じました。座りも良さそうなイメージは「TW737V」アイアン同様でしたね。HONMA TW737Vs IRON FACE

ソール幅は「TW737V」アイアンと同じくらいの広さだったかな。HONMA TW737Vs IRON SOLE

ネックはほぼストレート。ボディもややファットで深重心化を意識したような形状ですが、これは「TW737V」アイアンと同じなんじゃないかな。でも、見て分かると思いますが、ロフトが若干立っていました!!HONMA TW737Vs IRON SIDE

構えてみるとこんな感じ。かなりシャープな見た目ですが、「TW737V」アイアンよりもややトゥ・ヒール方向に短めな分コンパクトに感じましたね。HONMA TW737Vs IRON TOP

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR 105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量425.0g、バランスD2。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、元調子。HONMA TW737Vs IRON SHAFT

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚は、ボクにはまぁ良い感じの重さでした。グリップも良い感じの太さでした。シャフトをしならせてみると、まぁスチールなのであまりしならないのですが、手元がしなる感じで中間、先端はやや硬めな印象でした。素振りしてみると、切り返しからダウンにかけてクッと手元がしなってくれるイメージでしたね。

実際に打ってみると、球の上がり方は昨日紹介した「TW737V」アイアンに対してロフトが2度立っているにもかかわらず、同じ高さに上がっているように感じましたね。何気にこれはすごいことなんじゃないかな・・・って思います。バックフェースの見た目で厚みの部分が「TW737Vs」アイアンは気持ち低くなっていると書きましたが、その効果がこれなのかもしれませんね。「TW737V」アイアンよりも気持ちつかまりが良い感じでしたね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、HONMA TW737Vs IRON ST3D

その各球データはこちら。HONMA TW737Vs IRON ST

【3球平均】
HS39.0m/s、初速50.0m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量4585.2rpm、サイドスピン-952.5rpm、飛距離169.1y

【ベスト】
HS39.2m/s、初速50.2m/s、打ち出し角19.1度、バックスピン量4583.2rpm、サイドスピン-997.4rpm、飛距離169.5y

打感はこれまた文句なしのマイルド系。フェースの乗り感、ボールのつぶれ感がしっかり感じられ、この辺は「TW737V」アイアンと同様ですね。音もチッとサスティンが短めで小気味の良い感じで、フィーリング的にはまさに「TW737V」アイアンと一緒のように感じました。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。HONMA TW737Vs IRON MST3D

弾道的には、やはり文句なしの高弾道。「TW737V」アイアンに対してロフトが2度立っていますが、それでこの上がり方はホントに文句なしですね。スピン量は、ロフトが立っている分少なめかな。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。個人的にはイメージ通りの球筋で文句なしですが、「TW737V」アイアンに比較するとホンの気持ちですが、つかまりがいいように感じました。

シャフト挙動は、切り返しからダウンにかけてクッと手元しなる感じですね。まぁ、この挙動は想像通りでした。スチールシャフトは結構わかりやすいですね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりにオススメ。この「TW737Vs」アイアンは、「TW737V」アイアンのフィーリングで飛距離も意識したモデルなんじゃないかと思いました。もちろん、払い打ちでもしっかり球が上がると思います。そしてこのつかまりを考えると、気持ちフェード系の持ち球の人のほうが合いそうですね。まぁ、ボクレベルであればどっちでも使えそうなイメージですが、「TW737V」アイアンはフェースの開閉が少なめな人、「TW737Vs」アイアンは若干フェースが開いても戻せそうなイメージでしたね。しかも、ロフトが立っているモデルなので、飛距離も同時に欲しいという欲張りな要求に答えてくれそうなモデルに感じました。

<本間ゴルフ「TW737Vs」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)。カーボンシャフト「VIZARD IB85」(S=84g/3.20/手元調子)。
■価格:スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」装着モデル6本(#5~#10)セット11万4000円+税、単品(#3、#4)各1本1万9000円+税。カーボンシャフト「VIZARD IB85」装着モデル6本セット15万6000円+税、単品各1本2万6000円+税。