どーもです。

世間的に今日は祝日ということですが、エクストラ更新します!! 記者の仕事に異動してから、祝日の感覚は完全に無くなりました(汗) そんな感じですが、今日紹介するのはゴールドウイン「シー・スリー・フィット インスピレーションゲイター」(以下C3FIT)とオークリー「プリズムゴルフ」です。では、早速いってみましょう!

まずは「C3FIT」ですが、この「C3FIT」は一般医療機器の認可を受けたハイパフォーマンスウエアです。C3FIT MAIN

ボクの知り合いのマラソンランナーから勧められて試しましたが、今回ボクが試したのはゴルフ用でふくらはぎをサポートするタイプ。他にも「ロングタイツ」「アームカバー」「ソックス」もあるようです。C3FIT

このC3FITは、「段階着圧で働きかける(Compression)」「身体機能を整える(Conditioning)」「あらゆる動きを快適にサポートする(Comfort)」の頭文字である3つのCが名前の由来のようです。

特に段階着圧は足首がもっとも強く膝に向かって徐々に着圧が弱まっていて、この正しい段階着圧設計により、マッスルポンプ効果で静脈血やリンパの流れが滞ることを軽減または予防する効果があるようです。

実際に装着してみると、ボクはふくらはぎがやや太めのようでLサイズでもやや窮屈さがありましたが、実際にキッチリ締まっていたのは足首でした。これがなんかいい感じで、全体的なフィット感がいい感じでした。コンプレッション系はいくつか試していますが、ふくらはぎ専用はこのC3FITが初めて。過去ロングタイツも試しましたが、どうしてもトイレがね・・・(笑)

実際にラウンドでも試してみましたが、ラウンドだけではその効果は正直あまり感じられませんでした。ということで、普段も装着してみました。すると、着けて生活した5日間と、着けずに生活した5日間では、全く足の疲れが違いました。記者の生活は、意外と立ったまま、座ったままが多く、会見によっては地面や床にベタ座りなんてこともあります。このベタ座りが1番キツイのですが、着けて過ごした週は全く足の張りを感じなかったのですが、逆に着けずに過ごした週はなんか足の張りがあって、ふくらはぎに違和感がありましたね。

ラウンドでも今はカートに乗ってしまうので、ぶっちゃけあまり歩くことがありません。病気後歩かなきゃと思っていますが、やはり目の前にカートがあると・・・(汗) キッチリ歩くタイプには疲労軽減にいいかもしれませんね。

ボク的にはカートがあっても乗らないゴルファーにオススメ(汗) また、ウオーキングやランニングにも効果がありそうですね。そして、何気に日常生活での着用もいいかも!! 特に立ち仕事系の人には効果がありそうに感じました。いくつか買って普段の生活で着用したいアイテムになりました!

続いて紹介するのはオークリーのサングラスですが、中でもゴルフに特化したレンズ「プリズムゴルフ」です。

「レーダーロック」フレームでの購入を考えていましたが、結構な値段なんですよね。木更津アウトレットにも行きましたが、20%引きであまりお得感が無かったので躊躇していました。

ネットでいろいろ探していると、「レーダー」フレームもレンズ交換可能ということに気付きました。以前「レーダー リブストロング」を購入していたので、「おっ!これなら安価でいいかも!!」な~んて思ったのですが、替えレンズだけでも結構いい値段でしたね(汗)

スネルゴルフのボール以来2度目のAmazonポチッとなです。スネルゴルフのボール購入時にプライム会員お試しでしたが、気が付いたらそのまま年会費を引かれていたので、プライム対応でポチッとしたら翌日に届きました。今さらですが、ま~便利な世の中ですな!

届いたのがこちらです。OAKLEY RADAR PATH PRIZM MAIN

レンズはこんな感じで、OAKLEY RADAR PATH PRIZM

フレームにはめ込んでみるとこんな感じに仕上がりました。OAKLEY RADAR PATH

装着した姿も自撮りしてみましたが、先日facebookにアップしたところ「まぢこわい」など不評でしたのでこちらでは自粛します(笑)

いろんなシーンに合わせたレンズが用意されているようですが、ボクが試した「プリズムゴルフ」はコントラストが鮮明になることで距離感や芝のコンディション、ボールを見えやすくしているようです。

実際のラウンドで使用してみると、カメラで言えば赤系のフィルターをかけたようなイメージですね。確かに、コントラストはハッキリして見えやすさを実感できました。

プレー日はやや曇りから、途中霧が出てきて、最後には太陽も出るという、まさにプリズムゴルフを試すには絶好の条件でした。

おそらく紫外線カット率はほぼ100%に近いと思います。しかし、遮光率は意外と低いのかもしれません。個人的に懸念していた曇天時の見え方ですが、思った以上にしっかり見えていたと思います。霧が出てきた中でも、コントラストがハッキリしている分、裸眼よりはいい感じでしたが、まぁ、ボール自体は根本的に見えませんからねぇ。

意外だったのが、晴天時の見え方。曇天時はやや赤系の色味が強く感じてはいましたが、晴天時はほぼ気にならない見え方なんですよね。でも、コントラストはハッキリしているので、言葉で表すと「裸眼に近いイメージでコントラストがハッキリした感じ」かな。

芝目ですが、フェアウエーの芝目はハッキリわかります。もちろん、白っぽく光って見えるときは「順目」、逆に暗く濃く見える時は「逆目」ということを知っていれば、裸眼でもわかりますが、「プリズムゴルフ」をかけているとその辺もしっかりコントラストがわかるので、より認識しやすいと思います。

問題はグリーン上。これはハッキリ言ってしまえば、正直裸眼との差をあまり感じませんでした。今回試したのはベント芝で刈高3.8mm。ベント自体芝目が弱いということもありますが、フェアウエーで感じたほど濃淡の差は出ていなかったように感じてしまいました。まぁ、それ以上に傾斜に意識が向いていたのかもしれませんけど。この辺は今後ラウンドを重ねることで、確認していきたいと思います。

それから、今回この「プリズムゴルフ」を試していて、「あれ? 裸眼の度が進んでいるのかも」ということを感じてしまいました。同伴者が見えているボールが、ボクにはほとんど見えていないんですよね。普段の生活でも、実は右目の見え方にやや違和感があります。そうなると根本的な問題なので、1度まじめに視力検査を受けようと心から思ったのでした。