どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB」シリーズのドライバー&アイアンを試打出来ましたので、レポしたいと思います。「ツアーB」シリーズは、アスリートゴルファーのパフォーマンスを極限まで引き出すために、同社が持つ科学を商品開発に生かし、理想の1打を徹底的に追求したモデルのようです。データで表すことの出来ない“感性”に科学的アプローチし続けてきた同社の1つの答えが、この「ツアーB」のようですね。というわけで「XD-3」「XD-5」「XD-7」の3タイプあるドライバーですが、まずは「XD-3」ドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。

すでに発売されているのでもう打っている方も多いと思いますが、ブラックで精かんなイメージですね。デフォルトでフェース後部に2g、ネック側ソール後部に8gのウエートを装着していますが、これはチューニング可能です。BS XD-3 DR SOLE

フェースはややコンパクト気味なセミディープでしたね。形状的には、トップラインがややフラット気味に感じましたが、最近のブリヂストンゴルフの傾向なのかな。BS XD-3 DR FACE

ボディもややファット気味でディープボディといっていいかなという感じ。結構叩けるというか、叩く必要性を感じさせるようなイメージでしたね。BS XD-3 DR SIDE

後ろ姿です。BS XD-3 DR BACK

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積がやや小さめで、丸形のクラウンですね。BS XD-3 DR TOP

今回試打したのは、専用開発オリジナルシャフト「ツアーAD TX1-6」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58度、長さ45インチ、総重量307g、バランスD3。ヘッド体積455cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.9、中調子。BS XD-3 DR SHAFT

試打会場は、東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感じですが、総重量的にはやや軽めでしたね。まぁ、アスリートモデルとはいえ、アマチュアゴルファー向けのクラブは今や軽量化の流れなんでしょうね。グリップですが、ボク的には好みの太さでした。シャフトをしならせてみると、メーカーは中調子と表記していますが、ボクの感覚では中間から先がしなるような感じでしたね。素振りしてみると、やはりそのイメージ通り、ダウンでやや中間から先が走るようなイメージでした。

実際に打ってみると、ロフト9.5度のわりにはしっかり上がる感じでした。見た目的にややディープだったため、もっと男前な弾道を想像していましたが、球はしっかり上がりました。でも、つかまりは今ひとつというか、つかまった感じでもフェード系でした。この辺がアスリートテーストなのかもしれませんね。左を気にせずにしっかり叩けるモデルのように感じました。見た目的には丸形ヘッドでややディープ気味のヘッドなので、結構叩く必要があるようなイメージを受けましたが、実際に打ってみるとそのイメージ通りでしたね。

スカイトラック弾道データはこんな感じで、BS XD-3 DR ST3D

その各球データがこちら。BS XD-3 DR ST

【3球平均】
HS42.2m/s、初速61.2m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量2655.3rpm、サイドスピン96.9rpm、飛距離239.6y
【ベスト】
HS42.4m/s、初速61.6m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量2616.6rpm、サイドスピン112.2rpm、飛距離243.8y

打感はマイルド系ですね。音は中高音系で違和感なし。この辺はさすがアスリートモデルってな感じでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。BS XD-3 DR MST3D

弾道的には、十分高弾道といえるレベルだと思います。スカイトラックデータ的にも、ロフト角9.5度で打ち出し角15度ですからね!! バックスピンも少なめというか、適量だと思います。レンジボールですが、見た目には重い弾道のイメージでした。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いフェード系。これはある程度スイングでつかまえられるタイプが左を気にせずに叩けるモデルだと感じましたね。

シャフト挙動ですが、前述通りボク的にはしなりポイントは中間からやや先の部分に感じました。ダウンからインパクトにかけて若干中間から先の部分が動いてヘッドが走るようなイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~45m/sあたりにオススメだと思います。払い打ちタイプでもしっかり球を上げてくれそうなテーストでしたが、個人的にオススメしたいのは、やはりある程度スイングで球をつかまえられるタイプですかね。ヒッタータイプが左を気にせず振っていけるモデルだと感じました。この辺はさすがにアスリートモデルといった感じですが、思った以上にスイングのミスや打点のミスの寛容性も兼ね備えたモデルだと思いました。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB XD-3」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=Ti811チタン、ウエート=アルミネジ(2g)、タングステンネジ(8g)、フェース=Ti-5Nチタン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD TX1-6」(S=58g/4.9、SR=56g/5.1、R=54g/5.6/中調子)。「スピーダー661エボリューションⅢ」(S=66.5g/3.8/先中調子)。「ツアーAD TP-6」(S=65g/3.2/中調子)。「ディアマナBF60」(S=65.5g/3.9/中元調子)
■価格::「ツアーAD TX1-6」装着モデル7万2000円+税。「スピーダー661エボリューションⅢ」「ツアーAD TP-6」「ディアマナBF60」装着モデル各1本8万7000円+税。